1. トップ
  2. ユニクロがスウェーデンオリンピック委員会とパートナーシップ 選手団の制服や競技ウエアを提供

ユニクロがスウェーデンオリンピック委員会とパートナーシップ 選手団の制服や競技ウエアを提供

  • 2019.1.24
  • 176 views

ファーストリテイリンググループのユニクロはこのほど、スウェーデンオリンピック委員会とパートナーシップ契約を締結した。メイン・オリンピック・パートナー兼オフィシャル・クロージング・パートナー契約で、期間は4年間。2020年の東京五輪・パラリンピックと22年の北京冬季五輪・パラリンピックにおいて、スウェーデンの代表選手団や大会関係者に「ユニクロ(UNIQLO)」のアイテムを提供する。開会式・閉会式で着用する選手団制服や、選手がメディア対応時や余暇に着用する服、一部競技の競技用ウエアやトレーニングウエアが含まれる。

ユニクロは、18年8月にスウェーデン・ストックホルムに北欧初となる店舗を出店した。「スウェーデンは文化的に洗練されており、美意識が高く、消費者の成熟度が高い。少子高齢化が進む日本を含めた近代国家のあるべき姿だと感じている。われわれのコンセプトである“LifeWear”の考え方とも通じる。そういう国の五輪・パラリンピックチームに衣料を提供することは新しいライフスタイルを作っていくことにつながる」と、柳井正ファーストリテイリング会長兼社長。

スウェーデンは「H&M」の創業地であり、同社はスウェーデン選手団の公式ユニホームを昨年の平昌冬季五輪まで3大会連続で手掛けていた。ピーター・レイネボ(Peter Reinebo)・スウェーデンオリンピック委員会最高経営責任者は、「『ユニクロ』は、品質、イノベーション、サステイナビリティーの3点を備えていることが素晴らしい。(「H&M」でなく「ユニクロ」と契約したのは)品質に感銘を受けたことや、両国の歴史、20年の五輪が東京で開催されることなどが理由だ」と話した。

ユニクロは02年のソルトレークシティ、04年のアテネなどで日本選手団とパートナーシップ契約を結んでいた。「当然、東京五輪についても日本選手団と契約したいと思っていたが、諸事情によりそれはかなわなかった」(柳井会長)ということのようだ。「スウェーデン代表は過去の五輪でも素晴らしい成績を収めており、日本選手団とパートナーシップを結ぶのと同様、もしくはそれ以上の価値がある。スウェーデン市場での売り上げ拡大が契約締結の狙いではない。スウェーデンの人々に、いい服を提供したい」と話した。

まずは既存製品を提供し、「19年中に専用のカラーリングやスタイリングの製品を企画していきたい」と桑原尚郎ファーストリテイリンググループ上席執行役員。ユニクロは、プロテニスプレーヤーのロジャー・フェデラー(Roger Federer)選手やプロスノーボーダーの平野歩夢・選手などとグローバルアンバサダー契約を結んでいるが、「そこから得た知見を生かし、スウェーデン選手団のよりよいパフォーマンスにつながるような製品を開発していく」という。

元記事を読む