1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 宮本佳実の「#年収1000万円ガール」になるまで『起業のハードルが下がる! 誰でも好きを仕事にできるスペシャル♡』

宮本佳実の「#年収1000万円ガール」になるまで『起業のハードルが下がる! 誰でも好きを仕事にできるスペシャル♡』

  • 2019.4.24
  • 1032 views

合言葉は、「目指せ年収1000万円ガール!」。ワークライフスタイリスト® 宮本佳実さんが、女性らしく可愛いままで年収1000万円をめざすためのノウハウを教えてくれる大人気連載『可愛いお金持ちになる大作戦♡』。

今回は「起業のハードルが下がる! 誰でも隙を仕事にできるスペシャル♡」と題して、第29回『豊かさの“ちょっと先取り”が成功のヒミツ』、第28回『人生が劇的に変わる! 朝の30分を有効活用』、第21回『夢が叶うと決めた人から次のステージへ!』をまとめてお届けいたします!

『豊かさの“ちょっと先取り”が成功のヒミツ』【第29回】

 (450073)

ちょっとだけ豊かさの先取り

こんばんは。ワークライフスタイリスト®の宮本佳実です。
「自分の好きなことをしてお金をたくさん手にしたい!」こんなことを思いながらこの連載を読んでくれている方も多いかと思いますが、その願いが叶いやすくなる方法を今週はお伝えしたいと思います。私は以前から、『ちょっと贅沢をする』という、豊かさの先取りをしていました。

私がやっていたことを思い出してみると……部屋に生花を飾る、紅茶を丁寧に入れる、コンビニお菓子を毎日買うなら1週間に1回の美味しいケーキ……などなど本当に、普段の自分ならやらないだろうけれど“理想の豊かさを手にした自分がやっているだろう生活を”先に先取りしておくという手法です。

確かに部屋に生花を飾ったからと言って、すぐにビジネスが成功するわけではありません。でも、自分が理想とする『豊かな生活をしている私』を“ちょっとだけ”先取りしてみるということなんです。お給料以上の買い物を毎月繰り返し、カードの請求がきては泣くというお金のやり繰りに追われていた頃は“お花はすぐ枯れちゃうしもったいない!!!”と思っていて、自分から買うことはありませんでした。

でも、私は思い描いていた理想のイメージは、自分の部屋にはステキなお花がたくさん飾ってあったのです。「カフェに寄った帰りに花屋によってお花を買って帰る」そんな生活ができたらいいな、“仕事が成功して豊かになったらやりたい”“もう少しお金に余裕ができてからやろう”こんなことを思っていたのですが、まずは先取り! 先に部屋にお花を飾って「ビジネスで成功した私が住んでいる部屋」にしてしまうのです。そうすることによって、先に「仕事で成功している気分」、「余裕がある気持ち」を先取りしていました。

未来は思考が先で現実が後からやってくる!

私はそのほかに、まだちょっと早いかな……と思いながらも、出張のときの新幹線はグリーン車に乗っていました。私の中では「成功している豊かな人=グリーン車で移動」と思っていたので、いつもは苦痛に感じる移動時間もゆったりと過ごしながら仕事に向かっていました。もちろんグリーン車は高いので普通には乗れないのですが、旅行会社から出ている日帰りのパックだと、時間が指定されてしまいますが普通車よりも安く行けるチケットがありますし、金券ショップで回数券を買うのもお得にグリーン車に乗れる方法です。あと奥の手は「ぷらっとこだま」というサービス! こだまなので時間がかかるのですが、格安でグリーン車に乗ることができます。私は「お金持ち気分」を味わうために、いろんな工夫を凝らし、「グリーン車に乗る」という体験を味わっていました。

「豊さの先取り」はなにもお金をかけなくてもできるのです。
・コンビニのスナック菓子ではなく、たまにはケーキ屋さんで一番おいしそうなものを買って帰る
・いつものマグカップではなく、大切にとっておいたティーセットを出してゆっくり紅茶を飲んでみる
こんなことで良いんです。自分が『豊かで自由』になったときにやっているだろうと思うことを、今から先取りしてみてください。

なぜ私が豊かさの先取りをみなさんにオススメしているかというと、私の大好きな本に、ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』があります。今考えていることが後に現実になる、というものなのですが読み進めているとまさにその通り。思っていることが全て現実になっているのです。起業してからまだあまりお金の余裕がないときでも、私はちょっとの工夫で“気持ちだけは”贅沢を味わったり、幸せだな~と先取りをしていました。そのおかげで、いまは起業当時思っていたことが全て叶い、リアルな豊かさが現実になっています。

もしも年収1000万円の私だったら?

以前私のビジネスセミナーに参加してくれて、今では大成功を収めている起業家女子の方も試してくれていた方法でこんなものがあります。何かをするたび、何かを買うとき『年収1000万円の私だったらどうする?』と自分に問いかけてみる方法です。

例えば、彼女はショップで洋服を買うべきか迷ったとき『年収1000万円の私だったら本当にこの服を買う?このファッションをする?』と考えて、“年収1000万円の私だったら……もっと大人っぽい服装をしているはず”と思い買うのをやめたそう。レストランでの振る舞いやタクシーの乗り方など、常に『年収1000万円の私だったら?』ということを基準にするクセを付けているうちに、ものすごいスピードで実際に年収1000万年以上を稼ぐことができる起業家に成長していきました。

実はこの方法、私自身も起業直後からやっていたのです。それまで大きな買い物をするときはドキドキして冷や汗をかきながらお金を支払っていたのですが、“お金持ちはそんなお金の支払い方はしないはず”と思い、姿勢や話し方などすべての行動をエレガントでスマートを心がけていました。

そして、普段行かないような憧れの高級ブティックにものぞきに行くようにもしていました。そこに並べてあるバッグや洋服はとても手が届かず、全く買うことはできないのだけれど(笑)。でも憧れのバッグを写真ではなく実物を見たり、実際に手に取らせてもらったりして、そのエネルギーを先取りしていたのです。

ここでも一つ、アドバイスがあります。実際に予算オーバーで買えなかったとしても、セレブになりきって「ちょっと考えます」と言ってお返ししていました。決して「お金がないから買えません」とは言わないこと! 高級なものに触れて、素晴らしい接客を受けると、自分の中の『豊かな気持ち』は格段にアップします。それに、“自分がお金持ちになったときに何をしよう?”と具体的なイメージもわきやすくなります。お金がなくても豊かさを先取りすることは簡単なので、どんどんやってみてください。

間違った先取りは逆効果!

以前セミナーで受講生の方からこんな質問を受けました。「豊かさの先取りをしすぎて、お金が回りません。お金がなくなるので不安な気持ちになるのですがそうだとしても、先取りし続けた方がいいのですよね?」というものです。何でもその方は、自分が豊かになったら……きっと毎日外食をしているはず、と思い自分の予算以上の先取りをしていたそう。お金の不安をしてまでの先取りは本末転倒です。

私が言っているのは、『物質』ではなくあくまでも『気分』を先取りするというものです。お金の心配をしながら先取りをしても、未来は思考が先で現実が後! この場合は「お金がない」という不安を先取りし、「お金がない」という現実までも引き寄せてしまうことになります。不安になってまでの先取りは、望まない未来を現実にしてしまうのでそこは注意が必要です。

「お金がない」という心配は、人の心から余裕を奪うとても大きな不安要素ですよね。その気持ち本当によくわかるんです。私も起業当時は経済的なやりくりに苦労しました。なりたい自分と現状の違いに本当に苦しんでいました。そんなときこそ、今ある幸せに目を向けて、現実と思考を切り離す作業をしていました。

豊かな未来を引き寄せるために♡

誰しもが今、目の前で起こっている現実に思考が影響されてしまいますが、いまの現状が不満ばかりだと未来が一向に良くなりません。もっと具体的にお伝えすると、「お金がない」と不安に思っていると、どんなに頑張っても「お金がない」という現実しか目の前に訪れません。そんなことを繰り返していたら、ネガティブの連鎖。いつになっても自分のなりたい未来はやってきません。そのためには、現実に起こっていることに思考を影響させないぐらいの強さが必要です。

豊かさの先取りは現実逃避ではありません。今あなたが不満や不安に思う現実は、現実としてしっかり受け止め把握することは大切です。でも、その現実を直視しすぎて、「やっぱりだめだ」「無理に決まっている」と思っていては、その思いが未来を作り続けてしまいます。現実がいま、ちょっと自分が望むものとちがったとしても、その現実と思考を切り離し、“私は大丈夫”“絶対に未来は良くなる”と、思ってみましょう。もちろん、いつもポジティブな気持ちでいるのは難しいと思いますので、「やっぱり無理……」と思ってしまったら、「違った違った、大丈夫だった!」と思考の矯正をすることをお勧めします。それだけでも、未来は少しずつ変わっていきます。そして、「私なら大丈夫!」という気持ちと一緒に、ワクワクする自分の理想の未来をノートに書くこともお勧めです。

いま心から豊かさを感じていれば、豊かな未来は現実のものとしてあなたのもとにやってきます。不安や心配を無視するのではなく、自分はこういう気持ちを感じているんだと、しっかりと受け止めて、そのあとはワクワク楽しい気持ちで、理想の未来を描きましょう! そうちょっと、身の程知らずくらいでいいんです♡ そんな小さな強さを身につけることも、今を逞しく生きる可愛いお金持ちには必要なテクニックなのです。

『人生が劇的に変わる! 朝の30分を有効活用』【第28回】

 (450153)

私の人生が変わった瞬間

こんばんは。ワークライフスタイリスト®の宮本佳実です。
実は、私は……小さいころから何だか“自分の人生はパッとしない”と思っていました。学生の頃から、成績も容姿もいわゆる普通。学生時代はなんの脚光も浴びることなく、ただ、勉強のできる人、可愛い人、スポーツができる人に対して憧れの気持ちを持っていました。

OLとして社会人デビューを果たしてからも、会社での私の評価は「可もなく不可もなく」。そつなく普通に仕事をこなす人という存在でした。こんな普通でパッとしない私の人生が激変したのは、私が28歳で起業してからです。やりたいことが明確に見え、そして自分の目標が一つ一つ叶っていく楽しさ。そして経済的にも精神的にもどんどん豊かさを実感できる今は、自信を持って『私は自分の人生が好き』と言い切れます。起業してからのほうが自分のことを好きになっているし、どんどん良いことが舞い込み、毎日がとても楽しいのです。

私が今、楽しくて幸せだと言い切れる理由、それは『自分に正直に生きられるようになった』からだと思います。今まではずっと人からの評価ばかりを気にして生きてきました。でも、起業をきっかけに、
・自分が何を望んでいるのか?
・どんな人生を生きたいのか?
この2つを常に基準にして、自分の人生を選択するようになったのです。私にとって、その選択基準に変わるきっかけが「起業」であっただけで、だれもが「起業」する必要はありません。ただ、自分の選択の基準を、他人の評価や世間の目にするのではなく、「自分自身」にすることで、どんどん人生は、楽しく自由なものになっていくのです。

1日の始まりを「好き」で満たす意味

OL時代、私は朝が大嫌いでした。朝早くに、けたたましいアラームの音に起こされ、まだ布団に入っていたい気持ちを押し殺して起き上がる。家を出てからも、ぎゅうぎゅう詰めの満員電車の中に30分揺られ、毎日「どうやったらこの生活から抜け出せるの?
」そんなことばかり考えていました。そして、それは、「気持ちのいい朝」とはかけ離れたものでした。でも、そこから抜け出したいけれど、抜け出す方法がわかりませんでした。私は結果として「寿退社」という形で、その生活から一旦卒業することになったのです。

そんな朝を送っていた私も、いまでは「朝が好き」です。といっても、早起きは苦手だし、朝活したり、朝ランしたりしているわけではありません。ただ、私がしたのは、朝の時間を「好き」で満たすこと。朝の時間の有効活用はたくさんの方がされているかもしれませんが、この「1日のはじまり」が心地よい、気分のいいものであると、1日がもっと楽しく充実したものになるということがわかったのです。そんな風に毎朝過ごせば、毎日がもっと生き生きとしてきます。

とはいっても、先にも書いたように、私は朝ランしたり朝活して「意識高い系」の「朝時間」を過ごしているわけではなく、自分ができる範囲で「朝の時間の充実」を図っています。例えば……
・お気に入りの美味しい紅茶を淹れる
・バルコニーに出て深呼吸する
・パンケーキをつくってみる
・体にいいスムージーをつくって飲む
・白湯を窓の外を見ながらゆっくり飲む
本当に、こんなことです。これって、明日からでも誰でも取り入れられるようなカンタンなことですよね。でも、昔の私は「朝は地獄」と思っていたので、こんなカンタンのことを取り入れることすらできなかったし、心の余裕がありませんでした。たった10分早く起きて、窓の外をみながら「今日はどんな日にしようかな」とゆっくりと白湯を飲んで、体に水分を巡らせる。そんな、お金もかからないカンタンにできる少しの工夫が、心地の良い朝と生き生きとした1日を作るということを、実際やってみて知りました。

いつもやりたいと思いながらも、つい時間に追われてできないこと、後回しにしてしまっていること……とりあえず明日1日、1回だけでもやってみてください。毎日習慣化しようとすると難しいし、できなかったときに「やっぱり私は、心地よい朝なんて迎えられない」となってしまいます。だからこそ、気が向いた時にだけ。“明日の朝なにをしようかな?”こう考えるだけでも楽しい気持ちになりませんか? そんな風に「明日の朝、自分の好きなこをしよう」とワクワク考えるだけで、あなたの人生はどんどん好転していくものなのです。

上に書いた「朝のリスト」は私のものですので、もちろん「朝15分早く起きて英語の勉強」でもいいし、「美味しいパン屋さんのパンを頬張る」でもいい。自分がウキッとして手軽にできる予定を朝に組み込むことで、「私の毎日」がもっと楽しくなります。

朝の時間は自分と向き合う最高の時間

自分の気持ちをノートに書き留めたり、これからの自分の未来をイメージしたり……そんなことを夜にする人も多いと思いますが、私は朝にすることも多いです。もちろん夜にノートを開くこともありますが、朝って睡眠から脳が目覚め、完全にリフレッシュした状態。そんなまっさらな脳で描く自分の未来は、やっぱり希望に満ちていると思うのです。いつも、自分と向き合う時間は夜とっているという方は、ぜひ「朝の自分時間」もとってもオススメです。

お気に入りの紅茶を飲みながら、私は自分にいろいろ質問しています。
・私の理想の未来は?
・どう過ごすことが幸せ?
・どんな生活を送れたら満足する?
自分のなりたい未来を想像して、ワクワクしながらリストアップしたり、書き溜めたノートを見返してみる。すると“実現するために今日も1日楽しく過ごそう”という前向きな気持ちが心に湧いてきます。大概、夜の方がネガティブな気持ちになったり、落ち込んだりすることが多いのですよね。朝は比較的脳がクリアな状態なので、そんな時間にゆっくり自分に向き合ってみると、「自分はなにが大切」で、「なにをしたいのか」が見えてきます。自分の心地よい状態をつくりリラックスして自分と向かい合ってみてください。

朝の30分で自分の人生をデザインしよう!

夜更かしをしてしまった翌朝は、ギリギリまで寝ていて慌ただしく家を飛び出したりしますよね。私もそうです。慌ただしい朝を過ごすということは、その一日は慌ただしく、たくさんのタクスに追われて流されるように終わってしまいます。何かに追われるように1日を過ごすのも、自分の意思で選びながら1日を過ごすのも同じ一日。だとしたら!自分の一日を自分でデザインしてみましょう。

「あの人がもっと○○してくれたら……」
「上司が変わってくれたら自分もよくなるのに……」
「部署を異動できたら、会社を好きになるのに……」
このように、以前の私はうまくいかないことがあると、全部他の人や環境のせいにして不満ばかり心に溜めていました。でも、今振り返ってみると、これは他人任せの人生ですよね。そんな経験があるからこそ、自分の人生は自分でデザインするべきだと言えるのです。

まずは、朝の時間に、「今日やること(todoリスト)」と、「今日やりたいこと(want toリスト)」を書き出しましょう。やらなければいけないこと、というのはもちろん誰にでもありますが、1日をそれだけで終えるのではなく「自分のやりたいこと」もしっかりと考えて「やらなければいけないこと」と一緒にリストに入れ、その両方を組み立てて1日をデザインしましょう。

これは通勤時間中に、スマホの中の「リマインダー機能」や「メモ機能」を使ってできるので、ぜひぜひやってみてくださいね。そうやって、自分の1日をデザインするクセをつけると、断然「自分の人生」を生きている気がしてくるものです!

人生は選択の連続です。自分が自分の未来を選び、作っているのです。だから、人に何かを言われたからやってみるのではなくて、“自分でやりたいことをやる”と自分で決めてください。『自分の人生は自分で決めている』こう思うだけで、自分を大切に扱い、人生が楽しくなっていくはずです。バタバタと慌ただしく家を出るのではなく、朝の30分で、自分のなりたい未来をデザインしてみる。たった30分が人生を大きく変えるのです!

自分の未来は自分で選ぼう!

私の友人に見えないものが見えるという人がいます。いわゆる「霊視」ができる友人が「人の未来を見ていると、枝分かれのように未来がいくつも見える」と言っていたのがとても印象的でした。どういうことかというと、未来は一つではなく、いくつも可能性があって「今」の自分の選択によって、未来は変わっていくということ。

よく「運命は決まっている」などと言われますが、『自分の未来は自分で選択できる』んだと改めてわかり、とても感動しました。「今の私」にはたくさんの可能性があり、その中でなにを選ぶかは自分次第。そして、自分の選択によって新しい道が用意されて、その先にまた新しい選択肢が現れる。人生はその繰り返しなのです。今の自分がなにを選ぶかで人生が変わるのなら、まず自分の人生、自分の選択に責任を持たなくてはいけません。

「学校の先生がこっちがいいと言ったから」「世間体はこちらの方がいい」「こっちを選ぶと母が心配する」こんな風に自分の人生を諦めて“良い子”を演じていても、後悔しか残りません。

あなたが描いている夢は、あなたの選択で実現できます。自分の人生をデザインする時間をぜひ朝つくってみてくださいね。毎朝の30分を有効に活用して自分の理想を叶えてあげられる自分になりましょう。

『夢が叶うと決めた人から次のステージへ!』【第21回】

 (450155)

「なる!」と決めた人から次のステージへ

こんばんは。ワークライフスタイリスト®の宮本佳実です。

先日、私が主宰しているセミナーで受講生にこんなことを聞かれました。「講座を受講している私と、好きなことを仕事にしている佳実さん。いったい何が違うのですか?」と。

その答えは『こうなると決めた!』ということ。「決める」というのは、“こんな感じならいいな~”“こんなことしてみたいな~”という憧れよりももっと強い自分への意思表示。“絶対にこうなる!”と決めることで、自分がどこへ向かうのか、何をするべきかが自然と見えてくるのです。

人の意見や世間の目を気にせず、自分のなりたいものになると「決める」。それこそが、夢を実現させるための大きなカギだと思っています。そのおかげで、私は自分が“こうなりたい”と「決めた」ことは、全部実現させてきました。あなたの人生はあなたの「決めた」通りになるのです。

年収1000万になるために「決めた」こと

私が起業当初から掲げていたのは、『年収1000万円になる』ということ。そのためにまずやったことは、『年収1000万円になる!』と「決めた」ことです。まず「決めた」のですが、実はその頃は何をやるべきかまだよくわかっていませんでした。だからこそ目の前にあることをすべてやったのです。

異業種交流会に行ったり、チラシを配ったり、名刺交換した人にリーフレットを郵送したり。何が正解かはわからなかったけど、人が“これやってよかった”ということは全て試してみました。何が良くて何が自分に合っているのかもわからなかったので、思いつくものを箇条書きにして、上から全部やるぐらいの勢いでやっていきました。

SNSも何をどう使えば有効かもわからなかったから、とにかく全部試してみました。だって無料ですからね。お金があったら優秀な営業マンを雇うことができたんですが、なんせ起業したてでお金なんてありません。だからこそ、“行動”というエネルギーを出すしかなかったのです。

大切なのは失敗を恐れないこと!

セミナーの受講生からよく言われることが、「失敗したらどうするんですか?」ということ。私の場合は『なりたい自分になる!』と決めたときに、若くて無知だったせいもありますが、失敗は恐れていませんでした。さらに言うと、自分が一発でうまくいくとも思っていませんでした。“もしかしたら失敗するかもしれないけど、とりあえずやってみたい!”というような気持ちの方が大きかったんです。

だから、何もしないうちから「失敗したらどうしよう……」なんて悩んでも仕方がないんです。失敗したらそのときに考えるしかなくて、始める前から悩んでも不安しか生まれないのです。

もちろん私も、起業したての頃は“もしも一年も経たずに辞めることになったら恥ずかしいな”とは思っていました。友人みんなに連絡して「こんなサロンはじめるの! 練習台になってー!!」言い回ったのでそれで失敗したら、やっぱり恥ずかしいな……と。でも、そのときは友達にモニターになってもらい意見をもらうことのほうが私の心のプライオリティが高かったんです。だから、まあ、失敗したら恥ずかしいけど、それよりモニターになってもらう方が先決!となりました。

だからこそ、まずは『やる』という『覚悟』が必要です。うまくいくならやる、うまくいかないならやらない。こんなことを思っている人はいませんか? その程度の覚悟では、起業したとしてもやり続けることは難しいかもしれません。“好きなことを仕事にするためには、やることはやる”この強い気持ちこそが必要なのです。

“失敗したらどうしよう”というのは、金銭的なリスクもありますが、その多くの心配は人からの目ということも、多いですよね。 「張り切って起業したのに、失敗しちゃったんだって」こんなことをウワサされるのが嫌だという気持ちもわかります。でも、人の目を気にして本当にやりたいことをしないほうがもっと、もったいない。やりたいことを見ないフリして、限られた人生、好きなことをせずに「嫌だなー」と思うことばかりをするなんて、本当に時間の無駄遣いなのです。大切なのは人からの目ではありません。あなたの心なのです。

壁の先に新しい道がある♡

こんな自分になりたいから『こうする!』と決めて行動した後に、いきなり壁が表れることがあります。もちろん私にもそんな時期が何度もありました。何となくはうまくいっているような感じでも、目指したい部分はもっと上。でも、その場所に到達できるのは選ばれた人しか無理なの? 私には無理なのかも……こんなことを思って、パートナーに泣きながらグチを言ったことも一度や二度ではありません。

そんなときは一度止まってみたらいいんです。新しい何かをするのではなくて、目の前にある物を楽しくこなしてみること。そんなことをしているうちに次の道が予想を超える形で現れるものです。

最初から「うまくいく方法を教えてください」という人がいます。でも、これだけは断言できます。誰にでも万能に成功する方法なんて、この世には存在しません。誰かの「成功法則」が絶対に自分にあてはまるとは限らないのです。失敗が怖い気持ちはとてもよくわかります。でも、失敗はただの情報。“このやり方では、こういう結果になるんだな。じゃあ、次はこのやり方でやってみよう”とやり方を変えてみればいいだけなのです。

リスクを恐れず一歩踏み出して!

「リスクを冒してまで新しい人生を歩むべきなの?」誰でも新しいことをする前は不安になります。特に会社勤めをしている方だと、毎日に不満はあるけど、毎月決まったお給料がもらえて休みもある。好きなことを仕事にしたいけど、それがうまくいくかもわからない……。こう思うと、今の自分の環境や状況が“結構幸せかも?”と冒険をすることを恐れ、安全な道を選ぶ人もいるでしょう。

あなたは安全な道を歩いて、心から幸せを実感しているのなら良いのです。でも、うまくいくかわからないという理由だけで、一歩踏み出せないことはたった一度の人生でもったいないことです! 誰だって次のステージに上がるときは勇気がいりますし、怖いもの。だからこそ、自分には“その価値がある”と心に刻み込んできました。

なにも、華麗に高級靴でキメて一歩踏み出す必要はありません。スリッパのまま、半歩だけちょっと飛び出してみる……くらいでも、見える景色はぐっと変わります。「起業」「好きなことを仕事に」ということに関していうのなら、
・副業からはじめてみる
・好きなことを仕事にしている人に会ってみる
・ネットや本から情報を集めてみる
・SNSを立ち上げて、何か発信してみる
など、本当にスリッパのまま踏み出すくらいの気持ちでできることから、少しずつはじめていきましょう。スリッパだってなんだって、歩みは確実に進んでいます。
もっと気軽にカンタンに♡「今」とは違う行動をしてみましょう。

目指せ!年収1000万円ガール♡
宮本佳実

宮本佳実さんの新刊

 (445846)

新刊「やっぱりお金もラクチンカンタンがうまくいく」
3月4日発売 ¥1400(税抜き)/KADOKAWA
宮本佳実さんの新刊が登場!今回はお金にクローズアップした注目の書籍です。
今から予約できます!

-PROFILE-【宮本佳実】ワークライフスタイリスト...

インタビュー・文/西村真紀

元記事を読む