1. トップ
  2. グルメ
  3. 「bills」より2019年春夏メニューが登場! テーマは“ヘルスコンシャスなアジア料理”

「bills」より2019年春夏メニューが登場! テーマは“ヘルスコンシャスなアジア料理”

  • 2019.4.16
  • 935 views
bills

オーストラリア・シドニー発のオールデイダイニング 「bills」。2008年に世界進出第1号店(日本第1号店)となるbills△七里ヶ浜をオープンしてから昨年で10周年を迎えました。今や国内では8店舗まで展開を広げ、未だに人々を魅了し続けています。 そんなbillsから“ヘルスコンシャスなアジア料理”をテーマとした2019年の春夏メニューが登場しました。

世界中を旅するbillsのレストランター、ビル・グレンジャーがアジア地域の多種多様な料理からインスパイアされ考案したという新メニューは、どれもカラフルでお野菜たっぷりなものばかり。また、ミシュランガイドやホールフーズが2019年のフードトレンドとして挙げている“パシフィックリムフレーバー(環太平洋料理)”や“ヘルスコンシャス”の要素が見事に表現されています。

上記写真の朝食限定メニュー「ブレックファストサラダ、レモンのドレッシング -キヌア、キビ、アボカド、コーンのサラダ、ポーチドエッグ添え」(1,700円[税抜])には、タンパク質やビタミン、食物繊維やミネラルを豊富に含むキヌアや、善玉コレステロールを増やす働きがあるキビなどのスーパーフードを取り入れ、ヘルスコンシャスな一品に。ボリュームも栄養も大満足なベジタリアン料理に仕上がっています。

bills

ランチ&ディナーメニューのベトナムスタイルの豚肉料理「クリスピーポークベリー -ナンプラーと赤唐辛子のヌクチャムソース、コリアンダーと人参のサラダ」(2,400円[税抜])は、カリッと焼き目のついた旨味たっぷりの豚肉に、ヌクチャムソースとナンプラーの甘辛いソースが絡み、エスニック風味が広がります。ミントやコリアンダーがプラムのサラダにマッチして爽やかさも演出!

アジア地域で親しまれるソースやスパイスを使ったエスニックなテイストの料理を、billsらしくライトでフレッシュに仕上げた2019年春夏メニュー。他にもパシフィックリムフレーバーには欠かせない、魚を使ったメニューやトロピカルフルーツを使ったドリンクなど全14品が登場します。健康を意識しながらもこれからの季節にぴったりなアジア料理を満喫できる新メニューを楽しんで。


【bills 2019春夏メニュー】
bills 横浜赤レンガ倉庫、bills 七里ヶ浜、bills お台場、bills 表参道・二子玉川、bills 銀座 提供中
bills 大阪 4月16日(火)〜
bills 福岡 4月17日(水)〜
公式Instagram

元記事で読む