離乳食、ベビーフードばかりに抵抗がある…罪悪感からママを救うには



ウーマンエキサイトで人気連載中のなきりエーコさんの記事「“食べない”問題は解決したけれど…離乳食の“後ろめたさ”に悩む日々」で、離乳食に関するアンケートを実施。

アンケートのコメント欄には、ベビーフードを子どもに与えることに“後ろめたさ”を感じるママ、“手作りしなきゃ”とプレッシャーを感じているママの声など、離乳食期にママが抱える複雑な想いが語られました。

■62%のママがベビーフードに抵抗あり



今回実施したアンケートで「離乳食期に市販のベビーフードをあげることに抵抗がありましたか?」と質問したところ、「ややある(あった)」が41%、「とてもある(あった)」が21%と、合わせて62%のママが「ある」と回答しました。
Q1.離乳食期に市販のベビーフードをあげることに抵抗がありましたか?
ややある(あった) 41%
ほとんどない 22%
とてもある(あった) 21%
全くない 16%
その他 0%
市販のベビーフードへの抵抗が「ほとんどない」22%、「全くない」16%と、「ない」と答えた方は合わせて38%。

市販のベビーフードしか食べてくれないという場合には、「抵抗がある」と感じているママにとって離乳食期はつらい気持ちを抱えやすい時期とも言えるかもしれません。

■ベビーフードに後ろめたさを持つのはなぜ?



なぜママたちは「ベビーフードに抵抗をもってしまう」のでしょうか。アンケート結果から、ベビーフードに不信感があるのではなく、「離乳食は手作りするもの」という強い想いを持つママが多いことがうかがえます。
子どもが離乳食だった頃、「絶対手作りでないといけない」という思いを持っていました。いま、考えると不思議ですが、当時の情報で「手作りママさんの子どもは好き嫌いがない」といった話をよく目にしたからかも。ベビーフードにしたら手作りを食べなくなってしまうくらいに考えていました。いまは当時の自分に「大丈夫だから」といってあげたい。子育て支援センターのランチタイム、離乳食のお弁当がうまく作れなくていつもベビーフードでした。周りの子たちはママの手作りのお弁当をモリモリ食べていて、これでいいのかな…私は母親として手抜きなんじゃないかな…と悩んだ時期がありました。いまは「食べてくれるならなんでもええわい」と開き直ってます。出産前、栄養士で離乳食や幼児食を作っていたので、わが子にも作ってあげるんだと思っていました。けれど、育児は想像以上に大変でベビーフードのお世話に。でもどこか罪悪感と作ってあげたい思いで葛藤しましたね。少しの時期ですがたくさん悩みました。


■抵抗あったママが、ベビーフード使ってみたら…



手作りにこだわりを持つママが多い一方で、ベビーフードに抵抗があったけれど、いざ使ってみたら「イメージが変わった」、「メリットを感じた」と言うママのコメントも。ベビーフードへマイナスの想いを抱いていたママが、どんなことを感じたのか。ご紹介します。
料理が苦手な私は、ベビーフードに頼ることが多く後ろめたい思いをたくさん持っていました。ですが、あるブログで「子どもの月齢=母親歴のママより、研究しつくされて工夫されているベビーフードの方がおいしくて当たり前。いきなりそれを超えるものが作れなくて当たり前」という意見を見て、とっても救われました。ママは、ベビーフードで離乳食の勉強をしてるんだっていうくらいの気持ちになることができました。初期は抵抗がありました。専用調理器具を購入して、レンジで10倍がゆ作ったりと、必死で手作りしてました。だけど私が風邪をひいたり、外出先や旅行先で必要だったりで、手作りを持って行くよりは衛生面で安心だと思い…。娘に試しに少しだけ食べさせてみたら、本当に薄味で心配がほとんどなくなりました。私は復職してから市販の離乳食に頼ることが多くなりました。娘もよく食べてくれたのですが、やはり罪悪感が…。しかし夫の「最近の市販の離乳食は栄養があるし、衛生面も安心だし、なにより妻(私)の負担が少しでも減るならいいと思う」という言葉に助けられました。世のお母さん方の抵抗感が少しでも減ればなぁと思います。



ほかにも、離乳食を作る間に子どもに泣かれていたママが、「ベビーフードを使うことで、その分子どもと遊ぶようにしたら親子の笑顔が増えた」というエピソードも。ベビーフードは離乳食期の子どもとママをサポートしてくれる心強いアイテムとも言えそうですね。

■ベビーフードばかり食べてもいいの?



なきりエーコさんのお子さんは、「離乳食中期までベビーフードしか食べなかった」そうで、ベビーフードばかりあげる自分を「母親失格なのでは?」とまで責めていたそうです。

しかし、お子さんが離乳食後期になると、ママお手製のおにぎりやおかずを食べてくれるように…! アンケートでは、子どもの現在の様子を交えながら、そんな離乳食期の苦労や思い出を振り返るエピソードも寄せられました。

離乳食を始めて1ヶ月です。いまだにおかゆしかたべません(笑)。でも2人目なので、ただただかわいいです。
1人目は薄味を心がけ、白米に慣れさせたいなど、いろいろがんばってました。しかし4歳のいま、煎餅にソースをかけるわ、なんでもケチャップつけりゃおいしいって言うし…。白米なんて、味のりかふりかけがないと、文句言います。当時の苦労はなんだったんでしょう? 「もう好きなように食べてください」と思いますね。1人目のときは、一食毎にすべて手作りにし、本どおりにグラムを計り、消毒をして主食と副菜などとにかくがんばって作ってました! 2人目になると、そんな余裕はなくて初期はほぼベビーフード。手づかみ食べになったら、蒸しただけの野菜とかあげてました。いまは8歳と4歳ですが、2人とも健康だし味覚に差も感じません! だから少量しか食べない時期はがんばりすぎずに、ベビーフードでいろいろな味をあげて楽しむのもありだと思います。ちなみにいま3人目が離乳食始めたばかりですが、手作りよりダノンが好きみたいです…
こうした体験談を見ると、ベビーフードも「いろんな味の経験」ぐらいの気持ちで試してみるのもいいかもしれません。

■“食べる”ことの練習は始まったばかり



離乳食期の子どもはまだ“食べる”ことの初心者。何を食べるのも未知の体験です。だからこそ、「食べない」理由が、そのまま“好き嫌い”や“ママが作ったから”などの理由でくくれるものではないような気がします。

なきりエーコさんのお義母さんは「今は食べる練習してるんだもんね。慣れたらママの手作り食べるもんね~」と温かい言葉をかけてくれます。

ママたちは、どうしても「手を抜く」ことに抵抗感を持ち、うまくできないと自分を責めてしまいます。でも「食べる練習中」という言葉は、そんな罪悪感を持つママの心を救い取ってくれる気がします。

まだ“食べる”ことに慣れない子どもたちに、“食べる”楽しみを教えたい。そして“健康に育ちますように”とママたちの試行錯誤している様子が伝わってきた今回のアンケート。

子どもが食べるか食べないかで、ママの気持ちも喜んだりがっかりしたりすることもあると思います。でも、まずは目の前の子どもを見て、元気で過ごしているのであれば、それが一番大切。ママも少し力を抜いて、子どもに寄り添いながら、食事の時間を楽しんでいけたらいいですよね。



Q1.離乳食期に市販のベビーフードをあげることに抵抗がありましたか?
回答数:339
Q2. 離乳食について、ご意見やエピソードなどがあれば教えてください
回答数:108
アンケート集計期間:2018/9/21~9/25




(古口春菜)

提供元: ウーマンエキサイトの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
0~3歳の子を持つママに聞いた! 1日自由な時間があるなら何をする?
小さい子どもの育児や家事に追われていると、なかなか自分だけで何かを満喫できる時間というものはとれないもの。ゆっくりとご飯を食べる時間はもちろん、時間を気にせずトイレにいったり、出かけたりすることも制限されますよね。そんな、毎日大忙しな育児中…
Googirl
【医師監修】「我慢せずにやせる」を実践してみよう!【やせにくいママのための「脳科学ダイエット」ってなに? 第3回】
第1回、第2回と脳科学を応用したダイエット法についてご紹介してきましたが、第3回の今回はいよいよ実践編! 仕事に子育てにと時間がないママでも脳科学ダイエットを上手に生活に取り入れるための具体的な方法について『無理なくやせる“脳科学ダイエット”』の著者、久賀谷亮先生にお話をうかがいました。
ウーマンエキサイト
罪悪感は少ないけど…オーガニックのおやつって、おいしいの? #Omezaトーク
今回セレクトしたのは、アメリカ出張に行った際、ドラッグストアで見つけた、ココナッツの入ったチョコレートと、かわいいクマの形をしたグミ、そしてザクロのキャンディーの3種類です。アメリカでは、このような健康に配慮したおかしが […]
fytte
子どもを預ける不安、罪悪感…「この気持ち、どうすれば?」知っておきたい3つの心得
自分以外の誰かに子どもを預けなければならなくなったとき、なんとなく不安になることはないでしょうか?「預けても大丈夫かな…」というママの不安。実は子どもにも伝染しています。今回は、ママの不安と子どもの不安、その両方をやわらげるための「預け先と子どもへの働きかけ方」について考えていきましょう。
ウーマンエキサイト
アイスとクッキーを食べても糖質わずか5g!SUNAOで作る罪悪感なしの大満足デザート #Omezaトーク
秋ってどうしてこんなに食欲旺盛になるのでしょう、本当に不思議です。そして、甘くておいしい食べものが目白押し! 栗、さつまいも、柿などの野菜や果物はお料理にもデザートにもマッチして、口にするととっても幸せな気持ちになります […]
fytte
「1日5分、タオル1枚」たったこれだけ産後ママのセルフケア【ママの心が軽くなる「助産師さんの子育てヒント」 第3回】
たらちね助産院院長、大坪三保子先生にお話を聞く連載。小さなママ・コミュニティの大事さをうかがった第1回、情報に振り回され過ぎない子育てをうかがった第2回に続き、最終回は育児に忙しいお母さんが無理なくできて、自分を癒せるセルフケアについてうかがいました。
ウーマンエキサイト
赤ちゃん連れの乗り物移動はしんどい…! 泣き声が気になるママへ【コソダテフルな毎日 第98話】
赤ちゃんって言い聞かせたり、諭したり、褒めたり叱ったりしたところでそんなの関係ない世界に生きてるじゃないですか。もちろんママのお膝の上でチョンっと座っていてくれる赤ちゃんもいるのですが、おっぱいも飲ませても、おむつを替えても、お昼寝を済ませても、万全に整えたとしてもずっとグズグズと泣き続ける赤ちゃんもいるわけですよ。
ウーマンエキサイト
ママにおすすめ!動きやすさもおしゃれも完璧なパンツコーデ15選☆
子供とのお出かけはおしゃれを重視すると、動きづらかったり汚れるのが気になってしまったりと、何かと面倒くさいですよね。そこで今回は、ママにもおすすめの動きやすさもおしゃれもばっちり兼ね備えたコーディネートをいくつかまとめてご紹介したいと思います。お子さんを持つお母さんは、ぜひチェックしてみてくださいね!
folk
赤ちゃんとの外出で気になる他人の視線。不安を感じるママは9割近くも!【パパママの本音調査】 Vol.307
数年前と比べて、交通機関や施設などではエレベーターなども多くつけられバリアフリーも進み、自動改札の幅が広くなったりなど赤ちゃんとのお出かけはラクになっているはず。それでも、ママたちが赤ちゃんとの外出に不安を感じるワケは、やはり他人からの視線だったようです。
ウーマンエキサイト
「あふれる子育て情報、ママはどれを信じれば?」悩む前に知っておきたいこと【ママの心が軽くなる「助産師さんの子育てヒント」 第2回】
たらちね助産院院長、大坪三保子先生にお話を聞く連載。第2回は、大坪先生が取材中に何度も口にされた「腑(ふ)に落ちる」子育てについて考えます。いろいろな子育て情報があふれているなかで、どうやって子育てをしたらいいか? その受け取り方や取捨選択、振り回されないコツなどをうかがいました。
ウーマンエキサイト
ママならみんな共感できる? 出産までに不安だったこと5つ
赤ちゃんができるとうれしさと同時に不安が募りますよね。自分が母親になる想像がつかないという方は多いですし、お腹が目立つようになるのは妊娠後期なので、妊娠している実感がわかなかったという方もいるようです。そこで今回は、今妊娠している方や育児を…
Googirl
ママを待っている!仕事復帰後のマミートラック対処法!
ママを待っている!仕事復帰後のマミートラック対処法!
Grapps
イヤイヤ期の無茶ぶり要求、どうする!? ママのメンタルを守るには【コソダテフルな毎日 第97話】
イヤイヤ期ってなんでしょうね。こんなに毎日一生懸命育ててるのに、なんでこんなに拒絶されなきゃいけないんだって心折れそうになりますよね(笑)
ウーマンエキサイト
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理