1. トップ
  2. ダイエット
  3. これで今秋も“お腹ぽっこり”を回避可能。ベラ・ハディッドら海外人気モデル実践の簡単ルール2つ

これで今秋も“お腹ぽっこり”を回避可能。ベラ・ハディッドら海外人気モデル実践の簡単ルール2つ

  • 2018.9.9
  • 12860 views

秋になって肌の露出が徐々に減ってくると、つい気が緩んでしまって「ついつい食べ過ぎて、お腹ぽっこり!」なんてことにはなりたくないもの。“お腹ぽっこり”を回避するためにも試したいのが、海外人気モデルも実践する簡単ルールです。

▶︎お腹のサイズダウンに◎ “腹筋ラインが見える”ほっそりウエストの作り方

それではベラ・ハディッドやアドリアナ・リマが頼りにするトレーナー、チャールズ・パスラー氏が明かした2つの簡単ルールを早速チェックしてみましょう。

普段摂取するドリンクを“よりヘルシー”なものに移行する

パスラー氏がまずオススメするのが「タンポポ茶」を飲むこと。タンポポ茶には利尿作用があり、余分な水分を輩出してくれる効果があるので、特にむくみがちな人にピッタリと言えます。

これで今秋も“お腹ぽっこり”を回避可能。ベラ・ハディッドら海外人気モデル実践の簡単ルール2つ

人気モデルのケンダル・ジェンナーも「ランウェイ前の時期はタンポポ茶をガブ飲むする」と公言しているほどモデルには定番のお茶でもあります。その他にもバスラー氏は、便秘気味の方には「ブラックコーヒー」に「500mgのマグネシウム」を合わせて飲むことを、より手軽さを求める方なには胃液を補充し消化を促進する効果を得られる「レモンジュース(レモン1/4個程度)」を毎日飲むことをオススメしています。

また、アルコールOKの方にパスラー氏がオススメするのが、薬草や香辛料(数種類)をお酒に漬け込んで作る「ハーブルビターズ」。

これで今秋も“お腹ぽっこり”を回避可能。ベラ・ハディッドら海外人気モデル実践の簡単ルール2つ

苦味の強い味ですが、パスラー氏によれば「消化を助け、腸の炎症も抑えてくれる」そうです。

お腹周りに効くヨガの実践&乳酸菌サプリメントの摂取

運動でお腹ぽっこりを予防したい方にパスラー氏がオススメするのがヨガ。その理由はお腹の筋肉を伸ばすと同時に腸の動きも活発にしてくれるから。

_MG_1064
_MG_1064

「コブラのポーズ」(上写真)の他、「ジャーヌシールシャアーサナ」、「ヴァーターヤねじり」など、自宅でもできる簡単なポーズをぜひ習慣にしてみましょう。また、内臓を整えるだけでなく消化を促す環境するためには善玉菌を増やすことも大切。そのため、毎日のヨガとともに乳酸菌のサプリメントを日々摂取することも効果を高める上で大切と語っています。

このように毎日のドリンクを変えたり、サプリメントを摂ったり、自宅でもできるヨガだったりとぽっこりお腹の予防に必要なのはいずれも簡単なことばかり。ぜひ自分のライフスタイルに合いそうなものをチョイスして習慣にしてみてくださいね。<text:ピーリング麻里子>

元記事で読む