1. トップ
  2. ヘア
  3. 抜け感が今のトレンド!レングス別大人のウェットヘアスタイル特集

抜け感が今のトレンド!レングス別大人のウェットヘアスタイル特集

  • 2018.9.5
  • 46035 views

ウェットスタイリングは、髪にツヤ感はもちろんトレンドの抜け感も作れちゃうスタイリングなんです♪

オイルやワックスなどを髪全体に揉み込んでいくだけで簡単にオシャレになるので、スタイリングが苦手な方にもオススメですよ。

今回はそんなウェットスタイリングに、大人っぽさをプラスしたスタイルをレングス別に紹介していきます。

ウェットにまとめて大人のカジュアルスタイルに♪

ショート

外人風のニュアンスをプラスしたショートヘアスタイルです。

トップからパーマ風に全体を柔らかいウェーブでまとめていき、カジュアルな中にも可愛らしさを感じさせるフォルムを作りましょう♪

ウェーブ部分を軽くウェットにまとめれば完成です。

ショートヘアの束感には、ウェットスタイリングは欠かせない方法です。

前髪とトップの部分は流すようにスタイリングして毛束感を作り、立体感を作っていきます。

もみあげ部分のサイドの髪にもウェット感をプラスして、抜け感のあるスタイルに♪

ボブ

片側をタイトにまとめたクールな流しバングボブです。前髪は根元をふんわりと立ち上げるようにスタイリングしてから片側に流します。

流した前髪には軽くニュアンスをプラスし、顔まわりを華やかな雰囲気に。最後に毛先と前髪のウェーブ部分を軽くウェットにまとめて、ツヤ感を持たせましょう!

ゆるいニュアンスが女性らしい、ワンレンボブスタイルです。

顎の高さに合わせてカットしたボブヘアは、トップから毛先にかけてサイドに立体感を作るように柔らかなニュアンスをプラスしていきましょう♪

エアリーにまとめるのではなく、ウェットスタイリングでまとめることでおフェロ感のある雰囲気にまとまりますよ。

ワンレンボブの外ハネスタイルです。顔まわりに束感を持たせるだけで、グッと華やかさや女性らしさが生まれますよ♪

毛先全体は外ハネにしてまとめ、顔まわりの部分だけはふんわりとコテで軽く巻き、動きを持たせましょう。

後は巻いた部分に束感を作るように、ウェットスタイリングで馴染ませるだけです♪

セミロング

YUJIさん(@liichiyuji)がシェアした投稿 -

黒髪ロングにウェットスタイリングを組み合わせた、ナチュラルスタイルです。

ラフに巻いた毛先と、シースルーバング風にカットした前髪部分をウェットに整えます。

前髪は髪の束を細く残すようにすることが、フェミニンになりすぎないポイントです。

毛先に重みのあるロングヘアも、ウェットスタイリングでまとめれば抜け感スタイルに!

ショートバングとレイヤーカットで、ラフな動きを出しやすくしたセミロングヘアです。

軽く全体にレイヤーを入れてカットしてあるので、ラフに巻いた時やウェットスタイリングでまとめる時に、手櫛だけでもオシャレな抜け感を作りやすくなります♪

アッシュブラウンカラーを合わせて、ウェーブに透け感を持たせましょう。

波ウェーブ風にスタイリングしたセミロングヘアです。

細かく巻いていくのではなく、波ウェーブ風の緩やかなウェーブを作っていくことで、綺麗なツヤ感も作りやすくなりますよ。

少し厚めに作った前髪はそのまま下ろし、女性らしくまとめましょう♪

柔らかいウェービーヘアスタイルです。サイドから毛先にかけて波ウェーブ風に緩やかなウェーブを作っていきます。

少し短くなっている顔まわりの部分は、コテで巻き動きをプラス。

前髪はトップから流すようにしてスタイリングし、前髪も軽くカールさせてこなれ感のあるスタイルにしましょう♪

最後に顔まわりの部分とウェーブ部分をウェットスタイリングで整えれば完成です。

まとめ

いかがでしたか?大人っぽくウェットスタイリングでまとめたヘアスタイルを、レングス別に紹介してきました。

どれくらい馴染ませればいいのか難しい、という初心者の方は、ウェットにまとめる部分を毛先だけにするなど少しずつ練習してみてくださいね♪

元記事で読む