1. トップ
  2. 恋愛
  3. ヒットタイトル続々的中の“NEXTブレイク漫画RANKING”今回の第1位は?

ヒットタイトル続々的中の“NEXTブレイク漫画RANKING”今回の第1位は?

  • 2014.7.18
  • 389 views

 KADOKAWA エンターブレイン ブランドカンパニーが、7月19日に発売するインドアエンタメ総合誌「エンタミクス9月号」にて、全国3000店の書店員の投票による“NEXTブレイク漫画RANKING BEST50”が発表される。

“NEXTブレイク漫画RANKING BEST50”は「エンタミクス」誌上で2年に一度行われている人気企画。全国3000店の書店を対象に既刊3巻以内で今後ブレイク必至と思われる作品を推薦、ランキング形式で発表するというもの。歴代の上位にランクインした作品は、「もやしもん」、「聖☆おにいさん」、「テルマエ・ロマエ」、「進撃の巨人」など、今ではヒットタイトルとなっているものばかりとなっている。

今回の第1位には、「月刊YOU」にて連載中の「高台家の人々」(森本梢子)が選出された。人の心が読めるテレパスの能力を持つ高台家の人々と、妄想が趣味な地味系OL木絵の不可思議ラブ・コメディだ。「予測できない空想劇をもっと読みたい」と書店員からの熱烈な支持を獲得した。

以下、2位「魔法使いの嫁」(ヤマザキコレ マッグガーデン)、3位「累」(松浦だるま 講談社)、4位「スピリットサークル」(水上悟志 少年画報社)、5位「磯部磯兵衛物語 ~浮世はつらいよ~」(仲間りょう 集英社)と続く。

第2位の「魔法使いの嫁」は人外の魔法使いエリアスと、エリアスに買われた身寄りもなく生きる希望もない少女チセの物語。第3位は「イブニング」(講談社)にて連載中の「累 –かさね-」。エンタミクスの前身「オトナファミ」の特集“コレ読んで漫画ランキング2013”でも10位にランクインした注目作だ。

誌面では、作品詳細、ランクインの決め手となったポイント、書店員さんの声や受賞インタビューなどを交えて記事展開している。また、「キャラクター」、「NEXTブレイク作品を生み出しそうな漫画雑誌」、「漫画家」など各部門BEST10を同時に掲載し、充実した内容となっている。

今回のランキングでは、トップ10にランクインしている作品中、8作品が女性作家の作品で、特に少年誌・青年誌に連載中の女性作家作品が多くを占める傾向が見られた。次のヒット作はこの中から生まれること間違いなし!?詳細が気になるという方は、ぜひ「エンタミクス」最新号をチェックしてみて。

元記事を読む