1. トップ
  2. ファッション
  3. カラーボーダートップスでちょっぴり冒険☆定番スタイルをアップデート!

カラーボーダートップスでちょっぴり冒険☆定番スタイルをアップデート!

  • 2018.9.25
  • 4467 views

白黒の定番ボーダートップスは、カジュアルコーデに欠かせないアイテムですよね。

でも折角ならボーダートップスにもバリエーションを持たせたいところ。

そこでおすすめなのが、カラーボーダー!

定番アイテムの良さはそのままに、シンプルコーデを無理なくアップデートできちゃいますよ☆

今回は、そんなカラーボーダートップスをご紹介します。

カラーボーダートップスを使ったトレンドコーデ集

出典:zozo.jp

ボーダーデザインのタートルニットも、ピンクやグリーンを取り入れたマルチカラーを選べば即オシャレ顔に。

黒のパンツでボトムスは控えめにしつつ、パンプスにもマルチカラーを取り入れて、トップスとの統一感を演出しています♪

出典:zozo.jp

ボートネックデザインのボーダーニットは、グレー×ブラウンのちょっぴり変わったカラーリングが魅力的。

センター部分だけにワイドボーダーがあしらわれているので、くどくなりにくいですね♪

ボトムスはシンプルに白をチョイスすれば、爽やかにまとまります。

出典:zozo.jp

マルチカラーのボーダーカーディガンは、ボタンを全て留めればトップス風な着こなしが可能です。

さりげなくラメの入ったデザインで、シンプルな黒パンツを華やかスタイルにアップデートしてくれますよ♪

出典:zozo.jp

ボートネック仕様のリブニットは、さりげなく女性らしさをプラスできるアイテム。

オレンジやパープルのラインが入ったマルチボーダーデザインですが、ベースが黒なので派手になり過ぎないのが嬉しいですね。

カーキのワイドパンツと合わせて、大人っぽい着こなしにまとめましょう♪

出典:zozo.jp

ベージュベースのボーダートップスは、黒のパンツと合わせてキレイめな印象に。

カジュアル使いが得意なボーダートップスも、ナチュラルカラーを選べば女性らしさがアップしますね。

出典:zozo.jp

オレンジやブルーのラインを入れた、白ベースのマルチボーダートップスです。

トレンド感のあるリブニットで、ナチュラルなカラフルコーデが楽しめますよ。

ボトムスに黒のフレアスカートを合わせれば、上品なコーデが完成します♪

出典:zozo.jp

ネイビーと赤みカラーを組み合わせた、マルチボーダーデザインのトップスです。

メンズライクなキーネックデザインなので、デニムパンツを合わせてハンサムな印象に仕上げていますね。

出典:zozo.jp

こちらのニットプルオーバーは、ボルドー×ネイビーのワイドリブと太ボーダーで季節感たっぷり。

落ち着いたカラーリングなので、小物もダークトーンでまとめるのがおすすめです。

ハイウエストのデニムパンツにボトムスインして、大人カジュアルなコーディネートがきまりますね。

出典:zozo.jp

後ろ側がさりげなくVネックになっている、バックコンシャスなボーダートップスです。

白ベースにトレンドカラーのパープルラインを採用した、今っぽさ抜群のアイテム♪

ベージュのタイトスカートを合わせれば、カジュアルな中に女性らしさを感じさせます。

出典:zozo.jp

パープルベースのニットに、オレンジやグリーンでランダムにボーダーをデザインした、秋らしいカラーリングの一枚。

キャメルカラーのタイトスカートを合わせて、ボーダーをフェミニンに着こなしています。

ファーのバッグを取り入れて、季節感もしっかりアピールできますね♪

出典:zozo.jp

ホワイトベースのニットに、鮮やかなグリーンのラインを入れたボーダーニットです。

スマートなサイズ感で、トップスとしてもインナーとしても活躍してくれますよ♪

黒系のボトムスを合わせて、シックにまとめるのがおすすめです。

出典:zozo.jp

秋感漂うイエローやグリーンのマルチボーダーが、オシャレ度をグンとアップさせてくれるハイネックカットソー♪

黒のパンツにボトムスインして、太めのベルトでスッキリまとめています。

ハイネックデザインで首が隠れるので、七分丈のパンツで足首を出して、スタイルアップ効果を出しましょう!

出典:zozo.jp

ネイビーベースのボートネックニットに、赤のラインを入れたトップスです。

ネイビーのテーパードパンツを合わせて、統一感あるキレイめな着こなしに仕上げていますね。

相性抜群のホワイトカラーを足元に取り入れて、大人女子のクールコーデが完成♪

出典:zozo.jp

ラウンドシルエットの裾が印象的なボーダートップスは、ベージュをベースにしたカラーリング。

あえて裾をボトムスインしないのも、今季らしいスタイリングですね。

白のタイトスカートと茶色のブーツを合わせて、色味にまとまりのあるコーディネートにするのがおすすめです。

出典:zozo.jp

ダークトーンのニットに、パープルやブラウンのラインを入れたマルチボーダーのトップス。

タイトでレディライクな印象のアイテムは、シンプルなデニムパンツにボトムスイン♪

黒のチェーンバッグとパンプスで、さりげなく女性らしさを強調していますね。

おわりに☆

いかがでしたか?

定番アイテムとしても人気のボーダートップスですが、カラーボーダーを選べばトレンド感がグッとアップします。

白黒のシンプルボーダーが好きという皆さんも、ちょっぴり勇気を出して、カラーボーダーアイテムに挑戦してみてください♪

元記事で読む