1. トップ
  2. ファッション
  3. 【Traditional Weatherwear】で大人カジュアル!ラフだけど品のあるコーデ15選

【Traditional Weatherwear】で大人カジュアル!ラフだけど品のあるコーデ15選

  • 2018.9.3
  • 9147 views

MACKINTOSHプロデュースブランド【Traditional Weatherwear】のアイテムにはカジュアルだけど品のあるアテイムがいっぱい!

ママさんにも嬉しい、動きやすいけど品あるスタイルを15点ご紹介します。

カジュアルウェアブランドを着こなして毎日をもっと"着楽"に♪

定番ボーダーは、秋先取りカラーをチョイス。

出典:zozo.jp

人気のボーダーカットソーは秋を意識してキャメル色をチョイス。

他のアイテムを選ばないシンプルな定番デザインだからこそ、ワードロープにも取り入れやすいです♪

白のシンプルなカットソーは、どんなアイテムとも相性◎

出典:zozo.jp

シンプルながらもデザイン性あるプルオーバー。

着丈が長いので、どんなデザインのボトムスに合わせてもバランスよく着ることができます。

もちろんデニムに合わせても◎

着ぶくれしないボーダーは、Iラインコーデにぴったり!

出典:zozo.jp

ピッチの細いボーダー柄カットソーは、大人でも綺麗に着こなすことができるアイテム。

アンクル丈のスカートは勿論のこと、ロングスカートとも相性良し◎

クロップドパンツは、素材次第で印象が変わる!

出典:zozo.jp

横幅が比較的広めのクロップドパンツは、一見スタイリングが難しそうなアイテム。

しかし、トップスをコンパクトにしてすっきりと見せることでスタイルアップ効果ありです♪

ビックサイズのマフラーは、季節の変わり目マストアイテム。

undefined
出典:zozo.jp

トレンドであるチェックを大胆に、また使いやすくマフラーで取り入れるのもおすすめ!

落ち着いた色味なのでデイリーにもお仕事にもお使いになれます。

何通りもの着方をアレンジできるデザイントップス

出典:zozo.jp

ジャージー素材のチャコールグレー色トップスは袖部分にデザイン性があり、ちょっと周りと差をつけれちゃいます。

その日の気分次第でアレンジできるのが嬉しい。

柄も丈感も絶妙なバランスが美しいチュニックシャツ!

undefined
出典:zozo.jp

着るだけで目を引くような大ぶり柄チェックシャツは、ヒップラインまですっぽり隠してくれる長さがポイント♪

ボトムスをシンプルにしてシャツメインのコーデでまとまりを♪

丈長プリーツスカートは、上品な大人スタイルにぴったり♪

出典:zozo.jp

後ろが長めになっているプリーツスカート。

足元の見え具合が上品な大人のスタイルにぴったりです。

シンプルなトップスとも合わせやすい持っておくと安心な一着。

ボリューム感が印象的なプリーツスカート

出典:zozo.jp

履くと独特なボリュームを演出してくれるプリーツスカート。

しっかりとしたプリーツと綿100%素材だから着心地もよく、揺れるたびに素敵な雰囲気を演出してくれます。

エレガントにもカジュアルにも、どちらとも相性良し!

出典:zozo.jp

裏毛素材のショートスリーブスウェットは、カジュアルな印象の中にも上品さがある一着。

シンプルで着心地も良いアイテムなので一着あると重宝します♪

ボリュームトップスのボトムスは、タイトにして。

出典:zozo.jp

ボーダーのトップスはタイトなスカートで上品に女性らしさを引き立て、なおかつ全体を綺麗にまとめたコーデがおすすめ。

フラットシューズだけでなくヒールでのスタイリングも素敵。

モノトーンの差し色はやっぱり赤!

出典:zozo.jp

ややゆとりあるデザインのボーダーカットソーは、ボトムスをスリムにしてすっきりとスタイリング。

靴や小物でアクセントカラーの赤を入れることで、可愛さがぐっと増します。

着心地らくちんなワイドスリーブトップス

出典:zozo.jp

綿100%で着心地もストレスフリーなワイドスリーブ。

ボトムスをゆるくするも良し、白のプリーツスカートを合わせて、ちょっと女子度アップなコーデもオススメ♪

淡い色味のトップスは、ボトムスで引き締め!

出典:zozo.jp

淡いピンクが印象的なボーダートップス。

パンツや小物を黒で締めることで、子供っぽさもなくなり全体的に大人カジュアルなコーデに仕上がります☆

リブレギンスは、かなり使えるアテイムのひとつ。

出典:zozo.jp

肌触りの良いリブレギンスは年中使えるベストアイテム!

シャツチュニックのボトムスとして、またはワンピースなどにも合わせるなどコーデの幅が広がります。

まとめ

カジュアルの中に着心地やデザイン性を意識して作られたアイテムがたくさんある【Traditional Weatherwear】。

ぜひ、普段のワードロープに一着取り入れてみては?

元記事で読む