それじゃ、クマ隠せてませんから!目元のコンシーラー「NG使い方」3つ

鏡を見た瞬間に「あれ?なんか今日顔が疲れてる……」なんて感じたことがある方は多いのではないでしょうか。

顔が疲れて見えたり老けて見えたりするときは、目の下のクマに大きな原因があることが。

このクマを隠すためにはコンシーラーが必要。しかし、コンシーラーは上手く使いこなすのが非常に難しく、間違った使い方をしてしまうとクマが隠れないだけでなく、シワをつくってしますこともあります。

そこで今回は、クマの見えないお肌つくりを目指すための、コンシーラーNG使い方&改善ポイントを3つご紹介します。

NG1:白すぎるコンシーラー

まずは、コンシーラーの選び方から。

「美白に見せたい!」と、地肌より何トーンも明るいコンシーラーを使う方も少なくないかもしれませんが、これは“クマを隠す”という点ではNGといえます。

クマは“茶クマ”や“青クマ”など、人によって色味が違います。そんな色味が強いクマを白すぎるコンシーラーで隠そうとすると、逆にグレーに見えてしまったり、肌よりトーンが明るくて浮いてしまったりすることも。

自分のクマの色味に合わせてコンシーラーを選ぶとキレイに隠れやすいのでおすすめです。茶クマはイエロー系、青クマはオレンジ系など、補色を選ぶと隠れやすくなりますよ。

NG2:ファンデーションの前に塗る

みなさんは、ファンデーションの後にコンシーラーを塗りますか? 後に塗りますか?

筆者のおすすめはファンデーションの“後”です。

ファンデーションの前にコンシーラーを塗ってしまうと、ファンデーションの後よりも多くコンシーラーをのせてしまいがちなのでNGといえるでしょう。

また、コンシーラーを塗った後でファンデーションをのせ、スポンジなどで叩くとコンシーラーがとれてきてしまい、再度塗らなければならないことも。手順を間違えると失敗の原因にもなりかねないので気をつけましょう。

NG3:目のキワ ギリギリに塗る

コンシーラーは、“塗るタイミング”以外にもとっても重要なポイントがあります。それは、“塗る場所”。

クマが一番濃く見えやすいところはどこなのか、みなさんご存知ですか?

それは、上の図のような“目の斜め下ライン”です。

そこで、コンシーラーを塗るときも“目の斜め下ライン”を意識しましょう。クマが濃く見える箇所を起点に目の下まで塗ります。

逆に目の下やキワに塗りすぎてしまうと、厚塗りに見えてしまい、キレイな仕上がりにならない可能性が高いでしょう。

クマが見えるか見えないかで、見た目の印象は大きく変わります。

NGポイントをしっかり押さえ、クマが見えない美肌を目指していきましょう!

【画像】

※ Dmytro Zinkevych/Shutterstock

元記事を読む
提供元: GATTAの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理