1. トップ
  2. 恋愛
  3. あなたのことを「本命」と思っている男子の言動・3選

あなたのことを「本命」と思っている男子の言動・3選

  • 2019.4.9
  • 32274 views

本命の反対語って、遊び友達とかセフレでしょうか。

セフレの方が具体的でわかりやすいと思うので、ここでは仮に、本命の反対語をセフレとしておきましょう。

あなたのことをセフレではなく、本命と思っている彼が、あなたにとる言動とはどのようなものでしょうか?

今回は「あなたのことを『本命』と思っている男子の言動」について3つご紹介します。

彼がどんな言動をとれば、あなたは本命と思われているのか?

「わたしは本命ですか?」と聞く勇気のない人のために(ホントは聞くのが一番なんだよ!)、以下に例を示してみましょう。

男性 プレゼント

ケンカした後、何日もLINEが来ない

彼とケンカした後、彼から待てど暮らせどLINEが来ないと「あ~、彼はわたしのことをセフレとしか思ってなかったのかな」と思うかもしれません。

しかし、彼はあなたに真剣だからこそどういう内容のLINEを送ればいいのか、まったくわからず、LINEできないんですね。

彼女に対して深くマジメな思いがなければ、「昨日はごめんね」などと、さらっといくらでも返事ができます。でも彼はあなたのことをどこまでも深く、時には深刻に考えてしまい、LINEできないのです。

ケンカした後、何日も彼からLINEが来ないというのは、彼があなたのことを本命と思っているからなのです。

LINEの終わり方が不自然

あなたのことを本命と思っている(本命にしたいと思っている)彼は、あなたに嫌われたくないと思っています。

具体的には、「『うっとうしい男』だと思われたくない」と考えています。

なので、たとえば、LINEの終わりに、「おやすみ」とか「またね」とかと送ればいいものを、彼はバサッと急に途切れるようにLINEを止めてしまいます。

LINEの終わり方が不自然な彼は、空気が読めない男なのではなく、あなたのことが大好きなのです。男って、女子にウザがられたら終わりだ、と思っているから。

説教くさいことを言い出す

彼があなたに説教くさいことを言い出したら、それは彼があなたのことを本命と思っている(本命の彼女になってもらいたいと思っている)証拠です。

男子って、ホント不器用だから、彼女の「ため」を思ってなにか正論を述べることが、愛情表現だと思っていたりします。

その考えを誰にも否定されずに歳を重ね、そのままおじさんになると、その男は娘から「お父さんウザい」と言われるようになるのです。

「彼になにかを相談すると、いつも説教くさいことを言う……ホント嫌。もっとわたしのことを楽しませてくれる男子と付き合いたい」とあなたが思ったとき、そのウザい彼はあなたのことが大好きなのです。

おわりに

冒頭に書いたように、本命かどうかを知りたければ、「わたしのこと、本命と思ってくれてる?」と彼に聞くと本当はいいのです。

もしもあなたのことを彼が本命と思っていなくても、そう聞かれた時点で、彼は「この子は俺と真剣に付き合いたいと思っているんだ」と理解します。逆にそう聞かされないと、男は理解できないんですよね。

理解できないから「彼女にとって俺はセフレに違いない」とか「俺のことを友達以上の存在としては見ていないだろう」と思ってしまうのです。

ハッキリ言われないと理解しない男子と、ハッキリたずねることをためらう女子がお互いを好きになっても、その恋愛は行き止まりですよ。

行き止まりで終わりたくなければ、女子のあなたが「わたしのことを本命と思ってくれてる?」と聞くしかないのです。

「聞く(たずねる)」イコール「言う」です。だから、恋愛とは「言った者勝ちである」とよく言われるのです。

(ひとみしょう/作家)

(愛カツ編集部)

元記事で読む