1. トップ
  2. 恋愛
  3. 効果抜群!女子力を上げるあやまりLINEの上手な使い方

効果抜群!女子力を上げるあやまりLINEの上手な使い方

  • 2019.3.20
  • 11037 views

キレやすい彼を持つと、気づけばいつもあやまっているってことありますよね?

彼が短気で怒りっぽいのは正確なので仕方がないかもしれません。ですが、いつもいつもあやまってばかりだと、あやまるほうもストレスが溜まります。

そこで、ここでは謝ったあと、彼に少し考えさせる、効果的なあやまりLINEの使い方を考えてみましょう。

ごめんのあとのチクリと反撃

キレやすい彼の中には、あなたがあやまってばかりいることにストレスを抱えているという状況に気づかない人もいます。

そんな彼に、いつもした手に出ているとそれが当たり前になってしまうことも。時にはチクリと反撃に出ることも必要です。LINEのスタンプを使うことでソフトに相手に伝えることができるでしょう。

その時大切なのは、何に対して悪かったと思いごめんとあやまったのか、何に対してチクリと反撃したい気持ちがあるのかということをしっかり分けることです。

例えば、「せっかくのデートに不用意な言葉で怒らせてしまってごめんね」と謝りながらも、「でも、ちょっと口が滑っただけなのに、そんなに怒らなくてもいいと思う」と自分の納得できない思いはしっかりぶつけてみましょう。

しっかり分けることで、彼にも客観的に自分自身を見つめてもらうことができます。これを混同してしまうと、怒っている彼には火に油を注ぐようなもの。ますます怒りに火がついてしまうでしょう。

ごめんのあとに泣いてみせる

涙は女の武器です。彼が激しく怒っているようなら、特には泣いて見せるといいでしょう。LINEの泣いているスタンプを送るだけでも効果的です。

彼はあなたの意外な行動にびっくりして、一瞬冷静になるかもしれません。冷静になれば怒りに対して、ちょっと言い過ぎたかなという反省も促せます。

怒っている人は、怒りに任せて様々なものを巻き込んで、さらに怒りを燃えたぎらせるものです。こんな時に一緒に怒ったら逆効果。売り言葉に買い言葉で、どんどん怒りはエスカレートしてしまいます。

それなら、いっそのこと、泣いて見せて、彼の心を鎮めさせるほうがずっと効果的です。女の涙に彼も深く反省するかもしれませんね。

ごめんのあとのポジティブ返し

つまらないことに切れて怒っている彼に対して、真っ向から立ち向かっているとあなたも疲れてくるでしょう。そこで、そんな時は、ごめんと謝っておきつつ、ポジティブな楽しい話題を振ってみましょう。

怒りに真っ向勝負すれば、どうしても怒りに打ち勝たなくてはなりません。ですが、適当に流しておけば相手もぶつける先がないので、そのうち怒りにくべる薪がなくなってしまいます。

あなたが彼の怒りに付き合わないことで、彼の怒りも長く続かなくなってくるかもしれません。明るい話題を聞いているうちに我に返り、つまらないことで怒っていたなと気づくきっかけになるかもしれませんね。

まとめ

キレやすい彼は性格だからとあきらめず、客観的に怒りやすいということを気づかせることが大事です。

いつも謝っているばかりでなく、たまには今回ご紹介した切り返しを試してみてください。

きっと、対等な関係になれますよ。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む