1. トップ
  2. レシピ
  3. 朝ごはんやお弁当に「入れるだけ鮭ごはん」が便利! チャーハンやリゾットにも

朝ごはんやお弁当に「入れるだけ鮭ごはん」が便利! チャーハンやリゾットにも

  • 2019.4.5
  • 13149 views

この春からお弁当生活がスタートする方におすすめしたいのが、この「鮭ごはん」。朝ごはんやお弁当に、我が家では定番入りするほど登場頻度が高いメニューです。

炊飯器に水加減をした米と塩鮭を入れてスイッチオン。炊けたら混ぜれば、鮭の混ぜご飯の完成です。

たとえば、朝ごはんではそのままいただき、お弁当ではチャーハンにすることも。すでに具(鮭)が入っているので、簡単にチャーハンを作ることができます。



ほかのアレンジとしては、クリームリゾットも。鍋に鮭ごはんと牛乳、ゆでた青菜を入れて煮、コンソメと塩、粉チーズで味付けをすればできあがり。

また、鮭ごはんが炊き上がったら、細かく刻んだカブの葉を混ぜ合わせると、色合いがきれいになります。カブの葉は生で食べられるので、生のまま混ぜ込んでOK。

カブの葉の部分はビタミン類が非常に豊富に含まれ、カブの根よりも栄養価が高い一方、使い勝手があまり良くないという声を聞くことがあります。

「余ったカブの葉、どうしよう?」という場合は、この鮭ごはんに限らず、味がついているごはんに混ぜると消費しやすいですよ。

■朝ごはんやお弁当に、入れるだけ鮭ごはん

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子



<材料(作りやすい分量)>
米 2合
塩鮭 2切れ

<作り方>
1、洗って浸水させた米を炊飯器に入れ、通常通りの水加減をする。

2、塩鮭をのせ、炊飯する。



3、骨と皮をとり、混ぜ合わせる。

お弁当にもひとりランチにも、お子様の捕食としてもGOODなレシピです!ぜひお試しください。

※炊飯器の機種によっては米の炊飯以外の使用を禁じているものもあります。詳しくは、取扱説明書をチェックしてください。

(長 有里子)

オリジナルサイトで読む