屋台の味からスイーツまで! アジアン料理好き、必見!東京で食べられる本格派「台湾グルメ」4軒

Hanako.tokyo
Hanako.tokyo

2018.10.03

屋台の味からスイーツまで!アジアン料理好き、必見!東京で食べられる本格派「台湾グルメ」4軒

旅行先で人気の台湾。観光スポットはもちろん、グルメの充実がその理由です。そんな、日本人にも愛される「台湾グルメ」が東京で食べられるお店を4軒ご紹介!台湾帰りでその味が恋しい人も、仕事で旅行に行けない人も「食のプチトリップ」を!

1.全国にファンを持つ元祖台湾ラーメン。〈郭 政良 味仙 東京神田西口店〉/神田

名古屋のソウルフードとして知られる台湾ラーメンの元祖〈郭 政良 味仙〉の東京店。創業者が台湾の担仔麺を辛くアレンジしたメニューで、元は従業員のまかない料理だったとか。

Hanako.tokyo

具材を混ぜて、コシのある中太麺とからめて食べる。写真はスタンダードな辛さの「台湾ラーメン」800円。辛さ2倍の「イタリアン」900円、辛さ控えめの「アメリカン」800円(各税込)もあり。餃子をはじめとした一品料理も充実。

主役は秘伝のタレで煮込んだ肉ミンチ。そこにニンニクとニラ、唐辛子もたっぷりとトッピング。辛さと一緒に旨味がしっかり感じられるから、激辛なのに箸がどんどん進む。スープが鶏ガラ醤油ベースでさらりとしているので後味は軽やか。スタミナはありながらカロリーは担々麺の半分以下、というヘルシーさもうれしい!

(Hanako1161号掲載/photo : Mariko Tosa text : Yasuko Mamiya)

2.台湾屋台の新しい形!〈羽根つき焼小籠包 鼎ʼs〉/自由が丘

Hanako.tokyo

小籠包の名店〈京鼎樓〉の流れを汲む、NEO台湾屋台。

Hanako.tokyo

羽根つき焼き餃子に着想を得た「羽根つき焼小籠包」1人前4個入り390円(税込)と小皿料理を楽しめる。このメニューのキモはつけダレ。陳章雄台湾総料理長が神戸で出会った酢味噌をアレンジしたタレに、香港ラー油がベストマッチ。小籠包をオーダーしたら、タレを好みの味に調整しながら焼き上がりを待とう。

(Hanako1143号掲載/photo : Kayoko Aoki text : Kahoko Nishimura)

3.こっくりスープは飲み干したいほどの美味しさ〈台湾麺線〉/新橋

Hanako.tokyo

台湾の屋台食である台湾麺線の日本初の専門店が2014年に開店。

Hanako.tokyo

台湾から直接買い付ける手作りの麺線に豚モツの入ったとろみのあるスープ、最後にパクチーをオン。クセになる味で、麺線フリークが増殖中だ。

「台湾線麺」600円。麺線ファンも納得の味。

(Hanako1146号P45掲載/photo : Yoko Tajiri text : Miki Konno)

4.長年愛される台湾家庭料理店の絶品豆花!〈台湾茶藝館 月和茶〉/吉祥寺

Hanako.tokyo

台湾出身のオーナー・楊明龍さんが営む台湾家庭料理の店。かつては経堂にもあった店舗を、吉祥寺店に統合させてから早10年。内装はオーナーの手作り。

Hanako.tokyo

台湾のスイーツ類が豊富で、中でも「豆花」680円は、自家製の豆腐に白キクラゲやタピオカ、緑豆白玉など日替わりのトッピングを楽しめる。

(Hanako1129号掲載:photo:Kanako Nakamura illustration:Kenta Kaido text:Kimiko Yamada)

元記事を読む
提供元: Hanakoの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
グルメ通もうなる!東京で行きたい居酒屋&BARおすすめ5選
美味しいお店がたくさんある東京。どのお店に行こうか迷うことってありますよね? 今回はそんな方におすすめしたい選りすぐりのお店をご紹介します。個性豊かなお店で夏を満喫してみてください。
LeTRONC
「焼肉 冷麺 ユッチャン。」東京・六本木にオープン、ハワイ人気の“もちつる”食感黒冷麺
ハワイで人気の“黒冷麺”を展開する「焼肉 冷麺 ユッチャン。」が日本初上陸。東京・六本木に2019年1月18日(金)にオープンする。 www.fashion-press.net 「焼肉 冷麺 ユッチャン。」は、グルメランキング「111 HAWAII-AWARD2017」の韓国料理部門で1位を獲得した注目店。店の看板メニューは“黒い冷麺”「葛冷麺」だ。そば粉と葛粉を混ぜ込んだ黒い麺は、細麺ながらも“もちもち”“つるっ”としたコシのある仕上がりだ。スープは、シャーベットのように“シャリシャリ感”のある独特の食感が魅力。特製旨辛タレを混ぜ合わせて、味や食感に変化をつけながら味わうことができる。 また、「焼肉 冷麺 ユッチャン。」では、芝浦から直送される新鮮なホルモンをはじめ、厳選された上質な肉を使用。名店「焼肉 しみず」で修業した料理長・降矢史耕が選び抜いたこだわりのホルモンと和牛を焼肉で、日替わりで神戸牛などのブランド牛も提供する。 【詳細】 「焼肉 冷麺 ユッチャン。」 オープン日:2019年1月18日(金) 住所:東京都港区六本木7-17-24 サイド六本木ビル1、2階 <メニュー例> ・葛冷麺 1,200円+税 ・葛ビビン麺 1,200円+税 ・骨付きL.A.カルビ 1,800円+税 ・上ハラミ 1,600円+税 ・上ミノ1,200円+税 ・テッチャン 1,000円+税 ・レバー 800円+税 ・タン塩 1,600円+税
ファッションプレス
「ねこ休み展」冬の本祭、猫クリエイターの合同写真展&物販展が東京・浅草橋で開催
猫クリエイターによる合同写真展&物販展「ねこ休み展」冬の本祭が、2019年1月25日(金)から2月24日(日)まで、東京・浅草橋のTODAYS GALLERY STUDIOにて開催される。 www.fashion-press.net これまで55万人以上を動員してきた、人気の猫クリエイターによる、ねこの合同写真展&物販展「ねこ休み展」。SNSで人気のスター猫の写真をはじめ、キャットモチーフのグッズ販売などを行っている。 「ねこ休み展」冬の本祭では、過去にふーちゃん、うらちゃん、ホイちゃんなどのスター猫を描き下ろした福嶋吾然有が、無防備な寝姿で人気の猫“どんぐり”とコラボレートした作品を展示。サイン・シリアル⼊りの複製ポスター、ミラー、マウスパッドなどのグッズも限定販売される予定だ。 また、北海道で過ごすスター猫「ももとみらい」も初参戦。北国の四季の移り変わりとともにのびのびと過ごす猫たちの自由な姿を映した写真を展示予定だ。 開催期間中の2月22日(金)の“猫の日”には、営業時間を22時まで延長。19時よりから「ミッドニャイトパーティー&ワークショップ」として、Mai Yamamotoによるオリジナルザビエルの作り方を初公開。通常つけていない鈴やリボンなどのデコレーションも、最大2個まで施すことができる。 【詳細】 「ねこ休み展」冬の本祭 開催期間:2019年1月25日(金)~2月24日(日)11:00〜19:00 ※2月22日(金)猫の日のみ、22:00まで開館。 会場:TODAYS GALLERY STUDIO 住所:東京都台東区浅草橋 5-27-6 5F 休館日:月曜日 入場料:500円※3歳以下は入場無料 出展者 : 34組 ■ミッドニャイトパーティー&ワークショップ Mai Yamamoto<オリジナルザビエルの作り方> 参加費:1,800円+税 日時:2月22日(金) 19:00〜 先着30名
ファッションプレス
“花の宝石箱”のようなチョコレート「ショコラビジュー」リーガロイヤルホテル東京のバレンタインで
リーガロイヤルホテル東京よりバレンタイン限定チョコレート「ショコラビジュー~花の宝石箱~」が登場。2019年2月14日(木)まで、リーガロイヤルホテル東京内テイクアウトショップ「メリッサ」にて販売される。 www.fashion-press.net 「ショコラビジュー~花の宝石箱~」は、「ルビー×ベリー」「イエロー×パッションフルーツ」「ブラック×ナッツ」の3枚のチョコレートで構成。それぞれのチョコレートにフリーズドライのエディブルフラワーやフルーツ、ナッツを乗せ、煌く宝石を表現した。 鮮やかなピンク色の「ルビー×ベリー」は、ルビーカカオ豆を使った、ベルギー・カリボー社製「ルビーチョコレート」がベース。苺やラズベリー、クランベリーなどのドライフルーツをトッピングした華やかなルックスと、ルビーカカオ豆の酸味が爽やかなフレーバーが魅力だ。 フランス・ヴァローナ社製のチョコレートを使用したのは「イエロー×パッションフルーツ」と「ブラック×ナッツ」。「イエロー×パッションフルーツ」は、天然由来のパッションフルーツの風味と色合いが特徴となっており、マンゴーやパイナップルを加え、トロピカルな味わいを楽しむことが出来る。一方「ブラック×ナッツ」は、アーモンドやクルミ、ピスタチオと柑橘フルーツのような甘酸っぱさと香ばしい味わいのダークチョコレート「タイノリ」のハーモニーを堪能できる1枚だ。 【詳細】 リーガロイヤルホテル東京「ショコラビジュー~花の宝石箱~」 販売期間:2019年1月12日(土)~2月14日(木) 販売店舗:リーガロイヤルホテル東京1階 テイクアウトショップ「メリッサ」 住所:東京都新宿区戸塚町1-104-19 営業時間:10:00~20:30 価格:1枚 1,600円(税込)、3種セット 4,000円(税込) 【予約・問い合わせ先】 リーガロイヤルホテル東京「メリッサ」 TEL:03-5285-1121(代表)
ファッションプレス
絶品ホルモンが人気!【東京】ホルモン好きを誘いたい焼肉店。
そろそろ冬本番!この時期になると断然食べたくなるのがホルモンですね。今回は、ホルモン好きにぜひおすすめしたい美味しい焼肉店をご紹介します。コラーゲン、ミネラルもしっかり取りたい女性に必見です。…
Hanako
漫画『東京喰種:re』のコラボカフェが大阪・心斎橋にオープン - 東京・名古屋・福岡でも順次開催
漫画『東京喰種:re』のコラボレーションカフェが、大阪・心斎橋161の「THE GUEST cafe&diner」にて2019年2月2日(土)から3月26日(火)までオープン。カフェはその後、東京・名古屋・福岡にもオープンする。 ©️石田スイ/集英社 2017年にオープンし、大反響を呼んだ「東京喰種カフェ」。今回は、漫画『東京喰種』の新章にあたる『東京喰種:re』のコラボレーションカフェが誕生する。前回好評だったメニューはもちろん、新たなメニューも加わり、より一層リアルに再現された作品の世界が楽しめる。 メニュー 前回人気だった「カネキの隻眼カレー」が再び登場。さらに、今回はカネキのマスクをイメージした器に入った、ノンアルコールスパークリングを合わせて注文することができる。リアルに再現されたマスクの器は、ドリンクを飲むたび、まるでマスクを装着しているように見せてくれる。ついつい写真に撮りたくなるユニークな仕掛けが満載だ。 また、新メニュー『「美食家」月山のローストビーフ』も登場。ローストビーフには、ソースをまるで血しぶきのようにダイナミックにトッピングした。さらに目玉をイメージしたチーズと、耳たぶをイメージしたパスタを添え、迫力満点に仕上げている。 新作のスイーツメニューも目白押しだ。「キジマの断末魔レアチーズケーキ」は、ケーキをナイフで切ると、中から甘酸っぱいベリーソースがとろりと溢れる。作中のワンシーンを再現したインパクト大な1皿だ。 グッズの先行販売も カフェではグッズも先行販売している。Tシャツやアートボードをはじめ、収納するとコミックのような形になるエコバッグなども用意した。 【詳細】東京喰種:reカフェオープン期間:2019年2月2日(土)〜3月26日(火)会場:心斎橋161 2F「THE GUEST cafe&diner」住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-6-1■メニュー例・カネキの隻眼カレー 1,490円+税・「美食家」月山のローストビーフ 1,590円+税・まずいサンドイッチ 590円+税・キジマの断末魔レアチーズケーキ 1,290円+税・クインクス班の白玉おしるこ 1,390円+税・トーカのゼリードリンク 990円+税※東京・名古屋・福岡会場の詳細は追って発表。
ファッションプレス
「魚ジャパンフェス2019」全国の魚介料理やシーフードメニューが東京・代々木公園に集合
「魚ジャパンフェス2019(SAKANA & JAPAN FESTIVAL 2019)」が、2019年3月1日(金)から3日(日)の3日間、東京・代々木公園で開催される。 www.fashion-press.net 「魚ジャパンフェス2019」は、日本最大級の魚介料理イベント「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル」のスピンアウトイベントとして誕生。飲食エリア、物販エリア、企画エリアなどいくつかの企画を設けて日本各地の美味しい魚介を紹介する。 全国から魚介類料理店が自慢の味をふるう飲食エリア。ここには「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル」で人気No.1メニューに輝いた、宮城県・マルショウのあんこう肝鍋が登場する。“海のフォアグラ”と称されるアンコウの肝のみを使用し、地元の農家が生産した長ネギ、宮城県大崎大豆を使った無添加の麹味噌で味付けした。 福島県・かに船の「うに貝焼き」は、ウニの身をハマグリの殻に盛って蒸し焼きにした、いわき地方に明治時代より伝わる郷土料理。火を通すことで甘みがさらに増したウニの旨味を存分に楽しむことができる。 北海道の海の幸を満喫するなら、みなほっの杜の「北海5種盛海鮮丼」がおすすめだ。北海道産のいくら、うに、鮭、ずわいがに、帆立の5種類を飾ったどんぶりは、一緒にブースで販売する山盛りホタテ汁との相性が抜群。 また、SAKANA物販エリアでは持ち帰り可能な全国の美味しい「魚介おみやげ」やお酒を販売。JAPANエリアでは、シーフードだけでなく和食・スイーツ・野菜・果物などご当地ものを取り揃える。 【詳細】 魚ジャパンフェス2019(SAKANA & JAPAN FESTIVAL 2019) 開催期間:2019年3月1日(金)~3日(日) 時間:3月1日(金) 11:00~21:00/2日(土) 10:00~21:00/3日(日) 10:00~18:00 会場:代々木公園 イベント広場~けやき並木 住所:東京都渋谷区代々木神園町2-1 入場料:無料
ファッションプレス
いちごと抹茶のスイーツが食べ放題!ホリデーブッフェ開催
旬のいちごやこだわりの茶葉を使った抹茶・ほうじ茶のスイーツが食べ放題! 新・都ホテル1階にあるレストラン「ラフィネ」では、「ホリデースイーツブッフェ いちご×お抹茶」を開催する。 ブッフェでは、いちごを使用したケーキやタルト、プリンといった人気スイーツに加え、宇治茶の老舗「伊藤久右衛門」の茶葉を使った焼き菓子からムースまで約60種類が楽しめる。 そのほかにも、スペイン産・生ハムのカービングが目の前で繰り広げられるなど、細部の演出にもこだわった充実の内容となっている。 「ホリデースイーツブッフェ いちご×お抹茶」は、1月19日(土)~3月31日(日)の期間の土・日・祝日、14:00~16:00の時間で開催。 料金は、前日までの予約で大人3300円、小学生1500円、幼児(3歳以上)500円、当日は大人3800円、小学生1900円、幼児(3歳以上)1000円(いずれも税・サ込)となっている。予約は電話で受付中だ。 いちごと抹茶の甘く香ばしいハーモニーを心ゆくまで楽しんでみて。 ■「新・都ホテル」 住所:京都市南区西九条院町17
ストレートプレス
クレ・ド・ポー ボーテが東京・代官山でポップアップイベントを開催。
クレ・ド・ポー ボーテが東京・代官山でポップアップイベントを開催。
VOGUE
スイーツやフードも充実♡green bean to bar CHOCOLATEが手がける本格的ロースタリーカフェが渋谷に誕生
1月18日(金)、“ビーン・トゥ・バー”チョコレート専門店「green bean to bar CHOCOLATE」がプロデュースする、「WHITE GLASS COFFEE(ホワイト グラス コーヒー)」が渋谷にオープンします♩ ホワイト グラス コーヒーがオープン カカオ豆がチョコレートになるまでの全工程を一貫して手作業で行う「green bean to bar CHOCOLATE」
isuta
アマン東京「ブラックアフタヌーンティー」が苺づくしに!ジュエリーボックスから選ぶオリジナルスイーツ
「ベリー ベリー イン ザ ジュエリー ボックス」が、アマン東京にて2019年2月14日(木)から31日(日)まで開催される。 www.fashion-press.net 2018年、旅をテーマにリニューアルした「ブラックアフタヌーンティー」は、トランクの中の焼き菓子をセレクトするスタイルで人気を博している。今回は、苺が旬を迎える季節だけ展開している「ブラックアフタヌーンティー」の苺バージョンをリニューアル後初めて展開。アマン東京特製のジュエリーボックスとともに展開する「ベリー ベリー イン ザ ジュエリー ボックス」として登場する。 特製ジュエリーボックスには、国産の苺をたっぷりと敷き詰めた。「ベリー ベリー イン ザ ジュエリー ボックス」では、その中から苺を選び、ピスタチオやキャラメルクリームなど、テイストの違う3つのタルトの中から1つと組み合わせてオリジナルのアフタヌーンティを楽しめる。また、ボックスの下段には、酸味が爽やかな苺とルバーブのタルト、ドライラズベリーをコーティングした苺のマフィン、苺のグラタンといった3種のスイーツをおさめている。 一緒に運ばれるタワーの上段には、飴細工で飾った苺のプチシューやパイなど、まるでジュエリーのように華やかなスイーツを並べたほか、下段にはセイボリーも豊富に。そのほか、シャンパングラスにミックスベリーのスープを注ぎ、仕上げにシャンパンのエスプーマを添えたドリンクもともに味わえる。 【詳細】 アマン東京「ベリー ベリー イン ザ ジュエリーボックス(Very Berry in the Jewellery Box)」 期間:2019年2月14日(木)~31日(日) 時間:11:30~17:00(最終入店) ※席は2時間半まで 場所:アマン東京33階「ザ・ラウンジ by アマン」 住所:東京都千代田区大手町1-2-6 価格:4,600円 ※税・サービス料別途 【問い合わせ先】 レストラン予約 TEL:03-5224-3339 (9:00~21:00)
ファッションプレス
メキシカン「クロニックタコス」国内2・3号店を東京・大阪にオープン、出来立てタコスをフルカスタマイズ
カリフォルニア発のファストカジュアル・メキシカン「クロニックタコス(CHRONIC TACOS)」が、2019年2月9日(土)東京・新宿、大阪・難波の「フードホールブラスト!」に同時オープン。関西初出店となる。 www.fashion-press.net 「クロニックタコス」は、2018年3月に日本初上陸したカリフォルニアン・メキシカン。日本1号店は東京・銀座にオープンした。 「クロニックタコス」は、アメリカで急成長中のファストフードとカジュアルレストランを掛け合わせた“ファストカジュアル”業態。低価格だが質の高い料理を提供する、人気のジャンルだ。 「クロニックタコス」では、フルカスタマイズ・スタイルで料理を提供。タコスの生地はフラワー(小麦)・コーン(とうもろこし)・コーントルティーヤを揚げたクリスピータコスの3種類から選択でき、挟む具材も好みのものをセレクトできる。使用する肉はすべて国産。シーフードを使ったヘルシーなメニューも用意する。 また、オーダーを受けてから調理するため、できたての状態で味わえるのも嬉しいポイントだ。 【詳細】 ■クロニックタコス新宿店 オープン日:2019年2月9日(土) 住所:東京都渋谷区代々木2-7-12 フードホールブラスト!内 ■クロニックタコス難波店 オープン日:2019年2月9日(土) 住所:大阪府大阪市中央区難波2-1-2 太陽生命難波ビル1階・B1階 フードホールブラスト!内 価格帯目安:昼900円、夜2,500円程度
ファッションプレス
超豪華!いちごの森でかわいいスイーツ&軽食を堪能
リーガロイヤルホテルの「アネックス リモネ」は、ファンタジックなスイーツが勢揃いするいちごビュッフェ「いちごの森」を開催する。 「いちごの森」では、見た目もかわいらしい色鮮やかな約20種類のスイーツと約15種類の軽食が並び、まるで森の中にいるような世界観が楽しめる。 「大きな苺のウエルカムデザート」(1名につき一皿)は、ライチゼリーの中に苺とフランボワーズのムースが隠れていて、相性のよいピスタチオソースとともに味わえる。 そのほか、くまやうさぎをモチーフにしたスイーツや切り株をイメージしたロールケーキ、きのこ型のメレンゲクッキーなど、赤やピンクのかわいらしいスイーツが登場。 軽食では、スパイスとベリーのピューレとチーズのバランスが絶妙な「ベリーカラーのチキン&クリームチーズのサンドイッチ」、苺ヴィネガー風味のラッキョウとともに味わえる「本日のカレーライス」などが揃う。 サラダやお寿司、ピカタ、アヒージョなどボリュームも満点! 料金は、大人5800円、小学生2900円、4歳以上1000円(4歳未満は大人1名につき1名無料/いずれも税・サ料込)。 開催期間は2月1日(金)~5月6日(月)。<月火><金土日祝>の曜日限定で、<月火>は12時~16時(最終来店14時)、<金土日祝>は2部制となり、1部12時~14時/2部15時~17時。すべて各120分制。またメニュー内容は食材の入荷状況などにより変更する場合がある。 日常を忘れ、わくわくするようないちごの森のスイーツと軽食を楽しんで。
ストレートプレス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理