1. トップ
  2. レシピ
  3. おやつタイムのかわいいお供に♪西武柳沢のお菓子屋さん「ビスケッタ」

おやつタイムのかわいいお供に♪西武柳沢のお菓子屋さん「ビスケッタ」

  • 2015.3.17
  • 6487 views

「Biscuitta(ビスケッタ)」は西東京市保谷町にある小さな焼き菓子専門店です。体にやさしくておいしいオリジナルのビスケットやケーキを求めて、多くの人が訪れています。

はじまりは焼き菓子の移動販売から

西武新宿線の西武柳沢駅北口から歩いて3分。小さな個人店が並ぶ柳沢北口商店街に、焼き菓子専門店の「ビスケッタ」はあります。

オープンしたのは2013年。もともと吉祥寺で焼き菓子の移動販売をしていた、ときわさんとつねおかさんのお店です。現在の場所に店舗を構えたのは、知り合いの自家焙煎珈琲店「百豆」のオーナーから、「柳沢に空き物件があるよ」と教えられたのがきっかけだったそうです。

体にやさしい材料で作るお菓子

こぢんまりとした店内には、ビスケットやロールケーキがずらりと並んでいます。おふたりが一番心がけていることは、安心して食べられるお菓子を作ること。小麦粉や砂糖、乳製品などは、できるだけ体に安全なものを選んでいるそうです。また保存料や添加物などを一切使わず、フルーツピールやジャムもすべて手作りで仕上げています。

バラエティー豊富なお菓子の数々

お菓子は常時12種類ほどが用意されています。おすすめは、記事冒頭で紹介したかわいいやぎの形の「やぎサブレ」(親180円、子110円)。地名の柳沢(やぎさわ)にちなんで作られた焼き菓子で、さっくりとした食感を楽しめます。

ほかにはロールケーキやマフィンもあります。マスカルポーネ入りの生クリームがたまらない「やぎさわロール」(330円)をはじめ、アルゼンチン産のはちみつをたっぷり使った「はちみつのパウンドケーキ」(260円)、その日に仕入れた旬の果物や野菜を生かして作る、日替わりの「焼き立てマフィン」(260円)など、どれも試したくなるものばかりです。

知り合いの作家がつくるクッキーなども販売

「ビスケッタ」では、アイシングクッキー作家のトリゴエカナさんがつくったクッキー(320円~)や、現在は休業しているお隣「百豆」の「珈琲豆」(600円~)など、ほかではなかなか手に入らない素敵なものも販売しています。

お店には通販サイトがあるので、お菓子のお取り寄せもできます。いろいろな焼き菓子の詰め合わせが用意されているので、友達や家族への贈り物にも喜ばれそうです。気になる人はぜひホームページをチェックしてみてくださいね。