1. トップ
  2. ファッション
  3. メミューズ、3シーズン目のテーマは「ラッピング」。

メミューズ、3シーズン目のテーマは「ラッピング」。

  • 2018.10.23
  • 430 views


メミューズ、3シーズン目のテーマは「ラッピング」。
2018.10.23 18:30
でんぱ組.incのリーダー、相沢梨紗が手がける3シーズン目のメミューズ(MEMUSE)は、「ラッピング」がテーマ。会場には、肌着のような女性たちが無表情で横たわり、不思議な光景が広がっていた。

【全22カット】MEMUSE 2019年春夏コレクションをすべて見る。


ショーのスタートとともに登場したのは、女性をラッピングするようなドレスの数々。それはまるでおとぎ話に出てくるお姫様そのものだ。オーガンジーやシフォンなど、やわらかな素材にラミネート加工を施した透けるドレスには、フリルやレースを重ねてよりファンタジーに。


ジャケットやアウターの袖にも同様のラミネート加工を起用し、女性を包装するようなシルエットを表現している。丸い耳が付いたロングコートは、魔法少女シリーズのアニメに出てくる妖精をイメージした。


これまでにもメミューズは、アニメやゲームを彷彿とさせるコレクションを発表してきたが、今回は空想上のキャラクター(女の子の変身願望)だけでなく、生身の人間を主体に、二次元と三次元の接点を描いている。それぞれの秘めたパワーや個性を大事に包み込むことで、着ている人がよりポジティブになれるという、相沢からのエールとメッセージが込められた。

Photos: InDigital Text: Megumi Otake

元記事で読む