1. トップ
  2. インテリア
  3. 秋の訪れを感じたら!温もり溢れる秋色インテリアの作り方をご紹介

秋の訪れを感じたら!温もり溢れる秋色インテリアの作り方をご紹介

  • 2018.8.31
  • 11935 views

暑かった夏も終わりが近づいて、だんだん街中の様子も秋の雰囲気になってきましたね。

本格的に秋になる前に、お部屋の模様替えから季節を先取りしてみませんか?

今回は、秋にぴったりなインテリアの作り方を、二つのポイントとともにご紹介します♪

ポイント1、色&柄使い

ブルーグレー

鮮やかな色が主流の夏に変わって、秋冬はダークトーンやグレーがかった色を取り入れていきたいですよね。

ブルーグレーは落ち着いた色味で取り入れやすい色。厚手のクッションカバーやブランケットにもしっくり馴染みます。

イエロー

usagi worksさん(@usagi.works)がシェアした投稿 -

ポイント使いとして、暖色系のファブリックアイテムを取り入れると秋のインテリアに。

その中でも特におすすめなのがイエローです。

人気のあるグレー系のインテリアとの相性が良く、オレンジや赤ほど冬っぽくならないので、秋に取り入れるのにはぴったりなんですよ。

グレージュ

@seimi_07がシェアした投稿 -

グレーにベージュを混ぜたような、くすんだカラーのグレージュ。

春夏は明度の高いホワイトやオフホワイトをインテリアに取り入れたいですが、秋冬は落ち着いたくすみカラーが気分です。

グレージュは他のインテリアの色とも合わせやすいのでおすすめ。

モスグリーン

暗みがかったグリーンは、こっくりとした色合いで秋冬によく合います。

人気色なので、インテリアショップではモスグリーンの小物やファブリックアイテムが比較的多く取り扱われていて、手に入れやすいのも嬉しいですね。

チェック柄

FLYMEeさん(@flymee_official)がシェアした投稿 -

チェック柄は秋冬に大活躍!

こちらのソファのように、落ち着いた色合いのチェック柄はナチュラルテイストのお部屋にも馴染みやすいですね。

大人っぽい雰囲気が漂っています。

ポイント2、小物

ドライフラワー

瀧本真奈美さん(@takimoto_manami)がシェアした投稿 -

秋のノスタルジックな雰囲気によく合うドライフラワー。

秋の花では、フワフワした丸いシルエットの「センニチコウ」や、鶏のトサカに似た形の「ケイトウ」がドライフラワーに向いていますよ♪

ボシャルウィットラグ

カラフルな布が賑やかなボシャルウィット。モロッコ発祥の、使えなくなった古布を裂いて作るラグです。

温かみのあるデザインで、秋にもぴったりですね。

ススキでふんわり

KAORI【diy_interior】さん(@r_jem_k)がシェアした投稿 -

秋を感じる植物、ススキ。穂がふんわりと白く揺れる様子は温かみが感じられますよね。ドライフラワーなどと一緒に飾っても相性抜群です。

ニットアイテム

kana◡̈さん(@yuukn14)がシェアした投稿 -

秋冬しか使えないシーズンアイテムといえば、ニット。白色なら、初秋から出していても暑苦しくならないですよ。

網目のざっくり感がお部屋に優しさを生み出します。

minaさん(@m____mina.room)がシェアした投稿 -

ニットはまだ早いかな?という方には、小物から取り入れるのがおすすめ。このくらいのサイズ感の小さなニット小物なら、並べてもちょうどいいですね!

ハロウィンイメージの小物

@takako0505がシェアした投稿 -

日本でもすっかり定着した10月のイベント、ハロウィン。小さなかぼちゃや、オレンジ×黒のアイテムを並べるだけで秋の雰囲気が出ます。

ブランケットを出してみる

eriᵕ̈*さん(@eri_____i.m)がシェアした投稿 -

温かい質感のブランケットは季節感が出ます。まだ重いかも‥という時は、こういった白ベースの軽いブランケットを出してみてはいかがでしょうか。

重くなりすぎず、温かみを出すことができますよ。

usagi worksさん(@usagi.works)がシェアした投稿 -

秋は天候が変わりやすいので、急に寒くなってしまったときにもブランケットは重宝しますよ。

インテリアアイテムとして、一枚はお気に入りのものを持っていると便利!

キャンドル・電球色のライト

arisaさん(@alinu.h.h.k)がシェアした投稿 -

秋以降だからこそ使えるキャンドルアイテム。すっかり涼しくなった夜には、アロマキャンドルを灯してゆったりと読書をするのもいいですね。

mu-さん(@mkyk_w_)がシェアした投稿 -

電球色の照明も、一つ点けるだけで暖かい雰囲気が出てお部屋の印象が変わり、グッと落ち着きが生まれます。

秋冬はオーナメント型のLEDライトなどの照明を出してみるのもいいですね。

まとめ

夏が終わると、洋服の模様替えと一緒にお部屋のインテリアの模様替えもぜひやってみてください。秋に雰囲気を変えておくと、そのまま冬になってもしっくり馴染みますよ。今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてくださいね!

元記事で読む