1. トップ
  2. 恋愛
  3. 相性バッチリ・長続き確約!彼との相思相愛度診断

相性バッチリ・長続き確約!彼との相思相愛度診断

  • 2019.4.30
  • 20554 views

一見真逆なタイプなのに、なぜか長続きするカップルっていますよね。実は、「相性」というのは、性格や行動が似ていることではありません。

お互いにケンカばかりだったとしても、単独行動ばかりだったとしても、お互いが好む「関係の在り方」が一致していれば、それこそが「相性バッチリ」な状態なんです。

では、彼との相性の良さはどんなところで判断できるのでしょう? 相性が良くなる工夫と共にご紹介していきましょう。

彼と相思相愛

離れていても安心…相思相愛度★★☆☆☆

相手がなにをしていようが「無関心」であることと、「安心」はちがいます。

「相思相愛」というからには、離れていても気持ちがつながっているような信頼感が必要です。

では、離れていても安心するためにはどうすれば良いのでしょうか。それは、「離れている間は自分の時間を満喫する」こと。

男性の多くは束縛され、自由時間を奪われることを嫌います。離れている間も、ずっとあなたのことを考えるように強要されると、窮屈さで気持ちはどんどん冷めていくでしょう。

そこで大切になるのが「自分の時間」。離れている間、あなたが「安心」して過ごしていればいるほど、自然とふたりの関係は「安心」できるものに変化していくのです。

互いの好きなものを知っている…相思相愛度★★★☆☆

「好きなもの」は、食べものや趣味だけではありません。

ハグはあまりしないけど、手をつなぐといつも力強くぎゅっとしてくれる、「飲む?」と聞くと「いらない」って言うけど、そっと置いておくと飲んでいる……など、お互いに聞き合ったわけではなくても、知っていることってたくさんありますよね。

長続きするカップルは、そういったお互いの小さなポイントをよく理解しあっています。そうなるためには、「男性はこういうのが好き」「女性の好みはこれ」という、一般論に頼るのをやめてください。

目の前の相手の好きなもの、嫌いなものをちゃんと知ろうとする努力が大切。相手の表情や口調の、ちょっとした変化をよく見るようにしてみましょう。

勝手に「好き」だと伝わる…相思相愛度★★★★☆

相思相愛度が高くなると、言葉で「好き」という必要がなくなってきます。口調や目線が優しかったり、自然とお互いをサポートし合えたりと、なにげない態度や行動から「好き」が伝わるようになるのです。

この状態に近づくためには、ふたつの工夫が必要。ひとつは、あなた自身が「好き」を言葉ではなく、態度や行動で表すよう意識すること。そしてふたつめは、彼の態度や行動から「好き」を読みとるために、よく観察することです。

「さりげなくいつも道路側を歩いている」「ドジな彼が、あなたの大切なものは注意して扱っている」など、彼の「好きサイン」が見つかれば見つかるほど、たくさんの「好き」が受信できるようになります。

黙っていても心地いい…相思相愛度★★★★★

会話が途切れて「シーン」となると、なんだか緊張してしまいますよね。

逆に言えば、黙っていても気まずさを感じず、喋らなくても心地よい空気でいられるのは、お互いに心地いい関係である証拠と言えます。

「沈黙」が怖いのは、相手がなにを考えているのか分からずに、不安になるから。

でも、不安を打ち消す目的で話すと、喋れば喋るほど、自分の不安が相手に伝わって、どんどんその場の雰囲気が悪くなってしまいます。

そこで必要なのは「無理して喋らないこと」。不安になりそうなときは深呼吸して、「幸せだな……」と心のなかで呟きながら、ほっこりしているだけでOK。

気持ちが変われば、ふたりの間の空気も、どんどん穏やかなものに変わっていきます。

おわりに

「相性がいい」というのは、お互いの性質がよく似ていることだけではありません。

逆に言えば、もともと似ていなくても、お互いのちょっとした工夫で、「相性」を合わせていくことができます。

縁合って結ばれたふたりですから、むしろ性質の相性は決して悪くないはず。ここから、ふたりの「相性」をさらに育んでいきましょう。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む