1. トップ
  2. レシピ
  3. 旬の新ごぼうをさっと茹でて和えるだけ「ゴボウとインゲンのごま和え」

旬の新ごぼうをさっと茹でて和えるだけ「ゴボウとインゲンのごま和え」

  • 2019.6.1
  • 2909 views

春から初夏にかけて収穫される「新ごぼう」。
旬の食べ物は、美味しいだけでなく栄養価も高いのでメニューに取り入れたいですね。

新ごぼうは、柔らかくアクも少ないので下処理も簡単で、サラダに使われるくらいそのままでも美味しいもの。
今回は、その新ごぼうとインゲン、ニンジンを合わせた栄養たっぷりで彩りもキレイな一皿。
茹でて、ゴマダレと和えるだけで、簡単に出来上がります。

「泥付き」「太さが均一」「ひげ根が少ない」「ひび割れが無く、弾力がある」というのが、美味しいごぼうを選ぶポイントです。ぜひチェックしてみてくださいね。

■ゴボウとインゲンのゴマ和え

調理時間 15分 1人分 128kcal



<材料 4人分>
新ゴボウ 2本
サヤインゲン 1/2袋
ニンジン 1/4本
塩 小さじ2

酒 大さじ1.5
みりん 大さじ1
すり白ゴマ 大さじ4~5
しょうゆ 大さじ1
みそ 大さじ1.5

<下準備>
・新ゴボウはタワシでこすりながら流水で洗い、長さ4~5cmの棒状に切る。



・サヤインゲンは軸側を少し切り落とし、長さを2~3等分に切る。

・ニンジンは皮をむき、縦棒状に切る。

<作り方>
1、たっぷりの熱湯に塩を加え、新ゴボウ、サヤインゲン、ニンジンをゆでてザルに上げる。



2、<合わせゴマダレ>の材料を混ぜ合わせ、熱々の(1)を加えて和え、器に盛り分ける。



新ごぼうはアクが少ないので、水にさらす時間は短めで大丈夫。気にならなければ、水にさらさなくても調理できます。

(株式会社マミーゴー)

元記事を読む