1. トップ
  2. 恋愛
  3. 婚活最大の悩みは「自分に合う人に出会えない」 解決法は?

婚活最大の悩みは「自分に合う人に出会えない」 解決法は?

  • 2018.9.1
  • 496 views

“結婚・恋愛どうしよう問題”を考えるべく、全国の25~44歳の未婚女性にアンケート調査を実施。恋愛や婚活にまつわるリアルな声とは…?

【恋愛】
恋愛に関しては、過半数の人が「恋がしたい!」と前向き。

「一人で生きていくのは気楽でいいけど、嬉しいことがあった時に報告できる相手がいないのは、やっぱり寂しいもの。63%の人が求めているのは、そういうことを言いたくなる相手であり、つまりそれが恋人なのでしょう。欲しいと思うのは必然です」(漫画家・山田玲司さん)

とはいえ、「恋人が欲しい人が8割に満たない結果は、とても今どき」と家族社会学者・永田夏来さん。

「恋人がいないと恥ずかしいという意識が昔はありましたが、今はそれがなくなってきているのでしょう。恋愛のプライオリティが下がり、趣味などと並列する選択肢の一つの位置づけに」(永田さん)

63%の人が恋したい!

Q. 恋人が欲しい、恋愛がしたいと思いますか?
A. YES…63.0%、NO…10.2%、どちらともいえない…26.8%
※恋人のいない未婚女性305人に調査

「『YES』と答えている人はこの割合いるものの、興味があるというだけで、実際に恋愛をするか、しないかは別」(永田さん)。「日本人は、男女ともに恋愛が受け身。恋がしたいと思っても、お互いにそうなので、始まりづらい傾向もあります」(少子化ジャーナリスト・白河桃子さん)

Q. 恋人が欲しいと思わない理由は?(複数回答)
A. 付き合いたいと思う人がいないから…49.6%、面倒だから…45.1%、出会いがないから…41.6%、趣味に時間とお金を使いたいから…30.1%、仕事が忙しくて時間がないから…20.4%、恋愛に興味がないから…12.4%
※恋人が欲しくない未婚女性113人に調査

「『出会いがない』は、恐らく出会いたい人と出会っていないということで、『付き合いたいと思う人がいない』と実質同じ。とはいえ理想が高いのではなく、今の女性が重視しているのは、価値観など“自分と合う”こと。よほどピンとくる人でないと、付き合う必要はないのでしょう」(永田さん)

【婚活】
“婚活”という言葉が登場して、10年あまり。

「それ以前は、女性が結婚相手を積極的に探しにいくなんて、あまりしてはいけないような風潮がありましたが、婚活という言葉によって、公に相手を探せる女性が増えました。とはいえ、婚活は就活と同じ類のもの。不安や悩みがあるのは当然でしょう」(白河さん)

一番の悩みが「自分に合う人と出会えない」であることは、

「初対面で『この人ダサいな』とか『カッコ悪い』と思ってしまい、その先を見ることを放棄しているのかも。“ベストな結婚相手を見極めよう”という気負いが、相手の本質を見抜く女性の直観力を鈍らせているのでは」(山田さん)

婚活をするとなると、不安と期待が半々。揺れる気持ちが見え隠れ。

Q. 婚活に対して不安はありますか?
A. YES…51.9%、NO…48.1%
※未婚女性525人に調査

不安に思っている人はいるけど、そこまで多くはない印象。「今の人は、フリーで仕事をしたり、SNSを使うのが当然なので、知らない人と出会ってコミュニケーションをとるのに、さほど抵抗はないのかも。若い人ほど不安は少ないのでは」(永田さん)

Q. 婚活をしていて、どんな悩みがありますか?(複数回答)
A. 自分に合う人に出会えない…78.3%、初対面の人との、会話やメッセージのやりとりに疲れた…66.9%、交際やデートまでなかなか発展しない…33.8%、外見や年齢などで判断されることが多く自信をなくした…25.5%、お金が続かない(登録料、参加費、交際費など)…19.1%、相手との間で、婚活の本気度に差があった…17.2%
※婚活経験のある未婚女性190人に調査

いざ婚活の世界に飛び込むと、悩みはさまざま。「とくに上位は、大いにありがち。たくさんの人に会っているのにピンとこない、するとまた次を探さなければいけない…という繰り返しでは、疲れるだけで自信を失う事態にも。時期や予算を決めて、ダメなら一回休むことも大切です」(永田さん)

山田玲司さん 漫画家。『Bバージン』(小学館)など恋愛漫画とともに、女性向けサイト「AM」での恋愛相談コラムが人気に。『CICADA』(小学館)4巻が発売中。

永田夏来さん 家族社会学者。現代の日本における結婚観や家族観を調査研究している。新しい結婚や家族の形を綴った『生涯未婚時代』(イースト新書)が好評。

白河桃子さん 少子化ジャーナリスト。相模女子大学客員教授。近著は共著『「逃げ恥」にみる結婚の経済学』(毎日新聞出版)。「婚活」ブームの火付け役としても知られる。

今回一緒に調査を行ったのは…LINEリサーチ コミュニケーションアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社が展開する、スマートフォンリサーチサービス。リアルな声の収集に定評あり。※全国の25歳~44歳の未婚女性、既婚女性、未婚男性 各525人に、2018年7月14日~16日に調査。

※『anan』2018年9月5日号より。イラスト・深川 優 取材、文・保手濱奈美

(by anan編集部)

元記事で読む