1. トップ
  2. ファッション
  3. JINSが建築家とコラボレートしたメガネとは?

JINSが建築家とコラボレートしたメガネとは?

  • 2018.11.12
  • 463 views

JINSが2017年からスタートさせた「JINS Design Project」。デザイン界の第一線で活躍するクリエイターを招き、メガネをコラボレーションする人気のデザインプロジェクトが早くも第3弾を迎え、現在、代官山蔦屋書店でポップアップイベントが開催中だ。

第3弾は、建築家のミケーレ・デ・ルッキ。イタリアや欧州の有名企業の家具デザインを多く手掛け、住宅、産業施設、オフィスビルから文化施設まで、さまざまなプロジェクトで設計を行い、2008年にはミラノ工科大学、デザイン科教授に任命、ローマのサン・ルカ国立アカデミー会員にも選ばれたイタリアの建築家だ。2018年からは、建築誌「Domus(ドムス)」の編集長も務めている。

手作りの木の模型を必ず作り、その感触や手作業で得た感覚を作品へ反映するというミケーレの設計スタイルは、メガネづくりでも同様だったそう。「建築家の仕事とは人間そのものを理解することであり、そのうえで生活に必要とされるものを丹念に探究し、かたちにしていくこと」を持論とする活動で注目される人物、ミケーレ。今回のコラボレーションでは、メガネの4つの類型「ボストン」「キャット アイ」「ラウンド」「多角形」を再解釈し、現代性とパーソナリティを大切にした自分自身をデザインするためのメガネを生み出した。ミケーレの事務所で働くメンバーの名前がつけられた4種のメガネはそれぞれ素材やカラーのバリエーションも豊富だ。メガネの歴史、メガネをかけた著名人のスタイルを振返るなど、丹念なリサーチにより生み出されたデザインは、ベーシックな形を基礎としながらも、現代人のフェイスに見事にマッチする。

11月22日(木)の店頭販売に先駆け、現在オンラインと代官山蔦屋書店で先行発売中。代官山蔦屋書店では、ミケーレ・デ・ルッキに関する書籍やプロダクトの販売、既に廃番になった商品など貴重なアイテムも紹介されている。11月14日(水)には、メガネ制作時のスケッチや木を削りだして制作されたモックアップなども特別に展示される予定なので、お見逃しなく!

●ポップアップイベント詳細期間:~11月24日(土)場所:代官山 蔦屋書店※11月14日(水)のみのスペシャルエキシビジョンは、代官山T-SITE内 GARDEN GALLERYにて10:00~16:00(最終入場15:30)●問い合わせ先:JINS https://designproject.jins.com/jp/ja/wearealldesignersofourselves/

元記事で読む