1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 心地いい暮らしの定番!収納映えするカゴを使ったオシャレな収納や活用法まとめ

心地いい暮らしの定番!収納映えするカゴを使ったオシャレな収納や活用法まとめ

  • 2018.9.29
  • 29572 views

心地良さそうなインテリアや、上手に暮らしている人は大抵、カゴを生活の中に取り入れています。

ただオシャレなだけでなく、暮らしにも心にもゆとりを与えるカゴは、心地いい暮らしの定番品とも言えます。

今回は、カゴを使ったオシャレな収納や、活用法についてご紹介します。

収納しているのにオシャレ!

そのまま置いていてもサマになるカゴバッグには、読みかけの新聞雑誌を収納しています。

読んでいる途中でそのまま放り出しておくと片付かないので、こうした一時置き場は便利ですよね。

オシャレインスタグラマーさんに人気のカゴバッグは、大小サイズや形違いで揃えたくなるほど使いやすいアイテムです。

ナチュラルにもシンプルにも、どんなインテリアにも合わせやすいですよね。

寒くなってきたら活躍するブランケット。

ソファーの背もたれに畳んでおくのもいいですが、ふとした拍子に落としたりぐちゃぐちゃになったりもします。

カゴをブランケットの定位置にすれば、そんな問題も解決ですね。

テレビボードの奥行きとぴったりサイズなのも、気持ちがいいですね。

これからもっと寒くなると大活躍する湯たんぽ。

収納に困ったときは、カゴにまとめてみてはいかがでしょうか。

湯たんぽのカバーもこだわりのものを選べば、見えてもオシャレで湯たんぽとは気づきません。

もちろん飾ってインテリアにも

ドライフラワーを入れて飾るととっても素敵です!

何かを収納するだけでなく、カゴの美しさを楽しむためだけにカゴバッグをスタンバイさせておくのは、暮らしのゆとりを感じられますね。

必要に応じて、収納に使ったり飾ったりと、長く使い続けられるカゴバッグって魅力的なんです。

清潔さを感じさせる藤のバスケット

写真のような藤のバスケットは、銭湯の脱衣カゴを思い出させます。

だからこそ、手ぬぐいやガーゼタオルがしっくりきますね。

このカゴが自宅にもあれば、毎日気持ち良く入浴を楽しめそう。

温かみと清潔さを感じる、素敵なカゴです。

ざっくり入れられるバスケットがあると安心

ざっくり大きなバスケットは、乾いた洗濯物の一時置き場に。

取り込んですぐに畳めない時など、とりあえずバサっと入れられる場所があると便利ですよね!

忙しいからと言って部屋が散らからないためには、こういう工夫が大事です。

特に収納するものを決めないバスケットをリビングに置いて、色々なものの一時置き場にするのも◎。

読みかけの雑誌はもちろん、子供のおもちゃや脱いだ部屋着など、とりあえず今すぐ隠したい!というものを入れるといいですね。

特に、急な来客時などに重宝しますよ。

カゴの種類は多種多様だから楽しい!

カゴと一口に言っても、様々な形やサイズ、材質があります。

たくさん集めて並べると、こんなにも可愛くオシャレ!

何かを入れても入れなくても素敵なのが魅力的です。

インテリアの質をぐっと上げるカゴだから、色々な用途に使いたいですね。

大人女性なスキンケアコーナーに

スキンケアコーナーをカゴでまとめると、女性らしさがぐんとアップする気がしませんか?

シンプルなパッケージのコスメだと全体に統一感が出て、品の良さを感じさせます。

お肌のお手入れも、いつも以上に楽しくなりそうですね!

テーブルコーディネートのポイントに

食事トレーとして使っている実例です。

ランチョンマットもいいけれど、テーブル全体にクロスをかけ、一人分はカゴトレーでセッティングするとまたオシャレですね!

このまま持ち運びできるから、家族も手軽に手伝ってくれそう。

キッチンのごちゃごちゃを隠す

スーパーの食パンや菓子パンって、そのまま出しっぱなしだとがちゃがちゃして生活感が出るんですよね。

深さのあるカゴに入れて、上からクロスをかければ全くわかりません。

簡単なのにセンスある収納だから、すぐにでも取り入れたくなります。

通気性のいいカゴは、根菜入れにもぴったり!上手に湿気を調節してくれます。

見た目にもナチュラルで、野菜がイキイキして見えますね♪

日光が当たると芽が出やすいので、普段は布をかけて暗い場所に保管しておくのがベストです。

パック売りだけでなく、ネットやビニール袋で販売されている卵。

冷蔵庫に卵ケースはありますが、あえてカゴを卵入れにするとすごくオシャレ!

ふんわりとクロスやナプキンを敷いておけば、デリケートな卵も安心して入れられますね。

キッチンクロスやメモなど、キッチンでさっと使いたいものをまとめたカゴバッグ。

キッチンの隅に置いておくだけなら中身も見えませんし、スッキリインテリアをキープできます。

中身はファイルボックスや布袋、紙袋などでざっくり仕分けると、より使いやすくなります。

まとめ

カゴを使ったオシャレ収納アイデアや活用法についてご紹介しましたが、いかがでしたか。

カゴを暮らしの中に上手に取り入れて、収納映えさせながら、心地いい暮らしを実現させましょう。

こちらもおすすめ☆

https://folk-media.com/1127696 https://folk-media.com/1170064 https://folk-media.com/1033029

元記事で読む