1. トップ
  2. ネイル
  3. 大人の指先にもしっくり。マット×ドットアートで作るネイルデザイン

大人の指先にもしっくり。マット×ドットアートで作るネイルデザイン

  • 2019.5.6
  • 2749 views

艶のない質感が独特の魅力を放つ、マットネイル。これにドットアートを組み合わせると、大人っぽさがありながら個性派さんも大満足なネイルが完成します。この記事では、マット加工とドットアートを組み合わせて作るネイルデザインをご紹介します。シンプルネイルをお好みの方も個性的なネイルをお好みの方も、ぜひ参考にしてくださいね!

ピンドットネイル×マット加工でお洒落度UP!

極小サイズのドットを描いて作るピンドットネイル。一般的なドットネイルに比べて上品なネイルに仕上げられることから、オフィスネイルのデザインに取り入れられている方も多いのではないでしょうか。

そこでご紹介したいのが、ピンドットネイルにマット加工をプラスするデザインです。パープルやブラックといったオフィスシーンでは少し使いにくい色味でも、マット加工をプラスすれば上品な仕上がりになりますよね。

爪5本すべてをマットな質感にしてもいいですし、艶仕上げのネイルとマット仕上げのネイルを組み合わせてもいいでしょう。ポイントでラメや金箔を使うアレンジもおすすめですよ!

マットベース×〇〇でアートするドットネイル

セルフネイル初心者さんでも簡単にアートできるのが、スタッズやパール、ストーンといったパーツを使って作るデザインです。

例えば、ベースをお好みのカラーのシンプルなマットネイルにして、メタルカラーのサークル型スタッズを並べてドット柄をアートするデザインはいかがでしょうか。ブラックベース×メタルカラーでロックでカッコいい仕上がりにしたり、ホワイトやピンクをベースに使って甘辛MIXな仕上がりにしたり、というようにベースカラーを変えるだけでも仕上がりの雰囲気が変わりますよ。

ホワイトやベージュのマットネイルをベースにカラフルなパールを並べて、大人可愛いドットネイルに仕上げるのも素敵ですね。

マットベースに艶ありドットでアートするデザイン

マット加工×ドットアートネイルは、マットな質感と艶のある質感を組み合わせてアートするのもおすすめです。

例えば、ベースをマットな質感にして、その上に艶のあるドット柄をアートするデザインはいかがでしょうか。同じ色でも質感を変えることで色の感じが大きく変化して、シンプルでありながらもお洒落度高めなネイルに仕上げられますよ!

マットベース×艶ドットネイルと艶ベース×マットドットネイルを組み合わせるデザインも素敵ですね。



Itnail編集部

元記事を読む