1. トップ
  2. ネイル
  3. ラメがけ冬ネイルで、パウダースノーを指先にも♪

ラメがけ冬ネイルで、パウダースノーを指先にも♪

  • 2019.1.10
  • 15774 views

ラメラインやグラデーションのときだけラメを使うのはもったいない?この冬はキラキラ輝くラメをネイルアート全体にのせられるラメがけデザインをしてみませんか。雪の結晶やスノーマンのペイントがあってもなくても、素適な冬らしいネイルが楽しめますよ!

ラメがけはベースのデザインを選ばない!

ネイルアートの中でよく使われるラメ。様々な使い方ができて、筆でラインを描くのに使ってみたり、グラデーションにしてみたり、ネイルカラーのように一色塗りに使ったりすることができます。

ラメ自体の種類も豊富で、ラメのカラーバリエーションや粒の大きさが沢山あるのはもちろん、透けているものとそうでないもの、輝きながら色が変わるようなものまで色々あります。

ラメがけはそんなラメを普通のネイルアートの上にふりかけたように見せるアートで、まるでパウダースノーがネイルに描かれているようなデザインです。基本的にはどんな種類のラメでも使うことができます。

ベースのデザインやカラーがしっかりと見えるので、特にデザインを制限することなく冬っぽさ満載のネイルが楽しめますよ♪

ベースカラーでもデザインバリエが広がる

ラメがけはベースカラーが透けて見えるので、ベースカラーの色や濃さを変えることでデザインバリエーションが広がります。

同じブルー系でもどっしりと濃いネイビーを使うのと、淡いパステルカラーのブルーを使うのとではラメの見え方がまったく異なります。

ベースカラーに濃いものを使う時は、ラメがけに使うラメは透けないタイプのものがオススメ。ラメとベースカラーのコントラストがとても綺麗なネイルアートになりますよ。

逆に淡いベースカラーを使う時はオーロラみたいにキラキラと色んな色で輝く透けるタイプのラメがオススメです。ベースカラーがより引き立つ使い方になります!

ネイルアートの雰囲気はそのままに、デザインのバリエーションをプラスしてくれるのがラメがけのネイルアートです。

ゴールドのラメでゴージャスなネイルに!

実際の雪をモチーフにすると、パウダースノーに使うラメは透明やホワイト、シルバーがメインになってきます。
でも、本物の雪にはないゴールドカラーのラメを使うと、ネイルの雰囲気がとってもゴージャスなものに仕上がって、また違った良さが出ますよ。

ラメをランダムにのせてもいいですし、ちょっと濃い部分を作ってラメがけの濃淡を作ってもいいでしょう。ホイルや金箔のようなネイルアートと一緒に使ってもいいですね。

冬らしい季節もののネイルは今しか楽しめないデザインになります。パウダースノーみたいなラメがけのネイルアート。是非この時期にお試しください♪


Itnail編集部

元記事で読む