1. トップ
  2. 恋愛
  3. これが原因!?彼氏との関係を「おかしくする行動」

これが原因!?彼氏との関係を「おかしくする行動」

  • 2018.9.20
  • 39976 views

なぜかいつも長続きする恋愛ができないという女性は、彼氏との関係をこじらせるような行動を取っているのかも。

そのことに気づかないままでいると、いつまでたっても状況が変わることはないでしょう。

そこで今回は、彼氏との関係を「おかしくする行動」を紹介します。

彼との関係

たくさん「ルール」を作る

彼氏ができたら「ふたりだけのルール」のようなものを作りたくなったりもするでしょう。ルールを持つことによって、信頼関係が築けたり、ふたりの絆がより深まったりする効果もあるかもしれません。

とはいえ、あまりにもルールを作りすぎると、結局はそのルールに縛られることになり、次第に窮屈さを感じるようにもなるはず。

「LINENの返信は一時間以内にする」「週末は必ず一緒に過ごす」「異性のいる飲み会には行かない」などとがんじがらめにしたら、彼氏の中に「逃げ出したい」という気持ちだって芽生えてしまいますよ。

「駆け引き」をしすぎる

駆け引きをすることで、ふたりの間に刺激を与えたり、マンネリを防いだりはできるかもしれません。

でも、あまりにも駆け引きに頼りすぎると、彼氏との関係をこじらせる原因になる危険性もあります。

特に、あえて嫉妬をさせようとしたり、わざとLINEの返信を遅らせるような行為は、誤解やイラ立ちを生むだけ。

駆け引きをしているということがバレたときには、一気に彼氏の気持ちが冷めたりもしかねないので、いつまでも一緒にいるためにはやはり素直な気持ちで接することが一番大事ですよ。

徹底的に「叩きのめす」

付き合っていれば、ケンカになってしまうときもあるのは仕方がないこと。ただ、ケンカの際に、彼女に徹底的に叩きのめされるようなことが多いと、さすがに彼氏は一緒にいるのが嫌になるはず。

ケンカの目的は勝ち負けを決めることではなく、ふたりの関係をより良くするためにあるものです。

彼氏の人間性を否定したり、一方的に責め立ててねじ伏せるようなことはせず、お互いの不満を少しでも解消するための話し合いにするように心がけると、いい関係も築いていけるでしょう。

何でも「やってあげてしまう」

大好きな彼氏のためには、ついつい何でもやってあげたくなるもの。その気持ちはわからなくもないですが、身の回りの世話など何から何までやってあげてしまうと、ふたりの関係性はおかしくなっていきやすいです。

恋人というよりも母親のような存在になってしまったり、何でも自分の思い通りにできる相手だと思われたりもするかも。

いつまでも長続きするふたりでいるためには、常に平等な関係でいることが何よりも大事なので、一方的に尽くしすぎたりはせずに、ここぞというときにフォローし合えるようになれるとベストでしょう。

おわりに

今回挙げたような行動を取ったりしている女性は、注意が必要かもしれません。

ついやりがちなことでもありますが、限度を超えるとそのまま別れにつながる危険性だって出てきてしまいますからね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む