1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【壁ドン終了のお知らせ】女子をドキッとさせるのは、“腕◯”&“頭◯◯”。

【壁ドン終了のお知らせ】女子をドキッとさせるのは、“腕◯”&“頭◯◯”。

  • 2015.3.6
  • 5800 views

【壁ドン終了のお知らせ】女子をドキッとさせるのは、“腕◯”&“頭◯◯”。

【アンアン総研リサーチ】vol.49 文・高橋ひとみ

昨年、流行語大賞にもノミネートされた“壁ドン”。

「どうだい!(これで決まりサ)」「・・あなた、少し古いわよ」 テレビ番組の恋愛シチュエーションには必ずと言っていいほど、ランクインしていますね。ということは全女性の憧れなんでしょう。

それ、本当でしょうか?

そこで疑い深いアンアン総研は、早速、メンバー200人に、“壁ドン”について聞きました!

“壁ドン”の真実

Qあなたは“壁ドン”されるのが好きですか?

以下、anan総研調べ。 ドラマや映画、漫画あらゆるラブシーンで使われ、一躍時の言葉となった“壁ドン”。ですが、大流行した割に、好きな人は約6割弱と少ない結果に。

では、「“壁ドン”が好き!」と答えた方から、そのラブストーリーを聞いてみましょう。

「付き合って初めて彼が家に来た時。2人ともほろ酔いでしたが、私が部屋のチェックをしたくて『1分待ってて』と伝えたら、玄関の前で壁ドン!『じゃあ1分充電させて』とキスされました」(24歳・営業職)

「すごく好きといってくれているひとで、でもなかなか付き合うのを決めきれないときに、返事もとめられて、壁ドンチューされた。結局つきあわなかったけど、男らしさを感じました。」(31歳・技術)

「ちょっとかっこいいなと思っていた人たちと飲んでいた時、たまたまトイレのタイミングが同じで通路で出会いました。ちょっと話をしていたらいきなり壁ドン!『もともとイイナ!』と思っていた人だし、背が高い人だと逃げられません。逃げる間もなくキスされました」(29歳・事務職)

これぞまさに女子のハートを鷲掴みする“壁ドン”。意図的にやったのか、たまたま“壁ドン”の形になってしまったのかわかりませんが、これならやっぱりドキドキしない女子はいないはず!!

しかし一方で、“壁ドン”をされてこわ〜い思いをした女子たちがいました。

「全然興味ない男と飲み行って、『部屋に荷物置きたいからついてきて』って言われて行ったホテルの玄関先で壁ドン。無理やりキスされそうになって半ギレで帰りました」(22歳・事務職)

「壁ドンした自分に酔っててドヤ顔・・・そのあとどうしたらいいのかわかってなくて無言・・・え?って感じでした」(24歳・営業職)

「自分より背の低い男性に壁ドンされてただただ捕まった感覚だった」(29歳・IT)

一歩間違えると、虫唾が走るこわ〜い体験に!? 望まない“壁ドン”は、ドキドキどころか不愉快にさせるみたいですね。

ちなみに・・

Qもし望んでいない人に“壁ドン”をされたら!?

「ゴミを拾うふりして一度しゃがみ、くぐりぬける」(29歳・IT)

「壁ドンされた事に気づいてません的な感じで、体制を立て直して『ってかさ〜』っと何事もなかったかのように話し始める」(24歳・営業職)

「大きな声で『やめて!』と叫ぶ」(30歳・その他)

「蹴りを入れる」(28歳・事務職)

なんという荒技。

今や恋愛ストーリーの鉄板になりつつある“壁ドン”ですが、ロマンチックなラブストーリーにも、虫唾が走るこわ〜い話にもなる諸刃の剣。男性はそのあたり、十分理解してから“壁ドン”に臨んだほうがいいみたいですよ。

そんな中、“壁ドン”より人気のシチュエーションがあるというウワサが!!

それは・・・

“頭ポンポン”の魅力

Qあなたは“頭ポンポン”されるのが好きですか?

男性が女性の頭を手で”ポンポン”となでる“頭ポンポン”。これがなんと“壁ドン”より支持率が上。約8割と根強い人気でした。

ポンポン! 「もう絶対細胞の問題! 頭の細胞が喜んでる! 頭は一種の性感帯だと思う!」(22歳・事務)

「可愛がられてる感と、男の子の手の大きさを感じるところにドキドキ」(28歳・事務)

「いつも強がってしまうことが多いので、頭ぽんぽんされると女性として素直になれる・・・気がする。よくわからないけど嬉しいです」(32歳・事務)

では、「“頭ポンポン”が好き!」と答えた方から、そのラブストーリーを聞いてみましょう。

「お酒飲み過ぎてふらふらで車で彼氏に迎えに来てもらった夜中。普段弱いところを見せられなかったからか、俺がいないとダメだね! って、ポンポン。人に頼ることを教わりました」(30歳・アーティスト)

「会社の先輩で仕事で落ち込んでいる時にポンポンされて、そのやさしさに泣きそうになりました」(35歳・自営)

「昔、サークルの後輩君とからかいあってたら、はいはいって言いながら頭ぽんぽんされた時! 年下からやられると、可愛いのに大人な感じに見えてきゅんとしました!」(25歳・事務)

「彼氏と寝ていて、むこうが先に目を覚まして、あたまポンポンしてくれていました。途中から意識なんとなくあったのですが、胸キュンだったので、そのまま寝たふり」(31歳・技術)

いいですね・・。

本来、“頭ポンポン”や“頭よしよし”は大人が子どもに向けてするもの。だからこそ、子どものように可愛がられた気分になって、ドキドキするのかもしれませんね。

一方で、頭をポンポンされることに嫌悪感を抱く女子の声も・・

「飲み屋で、男性がトイレに行くときに、頭ポンポンしてくれたのですが、その直前までその手でポテト食べてたよなーと思ってしまった」(31歳・技術設計)

「トップを盛ったハーフアップスタイルにしてたのに、つぶれて最悪だった」(26歳・事務職)

「会社の先輩にされたけど、仕入れてきた情報をフルに活用している感じがしてイライラした」(28歳・マーケティング)

ずばり、ヘアアレンジをしている女子と飲食の場、「いかにも!」なポンポンは禁物なようです。

ちなみに・・

Qもし望んでいない人に“頭ポンポン”をされたら!?

「ポンポンされた後に髪をかきあげてお口直しをする(なかった事にする)」(29歳・IT)

「やめてほしい的なことを言うと逆に喜んでるって思われがちなので…。流すのが1番だと思います」(19歳・学生)

「出来るだけ無反応」(30歳・その他)

やめてほしいと言葉にするのではなく、その行為自体をなかったことに!! もし流されたり無反応をされてしまったら・・ちょっと要注意ですね。

個人的に私は髪の毛に自信がないので(固くて太い)、頭に触れられること自体が嫌です!!

そういった意味で、“頭ポンポン”に抵抗のある女子も多いのでは・・?

そんな中、“頭ポンポン”より人気のシチュエーションがあるというウワサが!!

それは・・・

最終兵器”腕グイ”

“腕グイ”とは車道側に歩いている女子の腕をグイっと引き寄せて、自動車や歩行者の邪魔にならないようにする行為をいいます。

Qあなたは“腕グイ”されるのが好きですか?

“腕グイ”が好きな人が約9割_弱と、“頭ポンポン”を上回る結果になりました!!

「守ってもらっている感が伝わってくる」(32歳・事務職)

「優しさや紳士的な所にどきっとします!」(25歳・その他)

「安全なところに導いてくれることに、嫌な気はしないし、優しさや男らしさを感じる瞬間ですね」(28歳・営業)

この他もほとんどが、守ってくれている感じがして嬉しいという意見でした!

女の子なら誰しも守られたい願望はあるものです。”腕グイ”は、その願望をある意味でナチュラルに叶えてくれるシチュエーションかもしれません!

ここで、残りの13%の意見も聞いてみましょう。

「ヒール高いのに思いっきり引っ張られて、足が痛かった」(30歳・その他)

「腕ぐいが乱暴すぎて、一瞬、え? ってなりました…(苦笑)一応ありがとうとは言いましたが…萎えました。そうやって乱暴にするのなら、わたしは別にやってくれなくても全然いいです(笑)」(19歳・学生)

なるほど、強引な腕グイは痛いだけ! 逆効果です。いきなり強く腕をグイッとされたら、ドキッとするどころか、こけてしまう可能性もあります! そうなっては、せっかくの二人の雰囲気も台無し。あくまでも紳士に優しく腕を引き寄せてあげてくださいね!

ちなみに・・

Qもし望んでいない人に“腕グイ”をされたら!?

「なるべく距離をおく。物理的に」(26歳・その他)

「え、なに? っていう」(27歳・その他)

「振りほどく」(27歳・事務職)

なかなかの冷たい反応をされてしまう可能性も・・。

危険だからやってくれる行為に対して、嫌な気持ちになる人はまずいません。腕グイにハードルを感じる人は、あくまでも“危ないから”というスタンスで、「危ないよ」と言葉を添えて引き寄せるのも一つの手かもしれませんね。

とはいえ、”腕グイ”に関して、9割が支持しています!

意外にも、”壁ドン”“頭ポンポン”のような非日常なドキドキよりも、”腕グイ”のような現実的な優しさや紳士さを今の女子は求めてるのかもしれません。

世の男性諸君! ”壁ドン”はもう古いですよ・・今は“頭ポンポン”、いやいや、”腕グイ”の時代かもしれません!!!

以上、【アンアン総研リサーチ】vol.49でした。

【関連記事】

【1位は鉄板】胸キュン♡ 最高に感じた、セックス中の快感フレーズ集。 【簡単なのに】オトコがドキッとする3つの魔法の言葉。