1. トップ
  2. ダイエット
  3. バレエダンサーが教える!下腹の脂肪を撲滅するストレッチ

バレエダンサーが教える!下腹の脂肪を撲滅するストレッチ

  • 2019.1.27
  • 6651 views
武田亜希子さん

■:【初心者向け】下腹を鍛えるストレッチ

運動らしい運動なんて、当分していないわ! という人は、ぜひこちらから始めてみてください。

武田亜希子さん

1、あお向けに寝て、ひざを自然に曲げたままつま先を天井へと上げます。

武田亜希子さん

2、そのまま息をふっと吐きながら、お尻を持ち上げます。
目安として、最初は10回くり返しましょう。慣れてきたら回数を増やしてOK。

武田亜希子さん

「ぜんぜん余裕!」という人は、ひざを伸ばしたまま行ってくださいね(武田さん)

■:【中級者向け】下腹を鍛えるストレッチ

武田亜希子さん

1、あお向けに寝て、手は頭のうしろにおきます。
肩甲骨のあたりまで体を起こし、両脚は股関節とひざの角度が直角になるように曲げます。目線はお腹に向けましょう。

武田亜希子さん

2、息を吐きながら曲げた両脚を少し下げます。腰が床から浮かないように、お腹は常に引き締めておきましょう。

このとき頭を上げたままのため、首に力が入りがちに。どうしても首に力が入ってしまう人は、頭を下ろしたまま行いましょう。

しばらくキープしたら、息を吸いながら両脚を元の位置に戻します。これを、ムリのない程度にくり返しましょう(武田さん)

■:【上級者向け】下腹を鍛えるストレッチ

武田亜希子さん

両ひじ、両ひざを床につきます。
両ひじは、横から見て直角に曲がっている状態が理想的。肩は下ろしておきましょう。
両ひざをつく位置は、横から見て首、背中、腰のラインが一直線になるように姿勢を作ります。この状態を、まずは20秒キープ。

<これはNG!>

武田亜希子さん

一直線のラインを作るとき、お尻が上がりやすいので、気をつけましょう。
また、とくに意識してもらいたいのがお腹。
お腹に力を入れて、引き締めるようなイメージで行うのがこのストレッチのポイント。キープしている間は呼吸を止めがちですから、呼吸を意識して行いましょう。余裕がある人は、ひざを床から上げて行うと効果的ですよ(武田さん)

いきなり回数を増やすのではなく、正しいフォームを崩さず行うことが大切!
次回は、わき腹の内臓脂肪に効果的なストレッチをご紹介します。

取材・文/高田空人衣

オリジナルサイトで読む