1. トップ
  2. メイク
  3. 大人女子におすすめ♡絶対かわいくなれるメイクの小技

大人女子におすすめ♡絶対かわいくなれるメイクの小技

  • 2019.4.1
  • 8029 views

ツヤのポイントを注意して見極める

ツヤのポイントを注意して見極める
出典:GODMake.

濡れたようなツヤ感のあるハイライトを入れたメイクがトレンドを博していますが、大人女子はハイライト選びを間違えると逆に疲れた印象になってしまうことも。ただやみくもにトレンドのハイライトを入れるのではなく、ちょうどいいさじ加減のハイライトを取り入れるように意識しましょう。

簡単に上品なツヤを出せるハイライトを入れるポイントは、以下の5ポイント。これらの部分にナチュラルにハイライトを足すことで、自然なみずみずしさを手に入れられるはず。

鼻の根元

鼻の根元にハイライトを入れると、女性らしい求心的な表情を作り出せます。縦長に入れすぎてしまうと、光の効果で面長な印象に見えてしまうかもしれないので、ピンポイントで入れられるように意識しましょう。鼻の根元に小さな丸を描くようにハイライトを入れて、部分的に光を取り入れましょう。

鼻頭

鼻頭に少しハイライトを入れると、お鼻がツンと上向きかつ短く見せる印象にできます。お顔全体が明るく、若々しい印象に仕上がります。鼻頭の一番高い部分に、ピンポイントで光を足しましょう。

目頭

目頭にハイライトをのせると、左右の目の距離感をキュッと近づける視覚的な効果があります。瞳に光を与えるような効果も得られるので、印象的なまなざしを演出できますよ。

ほっぺの高い部分

ほっぺの高い位置にハイライトを入れると、お顔全体の明るさやフレッシュさを作り出すことができます。お顔に立体感やメリハリを与えるためにも、ほっぺの高い位置やCゾーンにハイライトを入れて、明るい印象に仕上げてみましょう。

上唇の山の部分

上唇の山になっている部分を縁取るようにハイライトを入れると、自然に鼻と唇の距離を近づけることができます。ここの部分の距離が近いと、小動物のような愛らしいかわいさを演出できます。さらに、唇の輪郭も整って見えるのでぜひ挑戦してみてください。

ほうれい線を上手にカバーするテクニック

ほうれい線を上手にカバーするテクニック
出典:GODMake.

年齢を重ねるごとに気になり始めるほうれい線。気になるライン全部にコンシーラーをのせてしまうと、白浮きして逆に目立ってしまいますよね。ナチュラルにカバーするなら、ほうれい線の始まる鼻の根元部分のみを隠す方法がおすすめです。ここをカバーするだけで、小鼻まわりの赤みや毛穴などのトラブルもおさえられるので、メリットだらけです。

ほうれい線をカバーするときのコンシーラーは、お肌の色よりもワントーン明るくなるようなカラーを選ぶのがおすすめです。何色かカラーを混ぜられるような、数色入ったコンシーラーパレットがひとつあると便利ですよ。

チークでかわいさを格上げするテクニック

チークでかわいさを格上げするテクニック
出典:GODMake.

大人女子におすすめのチークの使い方は、発色の異なるチークを2色重ねて、ほっぺの位置を上げてみるテクニック。ほっぺの位置が上がると、それだけで若々しくピュアな印象を手に入れられるんです。

まず、お肌に馴染みやすい色味をベースチークとして頬骨に沿わせて横長にのせましょう。そこから、一番ほっぺに高さを出したい部分に明るいカラーのチークを重ねてみてください。2色のチークを重ねて濃淡を作ることで、お顔が立体的でふっくらとした雰囲気に仕上がります。

チークが乗っている部分までをほっぺの範囲として認識してしまうので、鼻から下にはチークをのせないことをおすすめします。この部分にチークをのせてしまうと。顔が下がって見えてしまい、お顔も大きく見えてしまうので注意しましょう。

リップライナーでふっくら唇を手に入れる

リップライナーでふっくら唇を手に入れる
出典:GODMake.

唇がもともと薄かったり、唇の輪郭が年を重ねるごとにしぼんできていたり、ぼやけている場合はリップライナーを活用しましょう。自身の唇の色と馴染みやすいカラーを使って、ふっくらとした唇に仕上げましょう。

唇の輪郭は、意外とオーバーに描いても違和感を感じにくい部分。もともと唇が薄めの方は、2倍程度オーバーにふっくらとしたリップラインを描いて、ふくよかな唇に仕上がるよう補正していきましょう。

洗練された大人女子にぴったりのテクニックを取り入れて

洗練された大人女子にぴったりのテクニックを取り入れて
出典:GODMake.

トレンドの移り変わりの激しい、メイクやコスメの世界。自分自身の年齢やお肌の状態、ファッションやその日の気分など、女性はさまざまな要因と折り合いをつけながらTPOに合わせたメイクをしなければいけないシーンが多いはず。

大人女子にもぴったりな、洗練された雰囲気を活かしつつ、仕上がりをレベルアップできる、大人女子のためのメイクテクニックにぜひチャレンジしてみてください。

元記事で読む