せっかくやせたのに…「リバウンド」を防ぐ正しい食事法

野菜ジュース

リバウンドはムリをしたことの証明

涙ぐましい努力をしてせっかくやせたのに、あっという間にリバウンドしちゃった……。
よくありがちなパターンです。リバウンドに泣く人がいかに多いことでしょう。そんなことから、ダイエッターは、リバウンドを敵だと思い、とても恐れてもいます。「リバウンドはダイエットの大敵」とは、よく言われることですよね。

でも、私はそうは思いません。
リバウンドは、ダイエットでムリをしたことの証明です。「ちょっとがんばり過ぎちゃったね」と、体が教えてくれているのです。

ですから、敵だと思う必要はありません。リバウンドしたら、それを憎むのではなく、ムリした自分を反省しなくてはいけない。そうしなければ、何度も同じことをくり返すハメになってしまいます。

やせた後の3年間が大事

もちろん、長い時間をかけてじっくり、ゆっくり、ムリなくやせたとしても、気を抜き過ぎると……。やはりリバウンドすることもあります。
「ここまでやせたし、もう大丈夫!」と油断する人は少なくありません。自分はやせ体質になったと思ってしまう人もいるでしょう。でも、体質はそう簡単には変わらないのです。そんなわけで、「3年間は気を抜いてはダメ」が私の持論。肥満歴が長ければ長いほど、もとに戻りやすいので、気をつけるに越したことはありません。
やせたあとの3年間は、「やせるための食事」ではなく、「維持するための食事」を続けていくのです。

自分に合う食事量を見つけましょう

まずは思いきって食べてみましょう。体脂肪率とウエストサイズをチェックしていくと、どのくらい食べると太るかがわかってきます。それがわかれば、「このくらいなら大丈夫」という、自分にとって太らない適切な食事量がだんだん見えてくるでしょう。これを1週間単位で守るようにすれば、大きなリバウンドはないはずです。結局、体型を維持するためには、自分で試して、調整する方法を知ることしかないんですね。

ときにはハメをはずして思いきり食事をたのしんで大丈夫

適量を守って食べるようにする。
これが基本ですが、もちろん、ときにはハメをはずすことがあってもいい。例えば、旅行に行く、ひとり暮らしをしている人なら帰省する、などのイベントがありますよね。そういうときには、太ることなど気にせず、食べることを思いきり楽しめばいいのです。

食べたぶん、体重は増えると思いますが、イベント後にもとに戻せばいいだけのこと。その場合は、同じ期間をかけて戻すのが基本です。
具体的には、例えば2週間帰省していて2㎏太ったとしたら、2週間かけて2㎏減らすということです。そうすれば体脂肪率もウエストサイズも増えることはないでしょう。

いずれにしても、イベント後の1~2日が勝負。ここで意識的にリセットしないと、ダラダラ食べ続けることになってしまいます。特に後悔が残っている場合は要注意。イベント中、太るのが怖くて中途半端にしか食べていないと、欲求不満からダラダラ食いに走る可能性が……。そうならないためにも、イベントでは、心残りのないよう、思いきり食べるほうがいいのです。

私自身、旅行などのイベントでは思いきって食べるので、当然……太ります。
でも、「またもとに戻せばいいじゃん!」と、イベントでの食事を楽しんでいます。あとで調整すれば、べつにリバウンドではありませんよね。

そもそも、多くの人がリバウンドを怖がり過ぎ。リバウンドは大敵だ、リバウンドと闘わなきゃ……と思っているようですが、リバウンドしても、もとに戻せる自分になれば、怖いものではないのです。
怖いどころか、「よし、また始めよう!」というダイエットのモチベーションにつながることだってあります。
そう考えれば、リバウンドもそんなに悪いものではないでしょ?

元記事を読む
提供元: fytteの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理