1. トップ
  2. グルメ
  3. お花見の帰りにも!祇園あるきのお楽しみ、抹茶パフェのある和カフェ5選

お花見の帰りにも!祇園あるきのお楽しみ、抹茶パフェのある和カフェ5選

  • 2019.3.25
  • 8294 views

うららかな陽気が続き、桜も開花し始めました。京の町も優しいピンク色に包まれ、お花見も楽しい季節です。 京都に来たならぜひ味わいたいのは、和のスイーツ。なかでも抹茶味が気になりますよね。今回は、今回は円山公園や琵琶湖疎水沿いのお花見の後にもおすすめの、祇園エリアで抹茶パフェがいただけるお店をピックアップしました。春の京都旅を満喫してくださいね。

お花見の帰りにも!祇園あるきのお楽しみ、抹茶パフェのある和カフェ5選
お花見の帰りにも!祇園あるきのお楽しみ、抹茶パフェのある和カフェ5選
桜を眺めながらひと休み。「無碍山房 Salon de Muge」
お花見の帰りにも!祇園あるきのお楽しみ、抹茶パフェのある和カフェ5選
「無碍山房 濃い抹茶パフェとコーヒーのセット」(2000円、パフェ単品は1300円)

老舗料亭として知られる「菊乃井」のお隣のカフェ、「無碍山房 Salon de Muge(むげさんぼう サロン ド ムゲ)」。ガラス越しの庭に昔からある桜の古木を眺めながら、くつろげるお店です。

こちらで人気のデザートは、「無碍山房 濃い抹茶パフェ」。京都の老舗茶商から取り寄せた宇治抹茶を使い、本店の板前さんがひとつひとつ丁寧につくっています。飲むお抹茶の4倍の濃厚な抹茶アイスやゼリーは、濃くてもさっぱりと食べられる上品な味わいです。

季節の移ろいを映す和菓子のようなパフェ。「金の百合亭」

窓際のカウンターから、八坂神社の鮮やかな朱色の門を眺めることができる「金の百合亭」。和菓子のように季節の移ろいを映すオリジナルパフェは、根強いファンが多い看板メニュー。

「季節の抹茶パフェ」は、春の桜、初夏の紫陽花、夏の朝顔など、季節の花を生菓子で使われる「練り切り」であしらっています。デコレーションにも和菓子の要素を盛り込み、どの季節にきても見た目も味わいも楽しめます。

祇園を見晴らすお寺カフェ「SLOW JET COFFEE 高台寺」
お花見の帰りにも!祇園あるきのお楽しみ、抹茶パフェのある和カフェ5選
「抹茶パフェ」(850円)、「高台寺ブレンド」(430円)

東山で400年もの歴史を紡ぐ「高台寺」の境内で、本格的な自家焙煎コーヒーやスイーツが堪能できるカフェ「SLOW JET COFFEE 高台寺(スロー ジェット コーヒー こうだいじ)」。
高台にあるので、東山のシンボル・八坂の塔を据えた風情ある街並みが望め、八坂の塔の後ろに京都タワーも見ることができます。

自家焙煎コーヒーと好相性の「抹茶パフェ」は、老舗・一保堂茶舗の抹茶をふんだんに使ったゼリーやわらび餅など、さまざまな食感を楽しめますよ。

老舗の飴屋さんがつくる甘味に舌鼓。「祇園小石」

八坂神社の近くにある「祇園小石」は、創業七十余年の飴屋さん。伝統の製法で作られる和テイストのなめらかな飴や、季節ごとに登場する歳時記を映した飴など、おみやげにも人気の飴を販売しています。

ショップに併設された甘味処では、定番甘味のあんみつやパフェがそろいます。お店の独自の黒糖みつを使ったメニューをじっくり味わって。

高級旅館の味わいを手軽にいただける「OKU」

京阪祇園四条駅から歩くこと約8分。「OKU(オク)」は、京都の奥座敷・鞍馬にある料理旅館「美山荘」の主人が手掛ける和バルです。美山の新鮮な食材を使った体に優しい野菜が主役のランチやディナー、スイーツが味わえます。

スイーツにも、京丹波の牛乳や卵、宇治の抹茶、京番茶など京都をはじめ国産の質の良い材料が使われています。こちらの「抹茶パフェ」には、一保堂の煎り番茶がついているのも嬉しいですね。

*****
いかがでしたか?
今回は、京都・祇園周辺で行きたい抹茶パフェがいただけるお店をまとめてご紹介しました。
営業時間、定休日などの最新情報は、各施設に確認してからおでかけしてくださいね。

元記事で読む