1. トップ
  2. ファッション
  3. 時を刻む銘品。《カルティエ》のヴィンテージウォッチ【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】

時を刻む銘品。《カルティエ》のヴィンテージウォッチ【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】

  • 2019.3.31
  • 1206 views
時を刻む銘品。《カルティエ》のヴィンテージウォッチ【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】
出典 FUDGE.jp
時を刻む銘品。《カルティエ》のヴィンテージウォッチ【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】
出典 FUDGE.jp

 

1917年に《Cartier (カルティエ)》から誕生した、伝説的なウォッチ「タンク」。第一次世界大戦の終結を決定づけ、再びヨーロッパに平穏な日々をもたらした平和の象徴である戦車=タンクをモチーフにしたことから、「タンク」と名付けられました。100年以上経ったいまも、変わらずに作り続けているプロダクトはほかに例がなく、まさに歴史的名作です。

 

魅力は、なんといってもデザイン。時計が懐中時計から腕時計へと移行していった時代に生まれました。腕時計は第一次世界大戦で戦う兵士たちが、懐中時計を出し入れする煩わしさを軽減するために、腕に巻きつけたのがはじまりだとか。「タンク」は、それまでの腕時計が懐中時計の単純な改造であったのに対し、懐中時計とはまったく違う”腕時計のかたち”を創造した、と言われています。そして、新しい時代の芸術である「アール・デコ」デザインであることも忘れてはなりません。この小さな腕時計には自由さと大人のエレガンス、そして性別を越えた世界が広がっているようです。

 

写真は、カルティエが1970年代から2000年代の頭まで展開していた「must de Cartier」、通称マストシリーズ。シルバー925をベースとしながら主に20ミクロンの厚い金張りを施す「ヴェルメイユ」という手法を採用することで、価格を抑えた廉価版ラインとして展開していました。もちろん価格が抑えめ、以外にも、全体的に丸みのあるかわいらしいフォルム、バリエーション豊富な文字盤など魅力は満載。生産が終了したシリーズながらいまだに高い人気を誇っています。

 

著名な芸術家やデザイナー、王妃までも魅了してきた《カルティエ》の「タンク」。一生モノを手に入れるなら、ぜひ名作を手元に。

 

 

ヴィンテージ時計¥238000/Cartier(コンティニュエ日本橋)

 

【お問い合わせ先】

コンティニュエ日本橋 03-6281-9078

 

 

自由におしゃれを楽しむフレンチスタイルは、私たちの永遠の憧れ。どこか甘くて、それでいてシック、細部に漂う伝統的な香りづけも巧みです。そこで今月の【アクセサリークリップス】は“フレンチブランド”に注目!ブランドのアイコンからニューフェイスまで、魅力溢れるアイテムを集めました。どうぞお楽しみください。

 

 

photograph_Shimizu Kengo

styling_Sawada Miyuki

text_Shimaoka Minako

 

 

元記事で読む