1. トップ
  2. インテリア
  3. 仕事も家事もサクサク捗る♪ワークスペースの実例をご紹介します☆

仕事も家事もサクサク捗る♪ワークスペースの実例をご紹介します☆

  • 2018.9.2
  • 20456 views

お家で仕事をする時だけでなく、パソコンをする時や家計簿をつけたり家事をする時にも、ワークスペースがあると便利ですよね。

自分のお部屋を持たない方にとっては、ワークスペースが自分だけのお城に♪

今回は、仕事も家事もサクサク捗る快適なワークスペースをご紹介。事例を見ていきましょう!

家事も仕事も快適に捗るワークスペースを見てみよう

akanemalさん(@akanemall)がシェアした投稿 -

大きな窓からたっぷり日の光が入り、デスクの横にはウンベラータの緑。

観葉植物はインテリアとしてだけでなく、目の疲れをとったり、気持ちをリラックスさせる効果を持っているので、ワークスペースにぜひとも置いておきたいアイテムです。

PCを使って長時間椅子に座る場合には、座り心地重視で革の椅子など、疲れにくい椅子を選んでおきたいもの。

アンティーク雑貨や植物を飾って、黒革のオフィスチェアもおしゃれな印象に変身♪

kecoさん(@keco360)がシェアした投稿 -

日の光がたっぷりと入り込み、外の景色がゆったり見渡せる大きな窓に面して机を配置。

明るく開放感たっぷりのワークスペースです。

Mayuko Natsunoさん(@trim___)がシェアした投稿 -

集中力を上げる方法の一つは、部屋を片付けること。

デスクに向かっている時に、関係のない他のものが目に入らないようにするのがポイントなんです。

こちらのお部屋は部屋を白に統一し、棚にを詰め込みすぎないことで、すっきり片付いた空間を作りあげています。

新しいことにチャレンジする時は、ワークスペースも雑貨や緑でおしゃれにディスプレイ。

ステキなインテリアで頭を刺激し、アイデアを引き出しましょう♪

amiさん(@interior_ami)がシェアした投稿 -

デスク周りは全て白に統一してスッキリ。

正面の壁のガラスブロックとモダンなチェアがアクセントとなり、まるでメイクアップコーナーのようなおしゃれな雰囲気のワークスペースです♪

奥平 眞司さん(@okudaira.m)がシェアした投稿 -

これぞ男の部屋!といった印象のワークスペース。

ラフな印象の机板、鉄の脚、グレーのスツールでハードな印象に仕上げた中、キャビネットの赤がアクセントとなっています。

お部屋のスペースを上手に活用したワークスペース

emiさん(@emiyuto)がシェアした投稿 -

クローゼットの扉を開けると、そこはワークスペースが!

ワークスペースで必要になる物を、クローゼットの中に一緒に収納することで、扉を閉じて仕舞えば、お部屋の中はすっきり物のない状態となります。

@harmaacoがシェアした投稿 -

こちらのお家も、リビングの収納場所をワークスペースとして利用。

ファイルボックスを活用して見せない収納をするとともに、アイテムの色を白に統一することで、扉がない場合でもゴチャゴチャした印象を感じさせません。

えりかさん(@penta_room)がシェアした投稿 -

PCを置いたデスクは、実は折りたたみ式。

使わない時は閉じて壁につけておくことで、お部屋を広く使うことができます。

accoさん(@acco.co_m)がシェアした投稿 -

家事で一日中忙しい主婦にとって、キッチンやダイニングにワークスペースがあるのはとても便利!

家事の合間の隙間時間でPCをしたり手紙を書いたりと、時間を効率よく使うことができます。

斜めに切り取られた壁の中のワークスペースは、まるで秘密基地のよう!

区切られた空間の中にいることで、集中力が高まり、仕事も家事もサクサク進んじゃうかも♪

DIYで使いやすいワークスペースに

maiikkooさん(@maiikkoo2015)がシェアした投稿 -

こちらのお家では、ラブリコを使って仕事部屋をDIY。

仕事部屋なのに、デスクが見当たらないのは何故でしょう?

maiikkooさん(@maiikkoo2015)がシェアした投稿 -

壁に固定している板を、パタンと降ろして脚を広げればテーブルが完成!

あっという間に、ワークスペースへと早変わり。

@k717oがシェアした投稿 -

こちらのお家では、使わなくなった古いミシンの脚に板をのせて、PCデスクとして利用。

鉄製のミシン脚が、アクセントになっています。

まとめ

あなたのお家のワークスペース作りのヒントになる事例はありましたでしょうか?

本格的な仕事場として使う場合や、PCコーナーとして使う場合、家事のスペースとして使う場合など、いずれの用途で使う場合でも、楽しくサクサク捗るような快適なワークスペースを目指したいものですね♪

元記事で読む