その好意は本物…?年下くんの本気度を試す質問3つ

好きな相手と両想いになれたとしても、年の差があると、なかなか踏み切れないものですよね。

とはいえ、お付き合い前に「どこまで本気なの!?」「結婚する気はある!?」なんて、直接的には聞きづらいもの。

そこで、今回は年下くんの本気度を試すことができる質問を3つご紹介。ぜひ活用してみていただければ幸いです。

年下男子の本気度

どうして私を選んだの?

男性の年齢に関係なくオールマイティに使える質問でもありますが、年下くんに聞く場合は、その返事をよく分析する必要があります。

年下くんはやはり「若い」ので、勢いで「付き合おうよ!」と言っている可能性があります。

「優しくて」「料理上手だから」なんて、だれにでも言えそうな答えではなく、「あなたのこんなところに惚れた」「あなたでなきゃダメ」という答えなら、彼の本気度は高いと見て良さそうです。

彼の返答次第では、“なんとなくお試し”でお付き合いできる年齢ではないことを伝えるチャンスにもなります。

彼の返答が曖昧なものであれば、一度「考えさせて」と伝えて様子をうかがうのもひとつの手となりそうです。

一緒に住まない?

すぐに住むかどうかまで、真剣に想定していなくても大丈夫。「近々」「その内」というニュアンスで質問してみましょう。

正直なところ、「同棲してたら、別れるとき面倒だな……」ということが頭を過ると、ためらってしまうもの。

でも、“別れた場合”を想定している時点で、“おためし”くらいの軽い気持ちの可能性が高いのでは?

彼が、なにをためらっているのか観察してみましょう。

同棲の話を切り出されて、「いきなり!?」と思うことはあったとしても、あなたに対して本気で向き合っていて、いずれは結婚を見据えているなら、OKできるはず。

「どこにする?」「いつがいい?」なんて、前向きに検討してくれるうえに、あなたの意見も聞いてくれるようなら、本気度はかなり高めと見ていいかもしれません。

ただし、本当に勢いだけが先走っている場合もあります。普段から彼のタイプも考慮に入れておくのが必須。

ちなみに、彼が引っ越したばかりなど、状況的にいますぐ同棲が難しそうなら、「合鍵ちょうだい」と言うだけでもOK。

同じように彼の本気度が確かめられます。

お母さんってどんな人?

母親についての質問は、実は奥が深く、いろいろなことがわかります。彼のマザコン度、女性の扱い方、身内に対する態度など…。

今後のために質問しておいて損はないはず。

「兄弟はいるの?」「お正月って親戚づきあいする?」という質問でもOK。

お母さんに限らず、身内についての質問は、間接的に“結婚”を見越した深いお付き合いをイメージさせます。

彼が年齢的にいますぐ結婚を考えていなかったとしても、その類の質問を「重い」と感じてしまうようなら、本気度はあまり高くないと考えたほうがいいかもしれません。

家庭環境が複雑な場合は、その場ですぐに切り出せない場合もあります。

でも、ふたりの仲を真剣に考えているのなら、いずれ話してくれるはず。

ごまかす雰囲気ではなく、「また話すね」と先送りにしたときは、彼が話す準備をしていると考えて少し待ってあげてください。

おわりに

大切なのは答える内容ではなく、彼の態度。あなたが結婚や年齢を気にして不安になっていることを彼が汲み取り、面倒くさがらずにその不安を取り除こうとしてくれるかどうかがポイントです。

もし誠実に答えてくれたのであれば、彼のことを信じて、あなたも真剣に向き合ってあげましょう。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事を読む
提供元: 愛カツの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。