「牛蒡」=ぎゅうぼう?「胡瓜」=こうり?意外と読めない食材の漢字5つ

スーパーでは、ひらがな・カタカナ表記で売られていることが多い食材。

漢字にすると正しく読めますか?

今回は、読めそうで読めない食材を5つご紹介します。

 

(1)「牛蒡」

食物繊維が豊富で、サラダなどにも使われる「牛蒡」。

煮物や炊き込みご飯など、和食には欠かせない食材です。

「牛蒡」の正しい読み方は……

 

「ごぼう」です。

漢字の印象からは名前がなかなか想像しにくいため、読めない人が多いのでしょう。

(2)「菠薐草」

鉄分を多く含む食材で、和え物やおひたし、ポタージュスープなどさまざまな料理に使われています。

そんな「菠薐草」の正しい読み方は……

 

「ほうれんそう」です。

ちなみに「法連草」という漢字表記もありますが、「菠薐草」も「法蓮草」もどちらも正しい表記とされているそうです。

(3)「辣韮」

「辣韮」は、独特のにおいとピリっとした辛味が特徴的な食材です。

スーパーなどで売られているものの多くは甘酢漬けで、生の「辣韭」はそれほど流通していないと言います。

栄養価が高く、“畑の薬”とも呼ばれているそう。

もうピンときた方もいるでしょうか。「辣韭」の正しい読み方は……

 

「らっきょう」です。

「辣韮」のほかに「辣韭」または「薤」と表記されることもあります。

(4)「青梗菜」

「青」と「菜」という文字が含まれていることから、何となく「青菜の一種かな」とイメージした人もいるのではないでしょうか。

文字通り「青梗菜」は青菜の一種で、中国から伝来された食材です。

中華料理だけではなく、和え物や煮物としても使われ、バリエーションは豊富。

そんな「青梗菜」ですが……

 

「ちんげんさい」と読みます。

(5)「胡瓜」

この漢字は、読める方が多いのではないでしょうか。

主にサラダで食べることが多いのですが、漬物やおつまみになったり……。

食卓に欠かせない食材のひとつです。

そんな「胡瓜」の正しい読み方は……

 

「きゅうり」です。

「青梗菜」や「牛蒡」など、スーパーでよく見かけるような食材も、漢字表記になるととたんに読めなくなってしまうものです。

間違いやすいからこそ、読めると一目置かれることも……。分からなかった漢字があれば、ぜひこの機会に覚えておきましょう!

 

文/大内千明 画像/Shutterstock(metamorworks、kai keisuke、Brent Hofacker、pepmint、inewsfoto、erkanupan)

元記事を読む
提供元: JJnetの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理