1. トップ
  2. 恋愛
  3. 会う回数を増やすと好きになってくれる?「単純接触効果」とは?

会う回数を増やすと好きになってくれる?「単純接触効果」とは?

  • 2019.3.5
  • 4719 views

気になる男性と距離を縮めたい時、さりげなくアピールしたいですよね。そんな時は単純接触効果を利用してみましょう。

単純接触効果とは

単純接触効果とは、心理学における法則のひとつです。会う回数を増やすことで、相手に興味を持ってもらいやすくなります。会う頻度が多ければ多いほど親近感が生まれやすくなるためです。恋愛においてとても効果的になります。

会う時間よりも会う回数を増やしましょう

単純接触効果において、会う時間よりも会う回数を増やした方が効果的です。例えば、週に一度長時間会うより、毎日短時間でも会うことで親近感が生まれやすくなります。もし毎日会うことが難しい場合は、出来るだけ短期間に集中して会えるようにスケジュールを調整してみるのも良いでしょう。

自分の存在をアピールしましょう

恋愛において単純接触効果を利用する時、ただ会っているだけではなかなか進歩はしません。もちろん、会う回数が増えることでお互い気になる存在になることは期待できますが、もっと距離を縮めるためにはアピールも必要となります。例えば、なかなか話しかけられない場合は、視線が合ったら軽く会釈をしてみると良い印象を持てます。ステップアップしたい場合は、軽い挨拶を交わすことも効果的です。

直接会わなくてもアピールを

単純接触効果を利用するにも、毎日会うことが難しかったり、なかなか話しかけられなかったりすることもあるでしょう。そんな時は、直接会わなくてもアピールすることが出来ます。テレビのコマーシャルや曲のように、直接会うことなくただ耳で聴いたり目で見るだけでも単純接触効果は生まれるのです。気になる男性の連絡先を知っているのならば、何気ないメールで自分の存在をアピールしたり電話をかけてみるのも良いでしょう。また、お互いSNSを利用している場合はSNSで繋がるのも効果的です。

元記事で読む