1. トップ
  2. ファッション
  3. 揺れる裾で季節を感じて♡秋は大人可愛い「プリーツスカート」がハズせない!

揺れる裾で季節を感じて♡秋は大人可愛い「プリーツスカート」がハズせない!

  • 2018.9.10
  • 19418 views

プリーツスカートは今秋のトレンドアイテム。取り入れるだけでフェミニンムード満載の秋コーデが完成します。

そこで今回は、おすすめのプリーツスカートコーデをご紹介します。是非チェックしてみてくださいね♪

最旬プリーツスカートコーデ集♪

メタリックカラー

出典:zozo.jp

イエローに近いゴールドのスカートは、光沢感のあるメタリックカラーが新鮮さをプラスしてくれます。

トップスはスウェットを合わせてラフに着こなすのがポイント♪

ブラウンのワンカラーコーデ

出典:zozo.jp

ブラウンのプリーツスカートはブラウンのトップスを合わせることで、秋らしいワントーンコーデの完成!

シンプルなスタイリングにイレギュラーヘムが良く映えます♪

ベーシックなブラックスカート

出典:zozo.jp

着回し力抜群のブラックスカートは一枚あると便利。

きれいめ秋カラーのトップスを合わせれば、シーズンライクに着こなせます。

大人のピンクスカートコーデ

出典:zozo.jp

贅沢にあしらわれたプリーツが、歩くたびに揺れて女性らしい雰囲気を演出してくれます。

甘くなりがちなピンクはカーキのアウターを羽織ることで、甘辛ミックスするのがおすすめ。

トレンドのチェック柄

出典:zozo.jp

チェック柄のプリーツスカートは、秋に向けてチェックしておきたいアイテム。

ビッグシルエットの黒スキッパーシャツを襟抜きして、こなれ感を演出しましょう。

ドットチュールとのレイヤード

出典:http://zozo.jp/

ボルドーのプリーツスカートにドットチュールを重ねたスカートは、レディライクな雰囲気が楽しめます。

カジュアルなスウェットを合わせればデイリーコーデにもぴったり。

メタリックなアイボリースカート

出典:zozo.jp

メタリックカラーのスカートは、光の当たる向きが変化するたびにキラキラ輝きます。

ベージュシャツをインせずゆるっと着るのが可愛いですよね。

白スニーカーを合わせてワントーンでまとめるのがポイント。

グレーのタータンチェック

出典:zozo.jp

ハリ感のあるチェック柄プリーツスカートは、クラシカルムードたっぷり。

ウエストがゴムなので、ストレスフリーで履けるのが嬉しいですね。

ダークカラーコーデには、カラーアイテムを一点投入して差し色にしましょう。

透け感のあるパープルスカート

出典:zozo.jp

透け感のあるオーガンジー素材のプリーツスカートは、こなれ感たっぷり。

程良い光沢感のあるパープルは、甘くなりすぎないので大人女性にも安心ですよね♪

スエードライクなパターン切り替えスカート

出典:zozo.jp

スエードライクなプリーツスカートは、一点投入するだけでぐっと秋ムードに。

パターン切り替えのカーキ、ベージュ、ネイビーのカラー配色がシックな大人の着こなしを叶えてくれますよ。

サイドプリーツ

出典:zozo.jp

サイドにプリーツがあしらわれたスカートは、他の人と差が付くデザイン。

落ち感のある素材が上品な印象を演出してくれます。

シンプルなトップスをインしてレディライクに着こなしましょう。

パーカー×プリーツスカート

出典:zozo.jp

こちらはメタリックなプリーツスカートとチュールがセットになっているので、色々な着こなしが楽しめます。

チュールを下に重ねればふんわりシルエットの完成。

パーカーを合わせてカジュアルダウンするのがおすすめです。

プリーツをチラ見せ

出典:zozo.jp

ハリのあるベージュのスカートに、黒のチュールプリーツをドッキングしたデザイン性のあるスカートは人目を引くこと間違いなし。

シンプルなトップスを合わせて、スカートが主役になるようにスタイリングしましょう。

ナチュラルテイストのベージュチェック

出典:zozo.jp

エアリーなベージュチェックのロングスカートは、ナチュラルな雰囲気が楽しめるアイテム。

ビッグシルエットのデニムシャツを襟抜きして、ラフなこなれ感を演出しましょう。

ワッシャープリーツ

出典:zozo.jp

ワッシャープリーツスカートは軽やかな雰囲気が魅力的。

無地のトップスにチェック柄ストールを合わせて、シーズンムードを盛り上げましょう。

足元はメンズライクなローファーを合わせればトレンド感アップ。

新作のプリーツスカートをチェック♪

今季も続々新作のプリーツスカートが登場しています。

既に持っている、という人も是非ほかのカラーに挑戦してみてはいかがでしょうか?

元記事で読む