トースターで簡単にできる! 「カキのガーリックバター焼き」

カキが旬を迎えましたね!

カキには亜鉛や鉄分、ビタミンB12などが豊富に含まれていて、健やかな身体づくりに役立つとされています。栄養面からもこの時季、積極的に取り入れたい食材の一つです。

今回はガーリックの香りが食欲をそそる、ワインにもぴったりな一品をご紹介します。カリカリに焼いたバゲットにのせてブルスケッタ風に盛り付ければ、オシャレなおつまみになりますよ。

■カキのガーリックバター焼き

調理時間 20分 1人分 411 Kcal

レシピ制作:家庭料理研究家 中島 和代



<材料 2人分>
生カキ(加熱用) 1パック(1パック120g入り)
塩コショウ 少々
小麦粉 適量
<ガーリックバター>
バター 50g
玉ネギ(みじん切り) 1/4個分
ニンニク(みじん切り) 1片分
イタリアンパセリ(刻み) 7~8本分
ブランデー 小さじ1
塩コショウ 適量
パン粉 大さじ2
レモン 1/4個
バゲット(薄切り) 適量

<作り方>
1、生カキはザルに入れて振り洗いし、キッチンペーパーにのせて水気をきる。塩コショウをして小麦粉を薄くつけ、熱湯でサッとゆでてザルに上げる。



2、<ガーリックバター>のバターは、常温に戻して柔らかくし、他の<ガーリックバター>の材料と混ぜ合わせる。レモンは半分に切る。バケットは軽くトーストしておく。



3、耐熱容器に<ガーリックバター>を少量のせ、(1)のカキを並べ、残りの<ガーリックバター>をカキにのせる。トースターに入れ、バターがグツグツしてきたら取り出す。



4、レモンを搾ってバゲットにのせ、お好みで分量外のコショウを振る。



ところでカキのパッケージに表示されている「生食用」と「加熱用」。これは鮮度の違いではなく、指定海域の違いで分けられていることをご存知でしたか?
加熱用は生食用に比べ栄養分や旨み成分を豊富に含んでいるとされているようで、しっかり加熱して調理するなら「加熱用」を選ぶといいようです。

(株式会社マミーゴー)

元記事を読む
提供元: Eレシピの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理