1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「俺もう帰りたくない…」おうちデートで彼からの“好感度が上がるモノ”3つ

「俺もう帰りたくない…」おうちデートで彼からの“好感度が上がるモノ”3つ

  • 2018.9.10
  • 32211 views

一人暮らしの女のコが初めて彼を呼ぶとき、もうそれだけでドキドキですよね♡ 誰の目を気にする必要もなく、ふたりっきりで過ごす特別な時間は彼との距離を縮める絶好のチャンス!

そんなせっかくのチャンス、彼に部屋を見せて幻滅されたくないもの……。

そこで今回は、一人暮らしの女のコの家にあったら“好感度が上がるアイテム”を3つご紹介します。

 

(1)いい匂いのするルームフレグランス

“いい匂いがする”というのは一人暮らしの女のコならではの演出アイテム! お気に入りのルームフレグランスがあれば、来客時だけではなく、普段の生活もリラックスして過ごせる“居心地のよい”お部屋になりますよ。

消臭剤や芳香剤で代用する場合は、少しでも見た目の可愛いものを購入したり、パッケージを剥がして生活感を隠すのがポイント!

また、意外にも“化粧品の匂い”も女のコの部屋っぽくてドキッとするそうなので、ルームフレグランスが用意できない場合は、香水を置いてみてもいいかも♡

(2)スリッパなど来客用アイテム

意外と盲点なのがスリッパやティーセットなどの来客用のアイテム。

たしかに実家にはあったけれど、購入すらしていない人がほとんどなのでは?

遊びに行ったときにサッとスリッパが用意されると「このコ、気が利くな」と好感度アップすること間違いなし。

その際、スリッパがホコリを被っていると台無しです。いつ来客が来てもよいようにお手入れはお忘れなく!

(3)料理本などで家庭的アピール

普段から料理をしている人ならいざ知らず、一人暮らしだと徐々に自炊から遠ざかってしまうもの。

でも大丈夫! 料理の本や調味料をキッチンに並べておくだけでも「このコ料理が好きなんだな」と思わせることができます。

もちろん、普段から料理をしている、あるいは料理のスキルがある人はそのままでもOK。

あと重要なのは清潔感! モノが溢れている部屋は、たとえ自分が過ごしやすくてもお客さんはそうは思わないはず。できるだけお部屋は片付けてゴミ箱のゴミは来客時には空にしておきましょう。

 

家に人を招き入れるということは、自分のパーソナルな部分を見せるということ。

好感度を気にするあまり、自分の普段のキャラと異なるものを置いても、居心地が悪くなってしまいます。

せっかくのおうちデートですから、自分も相手もリラックスして楽しめる空間が作れるといいですね♡

 

文/めろん 画像/PIXTA(ピクスタ)(xiangtao、rachel、Graphs、karandaev)

元記事で読む