1. トップ
  2. 恋愛
  3. 息子が胃腸炎で苦しむ中、義両親の襲来! お願いだから空気を読んで!(前編)【息子愛が止まらない!! 第9話】

息子が胃腸炎で苦しむ中、義両親の襲来! お願いだから空気を読んで!(前編)【息子愛が止まらない!! 第9話】

  • 2019.3.27
  • 163086 views

こんにちは! ねここあんな。です!

今回はわが家の愛息子きっくんが、初めてウイルス性胃腸炎になったときのお話です。

実はこの出来事、今年の2月上旬に起きた最近の出来事なのです。

■2歳の誕生日を目前にして、突然の嘔吐!

だいぶ免疫も付いてきたのか、息子も最近はひどい風邪をひくことなく、暖かい季節を迎えようとしていました。

ところが、なんだか小食気味だったある晩のことです。

今日はもう眠いのかな、なんて思っていました。

夜9時ユラユラ寝かしつけてみると、めずらしくなんだかうとうと。



このとき、二回吐きました。

ここで真っ先に浮かんだことは、この吐き方…ウィルス性胃腸炎かもしれない。



汚物は乾くと菌が飛散すると聞いたことがあったので、私と息子は洋服を着たままシャワーを浴びて汚物を流してから脱ぎました。(その後全身洗って、排水溝にたまったものもビニール袋へ)

ちなみに汚れた衣服は、明日の洗濯機を回すまではお風呂場に置いて隔離。

夫はありがたいことにリビングのカーペットや、床、オモチャなどをキレイにしてくれました。(すべてティッシュなどでふいて、袋に入れて捨てる。タオルなどは使わずに)

手を洗った後のシンクにも塩素系の台所用スプレーで菌をシャットアウト!

そして市販のノロ対策専用スプレーで菌を攻撃し、ひとまず落ち着きました。

かと思えば一息ついたのもつかの間、また吐くのでビニール袋でキャッチしました。

■翌日の誕生日会は急きょ延期に

翌日はきっくんの誕生日を祝うために義両親が来ることになっていましたが、こんな状況ですので誕生日会は延期にすることに。

まだ21時頃だったのもあり、夫から連絡を入れてもらいました。



その晩はきっくんの体調が心配なのと、「いつ吐かれるか」の恐怖や「汚れる心配」などを抱え、ちっとも眠れませんでした。

深夜2時頃にも一度吐いたので、義両親との約束は延期にして本当に良かったなあと思っていました。



翌朝、寝不足で遅くに起きた私。



そんなにわたしたいのならイチゴ送れよおおおおおおおお!!!!
っていうか夫そこはことわれよおおおおおお!!!!!


と思わず心の中で叫びました。

ちなみにイチゴはひとつずつ緩衝材に並べられたものではないため、打ち身の心配を懸念して宅配業者さんに配送は断られたんだとか。



イチゴさんごめんなさい…。
お義父さんたちも、こんなこと思う嫁でごめんなさい…。

それぐらいその日は睡眠不足もあり、ひたすらツライ思いだったんです。

トドメは夫のこの発言です。



夫が二日酔いになったら、私の両親を家に呼ぼうかと思いました。



■義両親来訪。さらなる展開に真っ青に…!

何もわかっていない夫。

マイペースすぎるお義父さん。

同じ母でありながらも来るという決断をしたお義母さん。

…四面楚歌状態です。


昼過ぎに来た二人をとりあえずお迎えしました。もちろん元気のないきっくんに一緒に遊ぶ余裕などありませんでした。

辛そうなきっくんは眠りたいと私にすがってくるので、二階の寝室で寝かしつけをしました。

でも大好きなおっぱいを飲むこともなく、ぐったりと眠りに落ちる姿を見て、息子の体調が心配だし、私も寝不足だし、今一緒に眠りたいなぁと思うのですが…

もちろんそんなこともできず、一階に降りてお茶を飲んだりしました。

日が暮れそうな頃、そろそろ帰ろうとする義母に、まさかの夫がかけた言葉とは。。。



おおおおおおおおおおおおおいいいいいいいいい!!!!!!!

義母は最後まで悪そうに断ってくれましたが、なんせ夫がしつこく誘うので「じゃぁ泊まろうか」という流れに。

義父は泊まるための寝間着なんかも実はすでに用意していて、言葉が出ませんでした。


たしかに片道4時間かけてきた人に帰れとは言えません。私も「ぜひ」とニッコリしてしまうのでした…。(結局自分も悪い)

ちなみに最後まで遠慮してくれていた義母に対しては、さすが味方だなぁと思いました。

…この時までは。

さてどんな夜が待っていたのでしょうか…?

(次回に続きます)

(ねここあんな。)

元記事で読む
の記事をもっとみる