寝ぐせ&くせ毛を活かしてつくる!こなれ感抜群スタイリング術

働いていたり子育てをしたりしていると毎朝のスタイリングって大変ですよね。

美容室に来店されるお客様からも「髪の毛に時間をかけられないから、なるべく簡単にスタイリングできる方法を知りたい!」と相談されることが多いです。

そういったお悩みには髪の毛のくせを活かしたり、寝ぐせを利用したりするのをおすすめしています!

そこで今回は、美容師である筆者が“寝ぐせ&くせ毛を活かしてスタイリングする方法”をご紹介します。

1:寝ぐせを活かす無造作スタイリング

寝ぐせはアイロンで巻いてしまうとおしゃれに見えます!

寝ぐせをきれいに直そうとすると時間がかかって難しいですが、アイロンで巻くのは簡単。

25ミリのコテで寝ぐせを内巻きと外巻きの交互に巻きましょう。内巻きと外巻きを混ぜることで寝ぐせがなじみ、無造作ヘアに!

ムースで仕上げると自然な仕上がりになります。

2:くせ毛を活かすミディアムスタイル

髪の毛にくせがある方は、それを活かすのがおすすめです。髪の毛を4つの毛束に分けて、ひねりながらドライヤーの熱をあてていきます。

そのあとに冷風で毛束を冷ますのがポイントです!

くせ毛はパサついていることが多いですが、毛束に温風を当てたあとに冷風で冷ますことで、くせ毛でもツヤが出やすくなります。

最後にムースを毛先〜中間にもみ込めば完成です。

用意する物は3つだけ!

(1)ドライヤー

くせ毛はキューティクルが乱れやすく、ツヤが出にくくパサついて見えがちです。くせ毛を綺麗に見せるにはドライヤーが必須!髪の毛にくせがある方は、髪の毛をひねりながらドライヤーの温風を当てて、くせを出します。そのあとに冷風で冷ますと形を作りつつ、ツヤを出せます!ドライヤーの風を当てる時は毛流れに沿って当てるのがポイントです。

(2)25ミリのコテ

寝ぐせをなじませるときに大活躍なのが25ミリのコテ。幅広い髪の長さに対応できて、さまざまな巻き髪がつくりやすいですよ。寝ぐせを直す時間がないときはコテで巻いてしまいましょう!使う時の温度は160〜180度で巻くのがオススメです。髪を巻く前に洗い流さないトリートメントを使う事で髪への負担が減ります!

(3)スタイリングムース

くせを活かすときのスタイリング剤はムースがおすすめ。水分が多いスタイリング剤なので、くせの動きが出しやすくなります。しっとりした質感になるのでくせの広がりをおさえることが可能です!ムースは髪が濡れている状態に使うタイプと乾いた髪に使うタイプがあります。ウェーブや動きをしっかり出したい時は、髪がまだ濡れている半乾きの状態でムースを揉み込んで自然放置して下さい!ナチュラルな仕上がりが良いときは髪が乾いた状態でムースを使うのがオススメです。ムースの種類や使うタイミングで仕上がりが違うので、気分によって変えられます!

毎朝のスタイリングでくせ毛や寝ぐせをきれいにするのに時間がかかっている方は、ぜひこの記事を時短スタイリングの参考にしてくださいね。

元記事を読む
提供元: GATTAの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。