1. トップ
  2. グルメ
  3. 北海道産「ぽろしり」を使ったポテトチップスが期間限定で発売

北海道産「ぽろしり」を使ったポテトチップスが期間限定で発売

  • 2018.10.5
  • 5839 views

カルビーから、ポテトチップスのために開発されたじゃがいも「ぽろしり」を使った「ポテトチップス北海道産ぽろしり オホーツクの塩味」「同 昆布しょうゆ味」120円(税込)が10月8日(月)~11月中旬の期間限定で発売される。

「ぽろしり」とは、カルビーグループであるカルビーポテトが10年以上かけて開発したじゃがいものオリジナル品種。じゃがいもの品種開発にはとても長い年月がかかり、毎年3万粒の種をまいて1品種できるかどうかの厳しい道のりとのこと。「ぽろしり」は、10年以上かけてやっと生まれた期待の品種だ。

味がよいのはもちろん、形が揃っていてポテトチップスにした時に食べやすいのもメリット。「ぽろしり」という名称は、北海道の「十勝幌尻岳(とかちぽろしりだけ)」にちなんでつけられた。

今回発売される商品には、2018年に北海道で収穫された「ぽろしり」が使用されている。

フレーバーは、「オホーツクの塩味」と「昆布しょうゆ味」の2種。

「オホーツクの塩味」は、オホーツクの塩を使った、「ぽろしり」の美味しさを引き立てるシンプルな塩味。

「昆布しょうゆ味」は、北海道日高産昆布を使用し、昆布の旨味と香ばしいしょうゆの味わいが「ぽろしり」とベストマッチした一品。

販売されるのは、たった1カ月ちょっとの間。じゃがいも不足で店頭からポテトチップスが消えたのも記憶に新しいが、この幻とも言える新たなじゃがいもを使ったポテトチップスも、買いたいと思った時にはすでに販売終了…、とならないよう、見つけたら即買いをおすすめしたい。

元記事で読む