1. トップ
  2. ヘア
  3. デカ顔を招く“パサパサの夏髪”を緊急リセット!小顔をとり戻す美髪ケア

デカ顔を招く“パサパサの夏髪”を緊急リセット!小顔をとり戻す美髪ケア

  • 2018.9.2
  • 3907 views
ダメージヘアの女性

ヘアカラーでできる、小顔リセット法

髪色が明るい女性

夏の紫外線で日焼けしてしまった髪は、頭頂部から表面の毛の色だけが明るくなっていることが多いのです。内側の毛と表面の毛の色を見比べると、その差は一目瞭然。

日焼けをして変に明るくなってしまった髪は、明色つまり膨張して見える可能性が高くなってしまいます。

そこで、ヘアカラーをしてまずは見ためから落ち着かせてみるのがおすすめです。日焼けしてしまった部分は、とくにヘアカラーをすることですぐに明るくなりやすいので、理想よりも少し落ち着いた色を入れるようにすると、実際はちょうどよい色合いになります(chihoさん)

表面重視トリートメントでできる、小顔リセット法

表面の髪の手ざわりと中の髪をさわってみてください。
両方比べてみて、表面のほうがパサパサ感やゴワゴワ感、ザラザラしている感じがしたら、先ほどお伝えしたように、夏特有の髪の日焼けをしている証拠。

トリートメントをする女性

そこでおすすめしたいのが、バスタイムにトリートメントをするときにちょっとした工夫をすること。

下を向いてトリートメントをつけると、通常は髪の内側に多くつきますが、まっすぐ前を向いて目の大きいコームで軽く表面をとかして、正面を向いたままの状態でトリートメントをつけることで、傷んでいる髪表面を中心にトリートメントでケアできるのです。

ちなみにトリートメントを洗い流すときは、頭を下にして流してくださいね(chihoさん)

乾かし方でできる、小顔リセット法

洗髪後の乾かし方を見直すだけでも、ダメージの回復度はかなり違ってきます。
しっかりタオルで水気をふき取ったら、前を向いた状態で大きめのコームで髪を軽くとかし、ヘアオイルやヘアミルクをつけてから、ドライヤーで乾かしてみてください。

やはりこの場合でも、ケア用品はダメージの大きい髪の表面につけるようにしてくださいね。

髪の状態がさわって自覚できるほど乾燥して硬くなってしまってる人は、水分を与えてくれるヘアミルクのほうが、髪がやわらかくなりやすいので、ヘアオイルよりもヘアミルクを選択してください。

ドライヤーで髪を乾かす女性

ドライヤーは内側から乾かすように意識して、ダメージの多い表面と毛先は最後に乾かすイメージで、動かしましょう。全体が乾いたら最後に冷風に切り変えて。上から下に髪を落ち着かせるように冷風を当てていくと、髪がまとまりやすくアホ毛も落ち着き、翌朝の仕上がりもかなり変わってきます(chihoさん)

髪のダメージが進行すると、カットすることしか解決策がないと思いがち。でも、今回ご紹介したようにヘアスタイルをそのものを変えなくても改善策はあるのです。夏のダメージ膨張ヘアでのデカ顔見えを避けるために、夏の終わりとともに、ヘアケアを見直してみませんか?
ぜひあきらめないで、夏髪ケアに励んでみてくださいね。

 

 

文/高田空人衣

元記事を読む