1. トップ
  2. レシピ
  3. 男が「うまい!」と唸る…豚バラがヤバい~『絶品どんぶり』レシピ

男が「うまい!」と唸る…豚バラがヤバい~『絶品どんぶり』レシピ

  • 2019.3.20
  • 1967 views

連載第110回目は、中華の定番メニュー、”回鍋肉”をご飯に盛って丼にしちゃいます! キャベツが最もおいしい春のキャベツをたっぷり使った回鍋肉丼。調味料はすごくシンプルなので一度覚えちゃえば市販のたれに頼らずお好みの味に仕上げることができます。中華はハードル高そうかなと思えて実はすっごくシンプル! ぜひご自宅で作ってみてはいかがでしょうか

『回鍋肉丼』

【旬を味わう 美人レシピ】vol. 110

旬食材は、キャベツ!

今回の旬食材はキャベツ! 旬は春、夏、冬と3回あり、春キャベツは3~5月、夏キャベツは7~8月、冬キャベツは1~3月ごろに旬を迎えます。なかでも春キャベツは水分を多く含み、甘くてやわらかいため、生でもおいしくいただけます

そんなキャベツは、女性に嬉しいビタミンCが豊富に含まれていて、メラニンの生成を抑える働きや、コラーゲンの生成を促してくれ、美肌効果が期待できます。また、抗酸化作用もあるのでアンチエイジング効果も期待できます!

甘くてやわらかくて生でもおいしい、春キャベツ これから暑くなる季節に備えて、美肌を目指して積極的に摂り入れたい食材ですね。ぜひ旬のおいしさを味わってみてはいかがでしょうか!

材料はこちら!

【材料(二人分)】

・豚バラ肉 :150g
・塩 :ひとつまみ
・コショウ :少々
・キャベツ :1/4個
・ピーマン :1個
・赤パプリカ :1/2個
・長ネギ :1/2本
・きくらげ :6枚
・ニンニク :1かけ
・ショウガ :1かけ
・ゴマ油 :大さじ1
・豆板醤 :小さじ1/2~ ※量はお好みで調節してください。

(調味料)
・甜面醤 :小さじ2
・きび砂糖 :大さじ1/2
・酒 :大さじ2
・片栗粉 :ひとつまみ

(仕上げ用)
・卵黄(お好みで) :2個

まず、下準備を始めます。~その1:調味料をあらかじめ合わせます。

甜面醤ときび砂糖、酒、片栗粉を小さめのボウルでよく混ぜ合わせ、合わせておきます。

まず、下準備を始めます。~その2:きくらげをお湯で戻します。

きくらげはお湯に浸し、戻します。

まず、下準備を始めます。~その3:キャベツと長ネギを切ります。

キャベツはひと口大に切りわけ、固い芯の部分は千切りにします。
長ネギは1㎝幅の斜め切りにします。

まず、下準備を始めます。~その4:ピーマンとパプリカ、きくらげ、ショウガ、ニンニクを切ります。

ピーマンとパプリカは乱切りにします。
きくらげは大きい場合は半分の大きさに切ります。
ショウガとニンニクはみじん切りにします。

まず、下準備を始めます。~その5:豚バラ肉をひと口大に切ります。

豚バラ肉はひと口大の大きさに切りわけます。

では、作ります! フライパンまたは中華鍋に油を加えニンニクとショウガも加え火にかけます。

フライパンまたは中華鍋にごま油を加え、ニンニクとショウガを加えます。
中火にかけ、ニンニクとショウガから香りを引き出します。

豆板醤を加えます。

ニンニクとショウガから香りが出てきたら豆板醤を加え一緒に炒めます。

豚バラ肉を加えます。

豚肉を加え、塩コショウをし強火で炒めます。

キャベツを加えます。

豚肉に7割方火が通ったところで豚肉を端に寄せ、キャベツを加えます。

一緒に炒め合わせます。

豚肉とキャベツを一緒に炒めます。

ピーマンとパプリカ、きくらげ、長ネギも加えます。

ピーマンとパウリカ、きくらげ、長ネギも加え一気に手早く炒めます。

調味料を加え炒め合わせます。

あらかじめ混ぜ合わせておいた調味料を加え手早く炒め合わせます。

器に温かいご飯を盛り回鍋肉を盛り付けます。

器に温かいご飯を盛り回鍋肉を盛り付けます。

仕上げに中央に卵黄を添えます。

お好みで仕上げに中央に卵黄を添えます。

おいしさのアレンジポイント

甜面醤の代わりに味噌を加えてもおいしく仕上がります。
豆板醤の量はお好みで調整してください。

豚バラ肉の代わりにそぎ切りにした鶏むね肉で作るのもおすすめです!

元記事で読む