1. トップ
  2. おでかけ
  3. 地元食材グルメやあふれる緑。自然の恵みに癒される! 広島県世羅町から島根県飯南町へ。〈中国やまなみ街道〉をめぐる旅。【前編】

地元食材グルメやあふれる緑。自然の恵みに癒される! 広島県世羅町から島根県飯南町へ。〈中国やまなみ街道〉をめぐる旅。【前編】

  • 2018.9.30
  • 359 views
Hanako.tokyo
Hanako.tokyo

2018.09.29

地元食材グルメやあふれる緑。自然の恵みに癒される!広島県世羅町から島根県飯南町へ。〈中国やまなみ街道〉をめぐる旅。【前編】

広島県の瀬戸内海側エリアから島根県の日本海側エリアまでを結ぶ、100kmあまりの高速自動車道〈中国やまなみ街道〉。実は、手つかずの大自然が多く残っている場所でもあります。今回は、広島県にある世羅町から島根県にある飯南町まで〈中国やまなみ街道〉を旅して出会った、知られざる大自然スポットやそこでしか味わえないグルメをご紹介します!

緑豊かな〈中国やまなみ街道〉沿いを北へ。

Hanako.tokyo

東京から広島空港へ飛行機で到着した後、バスで〈中国やまなみ街道〉へ入り、緑いっぱいの沿道の風景を望みながら庄原市に向かいます。

【広島県庄原市】ご当地グルメ「やさい寿司」と「比婆牛丼」ランチ。

Hanako.tokyo

〈中国やまなみ街道〉を通り、中国地方のほぼ中央に位置する広島県庄原市へ。豊かな自然の恵みを使った庄原グルメを味わえるという〈庄原グランドホテル〉に到着。

Hanako.tokyo

庄原グルメ1 「やさい寿司」
庄原が誇る地元産のお米と野菜をおしゃれにアレンジ。色とりどりの見た目もきれいで、野菜だからヘルシーなのが嬉しい。酢飯には酸味が控えめの赤酢を使っているため、野菜そのものの甘みが味わえます。

Hanako.tokyo

庄原グルメ2「比婆牛丼」
広島のブランド和牛「比婆牛」と広島菜の混ぜごはんの上に、スライスした比婆牛のステーキをのせた一品。広島菜のシャキシャキした食感と、比婆牛のジューシーな味わいが絶妙の相性でした。

〈庄原グランドホテル〉
■住所:広島県庄原市西本町2-16-5
■電話:0824-72-6789
■営業時間:11:00~14:00、17:30~21:00
http://www.shobara-gh.com/

【広島県庄原市~神石高原町】帝釈峡の渓谷美を眺めながらカヤック体験!

Hanako.tokyo

日本百景のひとつにも数えられ、広島県の庄原市と広島県神石高原町にまたがる「帝釈峡(たいしゃくきょう)」。ここにある神龍湖でカヤックを体験します。まずは、イントラクターの方から漕ぎ方をレクチャーしてもらいます。

Hanako.tokyo

こちらが神龍湖。水面に周りの山々が映りこみ、まるで鏡面のような美しさ。

Hanako.tokyo

恐る恐るカヤックに乗り込み、インストラクターの方に続いて漕ぎます。川と違って流れがないからか、初めてカヤックを漕いだ私でもスムーズに進む!

Hanako.tokyo

両側にそびえる断崖や奇石など帝釈峡の自然を楽しみながら、カヤックで静かな湖を進んでいきます。鳥のさえずりしか聞こえない静かな環境の中で、まるで自然と一体化しているような感覚に。

帝釈峡観光協会
■住所:広島県神石郡神石高原町永野
http://taishakukyo.com/

【島根県飯南町】島根の軽井沢、〈森のホテルもりのす〉到着。

Hanako.tokyo

〈中国やまなみ街道〉を通って広島県との県境、島根県飯南町にある宿〈森のホテルものりす〉へ。飯南町は周囲を山々に囲まれ、平坦地でも標高が約450mになる高原地帯。“島根の軽井沢”と呼ばれ、周りを森に囲まれている〈森のホテルものりす〉は、隠れ家のような雰囲気です。

Hanako.tokyo

ゆっくりとくつろいで欲しいとの心遣いから、各部屋には時計やテレビが置かれていません。

飯南町のとれたて野菜と和牛の「鉄板焼ディナー」を堪能!

Hanako.tokyo

夕食は、飯南町の食材を鉄板で豪快に焼くグリルスタイル。なんとこのホテル、宿泊者は滞在中、冷蔵庫に入っているジュースやお茶などのドリンクが全てフリー。プランにアルコール飲み放題を付けると、ビールやワインなどのお酒もいつでも飲み放題に!

Hanako.tokyo

飯南町のとれたて新鮮野菜。飯南町は朝晩で気温の寒暖差が大きいエリアで、その寒暖差によって野菜が甘く美味しく育つのだそう。

Hanako.tokyo

飯南町名産のきのこ。とれたてだから、とてもフレッシュでみずみずしい香りがします。

Hanako.tokyo

こちらがメインの、ブランド肉「島根和牛」の塊肉。島根和牛は柔らかい肉質で、肉そのもののコクが深いのが特徴です。

Hanako.tokyo

口の中に入れると、島根和牛は柔らかくジューシーな味わいでまさにとろけるよう。一人につき、これでもかという量が提供され、大満足でした!

Hanako.tokyo

夕食後は、テラスに出て空を見上げると、街なかでは見られないくらいの星の数!シートを地面に敷いて転がって星空を鑑賞すると、自然と心が癒されていくような感覚に。

森の中の「森林セラピー」で、身も心もすっかりリラックス。

Hanako.tokyo

朝はホテルの外へ出て、森の中にある小屋で朝食をいただきました。

Hanako.tokyo

爽やかな朝の空気とともに森の中でいただく朝食は、アウトドア感たっぷりで楽しい。

Hanako.tokyo

朝食の後は、ガイドの方とともに森へ。「森林セラピー」とは、森に入ると心がリラックスしたり、気分がよくなったりする感覚の変化を科学的に解明し、心と体の健康に生かそうと考えられたもの。島根県飯南町は、山陰地方で初めて「森林セラピー基地」として認定されています。

Hanako.tokyo

「森林セラピー」では、森の中に設置されたハンモックに寝転んで、のんびり爽やかな空気を吸ったり、上にある木を見上げたり。

Hanako.tokyo

ヒノキなど香りの良い数種類の葉を刻んで、「森の香り袋」を作ったり。思い思いにのんびりと森で過ごし、本当に心身ともにリラックスできる時間を過ごせました。

Hanako.tokyo

〈森のホテル もりのす〉
■住所:島根県飯石郡飯南町小田842-2
■電話:0854-76-3119
http://www.iinan-net.jp/~morinosu/

今回旅したのは、知られざる自然が残る、〈中国やまなみ街道〉に沿って、広島県庄原市から島根県飯南町までのエリア。カヤック体験や森林セラピーなど自然の中でのアクティビティはもちろん、豊かな食材を使ったグルメも豊富です。仕事や人間関係に疲れたら、ぜひ癒されに訪れてみませんか。

後編へ続く!

元記事で読む