1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 冬でも紫外線対策はマスト!紫外線と乾燥を防いで白い肌をキープするおすすめ日焼け止め3選

冬でも紫外線対策はマスト!紫外線と乾燥を防いで白い肌をキープするおすすめ日焼け止め3選

  • 2019.1.15
  • 2366 views

冬でも紫外線対策が必要な理由とは

冬でも紫外線対策が必要な理由とは
出典:GODMake.

夏に比べて日照時間が短く、日差しも弱くなる冬。つい日焼け止めをさぼったり、日焼け対策で気を抜いたりしていませんか?

紫外線量が多いのは5月~9月の終わりくらいまでで、最も紫外線が多くなるのは7月と8月です。しかし、紫外線は365日いつでも地表に降り注いでいるのです。特に、近年はオゾン層の破壊によって地表に届く紫外線量が増加していると言われ、「冬だから」と紫外線対策を怠っていると、肌の内側ではメラニンや肌ダメージが蓄積されてしまいます。

数年後に、「きちんと日焼け止めを塗っておけばよかった」と後悔しないためにも、冬でもしっかり日焼け止めを塗ったり、UVカット効果がある帽子やサングラスでの紫外線対策を心がけたりするようにしましょう。

日焼け止めのSPF/PA値は利用シーンで使い分ける

日焼け止めのSPF/PA値は、室内で過ごす日や短時間の外出、ウインタースポーツなどのレジャーでは使い分けるのがおすすめです。

日常生活にはSPF10~30/PA++

普段使いには、SPF10~30/PA++の日焼け止めで十分です。数値が高いほうが良いと思う人もいるかもしれませんが、数値が高い日焼け止めほど肌に負担がかかり、肌の乾燥やごわつき、肌荒れなどのトラブルを引き起こしやすくなります。

紫外線ダメージから肌を守るために肌に毎日負担をかけるよりは、適度な数値の日焼け止め+UVカット効果がある帽子や日傘を使うほうがベター。

レジャーにはSPF30/PA+++以上のアイテムを

冬と言えばスノボやスキー!週末ごとに雪山に出かける人も多いのではないでしょうか。また、小さなお子さんがいるママは、雪が降れば子供と一緒に雪遊びをたっぷり楽しむなんてこともありますよね。

地表に降り注いだ紫外線は、そのまま地面に吸収されるわけでなく、反射されて私たちの肌に影響を与えます。コンクリートの反射率が5%程度、水面は20~40%程度紫外線を反射します。そして、雪は実に80%もの紫外線を反射させるのです。

「冬だし日焼け止めはいらないよね」とレジャーに出かけて、夏より日焼けしてしまったなんていうことが無いように、高い防御力がある日焼け止めでしっかり肌をガードしましょう。

雪山でのレジャーを楽しむ・外にいる時間が長い場合は、SPF50/PA++++の日焼け止めを選ぶのも良いですね。ただし、肌への負担を考えて、帰宅後は日焼け止めを早めにオフして、スキンケアで肌を整えるようにしましょう。

外気が乾燥する冬は高保湿タイプを選ぼう

外気が乾燥する冬
出典:GODMake.

冬は外気の乾燥が厳しくなり、肌の水分が奪われやすくなります。肌の乾燥を守るために、高保湿タイプの日焼け止めを選びましょう。とろみが強い乳液タイプや、コックリとしたクリームタイプの日焼け止めが○。

それでは、冬に使いたい高保湿クリームを3つ紹介します。

冬におすすめの日焼け止め3選

トリロジー SPF15 バイタル モイスチュアライジング クリーム 6,000円(税抜き)

SPF15で冬のデイリーユーズにおすすめの日焼け止めです。室内で過ごす時間が長い人に特にぴったり。マルラオイルやイブニングプリムローズをはじめ、肌をすこやかに導く植物パワーがギュッとつまっています。

紫外線を跳ね返す酸化亜鉛は、コーティング処理されているので肌にやさしく、肌を乾燥させにくいのも魅力。伸びが良いやわらかなテクスチャーで、すーっと肌に伸びてなめらかな肌に整えてくれます。

なめらか本舗 UV化粧下地 945円(税込)

なめらか本舗 UV化粧下地
出典:GODMake.

SPF25/PA+++でデイリーからお出かけまで対応。オリジナルの2倍濃縮豆乳発酵液が、乾燥から肌を守ってふっくらした肌をキープしてくれます。なめらかなクリームなので伸びが良く、乾燥でカサツキがちな肌にも塗りやすいですよ。

肌をナチュラルにトーンアップしてくれるのもポイント。プチプラにもかかわらず、なかなか良い仕事をする一品です。

ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクショントーンアップ 3,672円(税込)

敏感肌を考えたスキンケアブランド「ラ ロッシュ ポゼ」の日焼け止めは、SPF50+/PA++++の高い防御力がありながら、肌への負担が少なく、クレンジング後は肌疲れもないと口コミでも好評です。

独自の「マルチプロテクションテクノロジー」が、紫外線だけでなくPM2.5等の大気中物質から肌をしっかりガード。さらに、保湿効果が高いスクワランや、肌を酸化から守る美容成分配合で、すこやかな肌をキープできます。

冬のレジャーに1つ持っておくと心強いアイテムです。

紫外線と乾燥トラブルから肌を守ろう

紫外線と乾燥トラブルから肌を守ろう
出典:GODMake.

肌の乾燥、肌荒れ、シワ、たるみ、シミ、くすみなどさまざまな肌トラブルを引き起こす紫外線と乾燥ダメージ。いつまでも美しい肌を守りたいなら、冬でも日焼け止めを必ず使いましょう。

「冬だから日焼け止めは塗らない」ではなく、「冬だからこそ、季節に合わせた日焼け止めを使う」ようにしてくださいね。

元記事を読む