オトしたい彼に送るべき「惚れさせLINE」5つ

気になる彼とLINEを交換できたら、チャンス到来!

オトしたい彼をその気にさせちゃうLINEと、送るべきタイミングをご紹介します。

うまく活用して、気になる彼を惚れさせちゃいましょう!

1、男子ならではの得意分野への質問LINE

多くの男子がよく知ってることへの質問LINEは彼の男心を刺激します。

例えば車や、スポーツ、アニメ。また彼の住んでいる近辺の美味しい店の情報など、彼の語れる内容なら何でもOK!

できれば、出会った時に会話したことと絡めて聞くと「あの時、話したこと覚えててくれたんだ!」感激されるでしょう。

このLINEを送るタイミングは、知り合ってからすぐが効果倍増です。

2、「おはよう!」「お疲れ様」などで始まる挨拶LINE

朝から明るい「おはよう!」LINEでの前向きな声掛けがあったら、彼の気分も上がります。

疲れて残業している時の「お疲れサマ」LINEの労いの言葉があったら、彼も癒されるはず。

これは男女問わず、一緒ですよね。

彼のスケジュールが分かれば最高なのですが、時間がややずれても「俺のこと、四六時中考えてる?」って思ってくれたらバッチリ!

いつの間にか、彼がLINE待ちするようになったら、こっちのものです。

このLINEを送るタイミングは、時節にあっていればいつでもオッケー。他にもお誕生日や試合の日、季節のイベント(お花見など)に合せて送るのもよいですね。

3、今何してるの?あんまり意味はないけど、取りあえずLINE

「今なにしてるの?」「○○してるよ」というやりとりがLINEで続くと、彼は不思議になるでしょう。だんだん「なんなんだ、このLINE!?」と執着点のないやりとりにウンザリ……なんてことになりそうですよね。

でも、それがちょっと自分のヒマな時間の相手になってくれているとか、負担感が少ない時間帯に限って行われていると気付くと「もしかして、俺に関わりたいってことなのか!」と彼は感じます。

深い意味がないLINEこそ、彼と話がしたいだけというシンプルな意図を伝えてくれるのです。

このLINEを送るタイミングは、夜寝る前がいいでしょう。なぜって?彼の頭の中が、あなたの投げかける不思議で一杯になるからです。

4、彼の趣味に興味ありのLINE

事前に自分なり調べて挑むことをオススメしますが、この手のLINEが盛り上がると、LINEの回数も増えてきて、会ってもっと話したいと彼が思うのも時間の問題です。

「俺と気が合いそう」と喜ぶこと間違いないッ!ちょっとマニアックな趣味だとしたら、合せるのに努力が必要ですが、彼の趣味を理解できる、なかなかいないレアな女子とみなされて、彼の心を捉える可能性がアップします。

このLINEを送るタイミングは、休みの前日の夜。なぜなら、続きを話したい彼に「明日会って話さない?」と言わせたいからです。

5、夜デートのお誘いLINE

デートのお誘いLINEは、夜デートとなると成功率が高いんですよ。男子としては、夜デートはお酒がはいるという理由があるそうです。

例えば、彼がまだあなたを特別に思っていなかったとしても「盛り上げたい」「好かれたい」「面白いと思われたい」は、考えていたりします。お酒の席なら、普段より会話がはずみやすいものです。そうすると良い返事をもらえる確率が高いのはわかりますよね。デートを取りつけたら、2人はそこからスタートです。「俺、好かれてるかも?」と思いながら彼はやって来るでしょう!

LINEを送るタイミングを内容で、彼との未来が変わる

このLINEを送るタイミングは、休日の夜はいかかですか?デートを次の休日にすると、待っている間に、彼の妄想が膨らんでくれることでしょう。以上が女子力が満開です…!オトしたい彼に送るべき「惚れさせLINE5つ」と送るタイミングでした。あとは、実践あるのみ。失敗を恐れず、試してみましょう。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事を読む
提供元: 愛カツの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。