1. トップ
  2. インテリア
  3. 二人暮らしの海外インテリア特集♡個性的な空間づくりのアイディアをご紹介

二人暮らしの海外インテリア特集♡個性的な空間づくりのアイディアをご紹介

  • 2018.12.2
  • 22300 views

カップルでの二人暮らしは、お互いの趣味や好みをバランス良く取り入れたり、空間の使い方を工夫して住み心地の良い空間づくりを叶えることができたら嬉しいですよね。

今回は海外での二人暮らしのインテリアをピックアップ。N.Y. ブルックリンとベルリンに住む2組のお宅をご紹介します。

それぞれ個性的でお洒落な空間づくりは必見です♪是非インテリアの参考にしてみてくださいね。

N.Y. ブルックリンで二人暮らし

エントランス部分が広く、アンティークのシャンデリアやベンチ、ペルシャ絨毯など、エクレクティックなインテリアが目を惹きます。

バッグを掛けておくウォールフックが取り付けられ、機能性もしっかりと押さえた仕上がりです。

大きめのニッチは、お気に入りのアイテムや植物を飾るディスプレイスペースとして活躍しています。

ダークカラーの壁にホワイトのニッチのコンビネーションが、メリハリ感のある空間づくりのポイントに。

窓からはたっぷりと光が注ぎ、明るく開放感あふれるリビングルーム。

観葉植物がバランス良く配置された、グリーンミックスの個性的なインテリアが魅力的です。

レザーのカウチソファで脚を伸ばし、ゆったりとくつろげそうですね。

リビングの隅に置かれたキャビネットには、沢山のレコードが収納され音楽を楽しむスペースに。

ソファの他にも一人用の椅子を配置することで、ゆったりとくつろぎながらレコードを聴くことができそうですね。

ホワイトを基調としたダイニングスペースは、キッチンの窓辺にあるコンパクトなもの。

丸テーブルならスペースも無駄なく使うことができますね。

ブラックの椅子が加わることでメリハリ感のある空間づくりが実現しています。

ブラック×ホワイトのシンプルな内装で仕上げたキッチンは、清潔感があり整理整頓が行き届いています。

ウォールシェルフに並べられたお皿はホワイトで統一することで、見た目もすっきりと仕上がりますね。

毎日使うキッチン道具はアイアンバーを使って吊るすことで、作業効率もアップしますね。

鍋やキッチン道具はすべてステンレスなどのシルバーカラーで統一することで、スタイリッシュな印象に。

丸いフォルムが可愛らしいナチュラル感のある照明が、落ち着きのある空間づくりのポイントに。

ベッドの下に敷かれたペルシャ絨毯が、ボヘミアンテイストなアクセントとしてベッドルームを彩っています。

ベッドでくつろぐ猫ちゃんの様子が、お部屋の心地よさを感じさせてくれますね。

シンプルなハンガーラックは、バッグを掛けたり次の日の洋服を掛けておいたりと、さまざまなシーンで活躍してくれそうです。

真っ白なタイル貼りのシンプルなバスルームは、植物が加わりとても爽やかな雰囲気が魅力的です。

洗面台周りは、ウォールフックを使ってタオルやブラシを掛けることで、すっきりとした印象に。

ベルリンで二人暮らし

真っ白い壁に丸いフォルムが可愛らしいウォールフックを取り付けた、シンプル&ナチュラルな廊下スペース。

外から帰ってきてコートを掛けるのにも最適で、見た目もとってもお洒落ですね。

大きな窓からたっぷりと光が注ぐ、明るく開放的なリビングルームは、モノトーンインテリアのシンプルな空間づくりが目を惹きます。

籐製の椅子やヘリンリンボーン床のナチュラル感が加わり、落ち着きのある雰囲気が魅力的です。

ファッション雑誌を使ったお洒落なインテリアは、是非参考にしたいアイディアですね。

お気に入りの雑誌をウォールシェルフに飾る他、雑誌を重ねた上に絵を立て掛けるテクニックがお洒落でハイセンス。

モノトーンカラーでコーディネートされたワークスペースは、スタイリッシュで洗練された雰囲気が魅力的ですね。

観葉植物が加わることで、温かみのあるグリーンミックスインテリアが完成しています。

真っ白な天井はクラシカルな装飾が施されており、モダンなデザインの家具や照明とのコントラストが楽しいですね。

ネイビーのアクセントクロスがお部屋にメリハリ感を生み、お部屋の印象を引き締めてくれています。

木製の天板で仕上げたキッチンは、ホワイトを基調としたナチュラルで清潔感のある仕上がりが素敵ですね。

ウォールシェルフやアイアンバーを使った、調味料やキッチン道具の『見せる収納』は使いやすいだけでなく、見た目のお洒落さがポイントに。

キッチンの窓側には、コンパクトな丸テーブルと椅子を配置して二人用のダイニングスペースに。

窓から自然光が差し込み、とても気持ちの良い空間づくりが実現しています。

キッチンのすぐ横にテーブルがあることで、食事の準備や片づけもスムーズにできそうですね。

壁一面にハンガーラックを取り付けた大容量のウォークインクローゼットは、キャビネットの左右に分けてそれぞれの洋服を収納。

真っ白な家具で揃えることで、統一感のあるすっきりとした空間に仕上がりますね。

優しいカラーリングのアートや、ポップな柄のカーテンがアクセントになったベッドルーム。

ブラックをバランス良く効かせることで、メリハリ感のあるグレーインテリアに仕上がっていますね。

植物のタイルを大胆に取り入れたバスルームは、ジャンガロースタイルの個性的な空間づくりが魅力的ですね。

ベージュ系のタイルとの組み合わせで、上品さもしっかりとキープしたインテリアに。

まとめ

いかがでしたか?N.Y. ブルックリンとベルリンに暮らす、2組のお宅をご紹介しました。

どちらもこだわりや趣味の詰まった、お洒落でハイセンスなインテリアが魅力的でしたね。

二人暮らしならではの空間の使い方や、インテリアのアイディアなど、是非参考にしてみてください。

元記事で読む