1. トップ
  2. レシピ
  3. 彼へ初めて手料理を作るとき、準備しておくべき大切なこと3つ

彼へ初めて手料理を作るとき、準備しておくべき大切なこと3つ

  • 2015.3.16
  • 5083 views

彼に初めて手料理を作ってあげる時ってドキドキしますよね。料理が得意な人は「腕の見せどころ! ポイントアップ!」とワクワクして料理ができますが、逆に料理が苦手な人は「喜んで欲しいけれど…」なんて沈み込んでしまうこともあるかもしれません。

料理が得意な人も苦手な人も、まずは彼の喜ぶポイントを押さえることから始めましょう。今回は、男性に手作り料理を喜んでもらうための下準備についていくつかご紹介します。

■1.自分の得意料理ではなく、彼の気分を優先する

自分が得意な料理ばかりを作って彼の目の前にずらっと並べ、「どう!嬉しいでしょう!」と満足している人はいないでしょうか。彼の意向を何も聞かずに作りすぎてしまうと、「今日はさっぱりしたものが食べたかったのにドリアとシチューか…」なんて彼に思われてしまうかもしれません。そうなるとお互い不幸ですよね。

■2.彼の好きな料理はあらかじめリサーチ

「わたしはこの料理が得意だから、これを絶対に食べてもらいたいんだ!」やっぱり食べてもらうんだったら一番に自分の得意料理は食べてもらいたいですよね。その考え方はもっともです。でも残念ながら人には食べ物の好みがあります。出てきた料理が苦手なものなら、いくらそれを作った人が好きな人でも「うっ」となってしまいます。

あと、「男性と言えば家庭料理を作れば喜ぶ」と先入観を持って出汁の効いた煮物なんかを作るのもよくありません。やっぱり好きなものをあらかじめ聞いておいて、それを作ってあげるのが一番です。

■3.苦手な人は愛情でカバー!何とか頑張って食べられる料理を

「料理ができない」という短所は男性にプラスに働くことはめったにありません。やっぱりどちらかといえば、料理ができる子に越したことはない、というのが男性の本音です。

でも、苦手でも苦手なりに頑張って作れば想いはきっと伝わります。最初から諦めずに、彼のことを思って猛練習してみてください。その姿に彼はきっと心を打たれると思いますし、料理の隠れた才能が開花するかもしれません。

いかがでしたでしょうか。今回は意外と見落としてしまいがちな注意ポイントを挙げてみました。大きくはずしさえしなければ、手料理は必ず喜んでもらえます。何よりも、「彼のために」ということを忘れずに、愛情を込めて作ってあげてくださいね。

(畑中 へそ)