もっと広く、快適なキッチンにしたい!使い勝手を良くするキッチン収納のコツ

食器や調味料、キッチンツールなど、日々増える雑貨でキッチンが手狭になってしまってお困りの人はいらっしゃいますか?

そんなお悩みを解消するために、今回は使い勝手良く、省スペースにつながるキッチン収納のコツをご紹介していきます。

キッチンを広く、使い勝手良くしたいという人は、ぜひご覧になってください。

同じ種類のものは一か所にまとめる

食器類は同じ種類・サイズでまとめる

食器棚にお皿などを収納する場合、基本的に同じ種類のものをまとめて収納するのがベストです。

こちらの例では、食器棚の限られたスペースを有効利用するために、大きさごとにまとめて収納しています。

また、大皿などの収納は、ファイルボックスなどをインナーボックスとして活用することで、より整理整頓しやすくなります。

こちらの収納例では、口が斜めになっているファイルボックスを利用することで、どの皿がどこに入っているのかすぐ見分けられ、取り出せるようにしています。

フライパン収納は仕切りを使って区分けする

フライパンやお鍋などはコンロ周辺にまとめておくことで、探す手間が省け、調理の時にすぐに使えるようになります。

その際、仕切りを設置しておくことで、調理器具をスムーズに取り出せるだけでなく、引き出しの空いたスペースを調味料収納にも使えるようになります。

こちらの収納例では、コンロ下の引き出しに「CAINZ(カインズ)」のSkitto(スキット)をインナーボックスとして使用しています。

また、Skittoだと汚れたときに楽に洗浄できるので、常に清潔な状態を保つことができます。

調味料は種類によって置く場所を決めておく

調味料は、種類ごとにまとめつつ置く場所を上下にそれぞれ定めることで、より使い勝手の良い調味料収納にすることが可能です。

こちらの収納例では、ホールタイプの調味料は上に、オリーブオイルや酢などは下に置くことで、どの調味料がどこにあるのか分かりやすくしています。

カトラリーやツール類収納は、インナーボックスを活用

トレーを使って区分けすることで、引き出し内を有効利用できる

キッチンツールやカトラリー類を食器棚などの引き出しに収納したい時は、トレー類をインナーボックスにすることで整理整頓しやすくすることができます。

こちらの収納例では、仕切りのついた木のカトラリートレーとバスケットを使うことで、お箸やフォーク、ピーラーなどがどこにあるのか分かりやすくしています。

こちらの収納例では、「セリア」のカトレケースをインナーボックスとして使用し、スプーンやお箸などの収納を使いやすくしています。

カトレケースはシンプルなデザインなので、食器棚などの引き出しにシンデレラフィットしやすく、しかも揃えやすいのが魅力です。

同じく「セリア」のイノマタシリーズは、細長いトレーにスリットが付いていて、仕切り板を移動させることで好きなサイズに自在に調節することが可能です。

そのため、こちらの収納例のように、箸と箸置き、スプーンと小さいスプーンなど、2種類のカトラリーを同じトレーに収納することができます。

こちらの収納例では、上段は「ケユカ」のカトラリーケース、下段には「無印良品」のPPメイクボックスを重ねて2段にして収納スペースを作っています。

このように、かさばりにくい収納ケースを重ねて使うことで、限られた引き出しのスペースを有効活用することができます。

「セリア」のタワーペンスタンドは、サインペンなどの文房具収納だけでなく、こちらの収納例のようにフォークやナイフなどのカトラリー収納にも転用できます。

また、引き出しの空いたスペースは、「ニトリ」のブラン整理トレーを置いてお箸やピーラーなどの収納に活用しています。

箸立てなどを使う場合は、デザインも考慮する

カトラリーの収納をインテリアとして見せたい場合は、入れ物の素材やデザインにもこだわってみるとよいでしょう。

例えば、こちらのカトラリー収納は、キッチンの雰囲気に合わせて「市川商店」のおしぼりかごを利用し、ナチュラルな和の雰囲気をプラスしています。

調味料ボトルは同じデザインでまとめる

統一感を出すとともに、収納スペースの節約も兼ねる

調味料ボトルは、デザインに統一感を持たせることで見た目もスッキリとさせることができます。

こちらの例では、調味料を入れるボトルのデザインをそれぞれ統しています。

ラベルを付けることで見分けやすく、スッキリとした見やすい収納にするよう工夫していますね。

こちらの収納例では、サイズやデザインを種類ごとに分けて収納しています。

このように、調味料の種類ごとに使いやすいボトルを選ぶのも、使い勝手の良い調味料収納にするために重要です。

インテリアとしても楽しめる、調味料収納

「収納としての実用性だけでなく、インテリア性にもこだわりたい」場合は、こちらの収納例を参考にしてみてはいかがでしょうか。

乾物類をオシャレなレベル付きのレトロなボトルに入れることで、ノスタルジックな雑貨店風のディスプレイ収納に仕上げています。

こちらの収納例では、コンロ前の壁にウォールシェルフを設置し、調味料ボトルのデザインはシンプルかつスタイリッシュなものを利用しています。

こうすることで、調味料収納としての利便性を確保しつつ、オシャレなカフェ風のディスプレイとして楽しめるようにしています。

こちらの収納例では、「ダイソー」のぬの紙でデコパージュしたボトルを調味料収納に利用しています。

市松模様や青海波などの和風モチーフからはレトロかつ落ち着いた魅力が漂い、ナチュラルなキッチンに和の風情をプラスしています。

ネームラベルで整理整頓のしやすさUP!

分類しやすくなり、必要な雑貨をすぐに探しやすくする

調味料のボトルを統一した際は、ネームラベルを併用することで、より探しやすく、見つけやすくなります。

こちらの例では、コショウや七味などの調味料を「山崎実業」の調味料ボトルに移し替えた後、ネームラベルを貼り付け、どの調味料があるのか分かりやすくしています。

また、タッパーを使った乾物や調味料の収納にも、ネームラベルは大変便利です。

こちらの収納例では、のタッパーに乾燥ワカメなどの乾物をしまい、のラベルシールを使って分類することで、必要な時にすぐに探せるようにしています。

ラップやアルミホイルの収納をもっとスッキリとした見た目にしたい場合は、「無印良品」のPPラップケースがオススメです。

また、使用する場合はこちらのようにラベルを使うことで、ラップとアルミホイルの区別が付きやすくなります。

「乾物収納をもっと整理整頓しやすくしたい」ときは、こちらが参考になります。

食品や雑貨をストックしておくボックスに手作りのネームラベルを貼ることで、どこに何があるのか分かりやすく、使いたい時にすぐに取り出せるようにしています。

まとめ

キッチンの収納術のコツについていくつかご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

重要なのは、探す手間を省き、かつ無駄なスペースを生まないという点です。

今回のまとめを活かして、快適なキッチン作りにチャレンジしてみてくださいね。

元記事を読む
提供元: folkの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理