1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 初心者におススメ!ベランダで栽培できる「家庭菜園」を初夏から始めてみませんか?

初心者におススメ!ベランダで栽培できる「家庭菜園」を初夏から始めてみませんか?

  • 2019.5.4
  • 7343 views

ハーブや野菜など、家庭菜園で作ることが出来たら素敵ですよね。でも、家がマンションだから…と諦めていませんか?

マンションのベランダでも、プランターを使って栽培することの出来るハーブ・野菜があるんです。

今回は、初心者でも挑戦しやすい、プランターで作れる家庭菜園についてご紹介します♪

ミニトマト

初心者にもおすすめの野菜

セットになった栽培キットも多い、ミニトマト。

初心者でも比較的育てやすい野菜として人気です。

4月~5月のちょうどゴールデンウィークが明けた後ぐらいの季節が植え付けには向いています。

種から育てるよりも、苗から育てる方が初心者には安心。

深さと直径が30cm以上の大きなサイズのプランターを用意して植えましょう。

支柱も忘れずに設置して、苗をしっかり根付かせます。

花が咲いてから大体50日前後でミニトマトの実が収穫可能です!

実がだんだん赤くなっていくのを見るのは楽しいですね。

春に植えて、ちょうど夏に収穫が可能になることが多いです。

枝豆

枝豆も4月から5月にかけて種まきを行い、夏に収穫できる野菜。

夏の一番枝豆が美味しい季節に食べられるのは嬉しいですよね!

枝豆の種は大豆です。種を撒いたら鳥に食べられないように、ペットボトルの底を切ったものやシートを被せるなどして守ります。

枝豆は肥料を余り必要としない植物。

さやが膨らんで手で押すと実が出てくるようになったころが食べ頃です!

夏のビールのお供にぴったりですね♪

バジル

初心者にもおすすめの、ハーブ栽培。

バジルは4月下旬から5月の暖かくなったころに種を蒔きます。

日光を好む植物なので、日当たりのいいベランダや庭で育てましょう!

乾燥させないように、水を十分に与えて育てます。

発芽して双葉が出てきたら近くに生えている成長の遅い方の葉は間引きを行います。

最終的に、高さが20センチほどになります。

7月ごろに収穫できますよ!

ミント

ミントはとても丈夫な植物。日なたを好みますがベランダでも大丈夫です。

お店で苗を買ってきて育てます。

土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えて育てましょう。

ミントは自家製のデザートに彩りと良い香りをプラスしてくれます。

お客様が来た時に出すデザートやドリンクにもたっぷり使えていいですね!

家庭菜園のミントに驚いてくれるはず!

お酒との相性もいいミント。

モヒートやカクテルなど、夏に飲みたくなるお酒に清涼感を与えてくれます。

自宅でのお酒タイムがちょっとリッチに!

ローズマリー

広く料理にも使えるハーブのローズマリー。

ローズマリーも種から育てるなら春を過ぎたあたりの20~25℃の気温が発芽しやすくおすすめです。

もちろん簡単に苗を買ってきて育てる方法もありますよ。

日あたりや水捌け、風通しの良い場所で育てましょう。

ディル

ディルは大きく育つハーブなので、小さいポットより60センチサイズのプランターがおすすめ。

ディルも4月から5月に種まきや苗植えをします。

乾燥した土にならないように、土に湿気を保ちながら育てましょう。

まとめ

ゴールデンウィーク明けにちょうど種撒きや苗植えが始められる野菜やハーブ。

日当たりが良い環境であれば、ベランダで十分に育てられる初心者におすすめのものをご紹介してきました。

収穫を楽しみにして、今年は家庭菜園に挑戦してみませんか?

元記事で読む